2019年07月15日

ネパール料理「モモ」

今日はアルプラザ茨木のインド料理店『タージマハル・エベレスト』でインドカレーを食べてきました。

注文したのはチーズナンランチ。
チキンカレーと本日のスープ、サラダ、チャイがセットでついてきます。

190715-01.jpg

オススメは何といっても主役のチーズナン。
さすがお店の看板メニューだけあって絶品です。

味の雰囲気はピザにもちょっと似てますが、ピザと違ってほんのり甘く、また口当たりは柔らかく、主食はもちろんオヤツにも良さそうでした。

さらに今回は一品メニューにも挑戦。
毎回カレーを紹介するだけでは芸がないですからね。

190715-02.jpg

こちらは「モモ」。
チベット発祥のネパール料理の1つです。

この「モモ」見た目は完全に小籠包そのものですが、ネパール料理なので、豚肉ではなく羊肉が使われているのが大きな特徴。

この羊肉に甘辛いタレがマッチして、白ご飯がどんどん進む美味しさでした。

インド・ネパール料理の主役はカレーですが、一品料理にも隠れた名品がたくさんあるので、これからも色々チャレンジしていきたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

父の日

こんにちは、らくだです。
今日は父の日ということで家族で寿司を食べに行きました。

回らない寿司っていいね!

190616-01.jpg

ところで何度か書いた通り、自分は去年の12月に離婚して、年明けに実家へ戻りました。

その時まず両親に謝ったんですよね。
こんな結果になってしまって本当に申し訳ないと。

私自身は離婚を前向きに捉えているし、ぶっちゃけ旦那から解放されてハッピーなんですが、それでも両親には心の底から面目ないと感じていました。

だって女の離婚とか世間体めっちゃ悪いじゃないですか。
今は昔よりマシだろうけど昭和人間の両親は気にするだろうなって。

そう思って謝ったらこう言われました。
怒られる前提だった私にとってそれは予想外の答えでした。

「離婚するかどうかよりも、一番大事なのは、お前が幸せであることだ」

こんなん泣くわ。
涙の黒部ダムが大決壊だわ。

それと同時に気付きました。
私は自分で思っている以上に両親に愛されていたのだと。

とまあそういう話ですが、離婚しなければこんな気付きもなかったはずなので、離婚に感謝と言ったら変ですが「失うことで初めて手に入る物もあるのだなぁ」と感じた次第です。

そんなこんなの父の日でした。
家族を失った自分だからこそ家族の大切さを今後も忘れずに過ごしたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(2) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

実写映画アラジン

こんにちは、らくだです。
今日は7日公開の映画「アラジン」を観に行ってきました。

結論から言うぜ。
凄いクオリティだった。
みんなも絶対に観てくれマジで。

いやもう興奮して10年振りに映画パンフ買ったと言えば私の本気が伝わるんじゃないかと。

190609-01.jpg

もともとディズニー映画のアラジンは92年に公開されました。
私も当時から大好きでDVDはセリフを覚えるくらい何度も観ました。

それが27年たった今、近年の実写化ブームに乗って公開されたわけですが、アラジン大好きな私も最初はぶっちゃけ斜に構えてたんですよ。

実写化ってジーニーどうすんの?
あんな漫画チックなキャラ表現できんの?

でも実際に観たらジーニーが本当にジーニーで、アニメそのままのノリと勢いで魔法バンバン使いまくって、でも同時に「こんな人いそうだな〜」っていう謎のリアリティも持ってるという。

本当にすみませんでした。
ディズニーの本気なめてました。

なおアラジンは名作中の名作なので、今さら私が言うまでもないと思いますが、ストーリーが本当に素敵ですよね。

願いを叶えるランプの魔人。
空を飛べる魔法のじゅうたん。
お姫様との身分違いのロマンス。

この3行だけでも胸がときめくじゃないですか!
しかもさり気なく主人公の成り上がり要素もあるし!

というわけで。
普段ディズニー観ない人もこのアラジンだけは観て欲しい。

私も観た後すごく執筆意欲を刺激されたので、なかなか長編を書く余裕はないですが、久し振りに創作の案を練りたいと思いました。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(2) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

久し振りのインドカレー

今週の勉強終わったー!
今日は久し振りに出掛けちゃうぞー!

というわけでインドカレーを食べてきました。

向かった先は地元高槻の「タージマハル エベレスト」。
JR高槻駅西口から北へ10分ほど歩いた場所にあります。

190519-01

今回は11時の開店と同時に飛び込んだので自分が一人目でした。

すっげーやる気ある客に見えたかもしれませんね。
いやまあ実際に食べる気満々で来たわけですけど。

注文したのはBランチ(980円)。
店内のインド音楽を聴きながら待っていると料理が運ばれてきました。

190519-02.jpg

・サラダ
・スープ
・チキンカレー
・日替わりカレー(本日はベジカレー)
・ナン
・ミニライス
・1ドリンク(ホットチャイを注文)

ナンはふっくら厚め系。
カレーはクセがなくマイルドで食べやすい。

全体的にいい意味で王道で、これなら「今日はインドカレー食べるんや」と一大決意しなくても、平日のランチなどに気軽に利用できそうな味&雰囲気でした。

ただ平日はなー。
仕事あるからなー。

と思って検索したら梅田にも系列店がある模様!
やったねこれで毎日インドカレー食べられるよ!

というわけで次は梅田店へランチに行ってレポートしたいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月09日

桜を見て思うこと

こんにちは、らくだです。

週末にお花見へ行ってきました。
気温も暖かくとても気持ちのいい一日でした。

190409-01.jpg

四季のある国の必然かもしれませんが、こうやって桜を見ると、どうしても去年を思い出してしまいます。

去年の4月は最悪でした。
いや去年はずっと最悪でしたが中でも最底辺だったのは4月です。

息子を失ったのは1月なんですが、その直後は自分でも不思議なくらい、悲しいという感情が心に存在しませんでした。

それより怒りの方が遥かに大きかったというか。
こんな現実は認められないという拒絶反応だったのだと思います。

冬の間はそんな感じだったんですが、ようやく3か月たって身辺が落ち着いた頃、かつて経験したことのない悲しみが襲ってきて、それがちょうど桜の時期と重なっていたという。

でも、今年は去年とは違います。

あの悲しみが消えることはないけれど、今年の桜には最底辺から立ち直った記憶も付加されているわけで、それは私の中で大きな自信になっています。

結局それしかないですよね。
何をやってもあの悲しみが消えることはない。
それならそれに匹敵するくらい楽しい記憶を増やしたらいい。

何だかシリアス、そしてポエムチックになりましたが、たまにはこんな日もあるということで、花見で感じたあれこれを心のままに書いてみました。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする