2020年09月06日

三浦しをん先生の退任

こんにちは、らくだです。

長い間コバルト短編小説新人賞の選考をされていた三浦しをん先生の退任が発表されました。

第207回の選考が最後だそうです。
後任が誰なのかは今のところ発表されていません。

【告知ページ】
http://cobalt.shueisha.co.jp/contents/miurasion_tankoubon/

私自身には入選経験はありませんが、長らくコバ短の選評を読み続けてきたせいか、退任の理由を読んで思わず胸が熱くなってしまいました。

時に厳しい意見もあったものの、それもこれも書き手の成長を願ってのことだと伝わってきましたし、そんな三浦先生が退任してしまうのはずっと追ってきた投稿者として少し寂しい気分ですね。

ですがそこは歴史あるコバルト文庫。
後任の作家さんも三浦先生に負けない個性を発揮してくれるに違いありません。

それから同時に朗報ですが、以前ウェブ連載されていた「小説を書くためのプチアドバイス」の書籍化が決まったそうです。

タイトルは『マナーはいらない 小説の書きかた講座』で、詳しい情報は9月11日に公式ページで発表されるとか。

ウェブ連載はすべてチェック済みですが、書き下ろしもあるそうなので、発売されたら是非購入しようと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: