2020年09月26日

読書感想文に関して

こんにちは、らくだです。
公募ガイドの連載「気ままに公募ママ」が更新されました。

なんだか私、この連載が更新されるたびに紹介していて、まるで塩田さんのストーカーのようですが、公募のエッセイは楽しいから紹介したいんです!

ちなみに今回は、読書感想文に関する内容で、筆者の娘さんが初めて読書感想文に挑戦したという話です。

一週間後に自分から書き始めたという点が応援したい気分になりますね。

【噛んで飲み込む時間】
https://www.koubo.co.jp/reading/rensai/article/koubomama/200925_01.html

なお個人的な話をすると私は読書感想文は嫌いでした。
読書は好きだし感想を書くのも楽しいけど採点されるのがすごい苦痛で。

なんかこう「感想って人それぞれだよね? どう感じるかに正解なんてないよね? それを点数つけて評価するのおかしくない?」みたいな。

採点を気にしながら文章を書くのって窮屈ですもんね。
逆に日記は自由に書けるから日記を書くのは昔から大好きでした。

そういう気持ちが今もあるから、自由に書けるブログは更新が楽しいけど、評価ありきの小説投稿は筆が進まないという……。
(もちろん商業を目指すなら評価されるのは当然ですが)

まあそんな私の愚痴はさておき、上のエッセイは純粋にいい話なので、皆様ぜひチェックしてみてください。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: