2014年05月11日

昔の評価シート

こんばんは、らくだです。
今夜は選評の思い出を語ってみます。

投稿を始めてまだ間もない頃、某賞の評価シートのコメントに、「作品に閉塞感がある」と書かれたことがあるんですよね。

閉塞感?
何のこっちゃ?

別に閉鎖空間モノでもないし、その当時は、「意味わかんね」と思っていました。

でも、ですね。
今になって読み返したら、相手が何を言いたかったのか、ストンと理解できました。

ここで具体的に説明できないのが、もう非常にもどかしいんですが、「ああ、閉塞感ってそういう意味ね」と。

これはたぶん、昔の自分は理解不能だった指摘が、今の自分は4年たって成長したので、理解できるようになったということでしょう。

もちろん、何年過ぎても「これは違う」って思うコメントもあるんですけどね。
頑固者だと嫌われそうですが、誰がどう言おうと、曲げたくない信念もありますし。

ただ、受け取った瞬間にはカチンときても、時間がたって理解できたケースは現実的に多数あります。

というわけで。
以前は首を傾げたコメントも、改めて読み返してみると、理解できる点があるかも?

執筆が行き詰まった瞬間などに、試してみてはいかがでしょうか。
posted by 常木らくだ at 23:00| 評価シート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

顔の見える選考

皆様、こんばんは。
あなたの友達、常木らくだです。

突然ですが、手持ちの選評を数えたら、現段階で41枚ありました。

すでに41枚あるってことは……。
選評のない賞も含めたら、自分が落選した回数は……。

怖くて正確に数えられませんが、3ケタは間違いなく余裕ですね。
4ケタにはまだ届いていないと思います。

それはさておき、41枚目のゲッチューで、初めてコメント者の名前が書いてある選評に出会いました。

これ、嬉しくないですか?
なんかこう、顔の見える選考、って言うんでしょうか。

実際は選評に関する問い合わせはできませんが、それでも名前が書いてあると、「ああ、この方が読んでくれたんだ」と思えます。

なんか、安心できますよね。

スーパーの野菜だって、生産者の名前が書いてあると、何も書いてないよりも安心できるじゃないですか。

もちろん、コメント者の名前がなくっても、選評を貰えるだけで嬉しいんですが、やっぱりあるに越したことはないというか……ねぇ?

とにかく、名前の件には感動したので、また投稿しようと思います!
posted by 常木らくだ at 23:00| 評価シート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月08日

イイ評価

ヘイヘーイ!
HJの評価シートをゲッチュー!

というわけで、HJ文庫大賞の選評が届きました。
ドキドキしながら開けたら、こう書いてありました。

『作品評価 【E】』

ちなみに。
A〜Eまでの5段階評価で、Aで通過と書いてあります。

えっと?
これはつまり、最低という意味ですか?

選評を書いた編集者さんが、「おっ、この作品イイね!」と思って、思わず「E」と打ち込んだとか、そういう背景を勝手に想像してはいけませんか?

いや、まあ、Eでもいいですけどー。(シャレではない)

ちなみに2次のコメントには、選評を書いてくださった方の名前が、フルネームで記載されていてビックリしました。

これは、嬉しいですよね!

すれっからしワナビの自分は、大量に評価シートを持っていますが、名前が書いてあるケースは初めて見ました。

というわけで、評価そのものは「E」でしたが、コメントはありがたい内容だったので、次回もまたチャレンジしようと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| 評価シート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月12日

激しい誤解

こんばんは、らくだです。
昨日の記事に対して、「投稿は家族に秘密なの?」というご質問をいただきました。

いいえ。
とっくにバレています。

バレてるけれど隠したい、そんな繊細なワナビ心。

というのも、前に出版社から封筒が来た時に、「印税の明細書?」と聞かれたことがあるんですよ。

あまりにも頻繁に届くもんだから、デビュー済みだと誤解されたらしく、真面目に質問されてしまって。

いや、あの……。
すべて1次落ちの評価シートです……。

もうね。
ピュアなハートにグサリ、ですよ。

故意の質問だったら腹立たしいし、本気の質問だったらそれはそれで悲しいし、どっちに転んでもショボーンみたいな。

そういう意味で、評価シートがメール(ウェブ閲覧)というのは、ありがたいシステムかもしれませんね。

郵送と違って、即座に確認できる点も魅力です。

ウェブ投稿の賞には、まだ一度も参加したことがないので、機会があれば挑戦してみたいなと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| 評価シート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

記録更新

昨日の評価シートの記事に対して、「5本1次落ちは冗談だろ」と言われましたが、本当の話ですよ!(ニコッ)

しかも、ですねぇ。
スーパーダッシュの5枚と同時に、ヒーロー文庫の4枚も届いたんですよ。

何気なく郵便受けを開けたら、自分宛の封筒が9通もあって。
おまけに、どちらの賞も要封筒だから、全部が自分の筆跡ーっていう。

バカな!
あまりの評価シート欲しさに、幻覚を見ているというのか!?

まあ実際は、幻覚でも何でもなく、それだけ本当に落ちたんですが(ショボーン)

しかし、真面目な話、これってスゴイ確率ですよね。

普通は同じ賞でも到着がバラけるのに、1度に9通の評価シートを受け取ったなんて、ギネスブックに登録されていいんじゃないでしょうか。

よーし!
次回は記録更新の10通を目指すんだ!(違)

まあ一つ言えるのは、郵便受けを見たのが自分で、心底よかったということです。

本人筆跡の封筒が1日に9通も届いて、それを家族に見られでもしたら、怪しい活動をしていると思われちゃいますもんね。

とにかく、評価シート9通という奇跡を起こしたことで、無駄に投稿運を消費したような気がしますが、次回は本当にいい意味での奇跡を起こしたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| 評価シート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする