2020年08月11日

ソロ・ウェディング

お盆期間中は出版社のサイト更新がないので投稿と無関係な話をしますが、割と普段からそうだよなというツッコミが聞こえてきそうな気がします。

先週ヤフーニュースでこういう記事を読みました。
名探偵コナンの安室さんと結婚したという女性の話です。

【「降谷零さんと出会って生活が一変した」二次元のキャラに恋をする“フィクトセクシュアル”の結婚・恋愛像】

私自身も二次コンなので、この記事に対してはもちろん肯定派ですが、最近はソロ・ウェディングのプランも普通にあるという事実を知って驚きました。

写真ちょっと載ってるけど凄いですよね。
ドレスとか本格的だしアルバムまで作ってもらえるようですし。

何より衝撃だったのは「夫のことはちゃんと伝えたんですが、意外とこういうことをする人も多いようで、変な反応とかはありませんでしたね」というコメントの部分。

もちろんスタジオ側としては、お客様の人格を否定するわけにはいかないでしょうが、オタク蔑視の感情って隠していても絶対に漏れ出るものなので、変な反応がなかったということは本当にスタッフに差別意識はないんだろうと思います。

いやはや、すごい時代になったもんだ……(驚)

なお私は結婚という概念に絶望感しかないので、推しと挙式したいとは思いませんが、こういう話自体はめっちゃ応援したいです。

この手の話題が出ると、リアルで結婚しないと出生率がーと言い出す人がいますが、結婚しても子供を持たない選択をする夫婦だって増えてますし、結婚して出産してもその後すべてを失う私のような人間だっていますし、多様な生き方を認め合える社会を築きたいものですね。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(2) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この人は自分の幸せを見つけたってことだな。
人は自分の人生を幸せにするために生きてるんだから、こういうのももちろんアリだろ。


ただ、ひとつ疑問なんだが、今後、作品の中でこの降谷零というキャラクターが女性キャラとのロマンスに発展した場合ってどうなるんだろうか。
この人はそれも認められるということなのかな。

まあ「私の夫を勝手に他の女と結婚させようだなんて、作者に抗議してやる!」とか「私の夫に近づくなんて……この泥棒猫!」とかいってその女性キャラを憎んだりされても、作者側は困るわけだが。

ま、邪推だな。
でも興味深い話題だった。
Posted by Mr.Pillow at 2020年08月12日 22:58
なるほど……そういう問題もあるね。

自分は二次コン肯定派だけど作者に抗議するのは絶対にNGだと思う。
こういうのは他人に迷惑かけないってことが活動の大前提だからね。

ただまあ、この人の場合は連載終了も覚悟してるって話だし、
こういうインタビューにも堂々と答えられるくらいだから、
そうなってもメンタルは大丈夫なんじゃないかな。想像だけど。

とにかく、破局で苦しむのは現実だけで充分だし、この方には幸せになって欲しいなと思います。
Posted by 常木らくだ at 2020年08月13日 10:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: