2020年09月28日

胃カメラを受けました

今日は会社の健康診断で、胃カメラを受けるのが憂鬱だったんですが、鎮静剤を打ってもらったら意識ないうちに終わって楽勝でした。

ちょっと待って!?
胃カメラってこんなにラクなものだったの!?

というわけで衝撃を受けています。
これならバリウム飲むより遥かにいいです。

それはそうと、胃カメラの方針って病院によってかなり違うみたいですね。

初めて受けた病院は、喉(というか肩)に麻酔の注射を打たれて、でもその麻酔まったく効かなくてジタバタするのを看護師さん2名に取り押さえられました。

そして2回目、あれは忘れもしない2年前の冬。

その病院は鼻から胃カメラの方針でしたが、自分は鼻が細いらしく途中でチューブがつっかえてしまい、散々苦しんだ末に結局は喉にぶち込まれたという。

で、今回、鎮静剤を使うかどうか聞かれたので迷わず使うと答えました。

でもまあ、どうせ効かないんだろうな〜なんて思っていたら、注射された途端に意識が薄れて気が付いたら検査が終わっているじゃないですか!

あまりにもラクだったので、本当に検査したのか疑いましたが、写真を見せてもらったら胃の奥まですごく綺麗に映ってました。

医療事故の可能性もなくはないので、鎮静剤の使用に対して用心は必要だと思いますが、同じ胃カメラでも病院によってこんなに違うものなんですね……。

検査が終わった後は無料の病院食を食べました。

200928-01.jpg

というわけで。
これからは臆することなく積極的に胃カメラを選択しようと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: