2020年11月27日

2年前の今日

あれはそう、忘れもしない2018年11月27日……。

旦那がレターパックで記入済の離婚届を送り付けてきましたが、肝心の本人が音信不通でまったく話し合いが出来ないため、当時の私は義父と離婚協議を進めなければならない状況でした。

義理の両親って普通の会話でさえ気を遣うじゃないですか?
ましてや離婚の話題なんて繊細すぎる問題じゃないですか?

にも関わらず、週に1回の休日に旦那の実家へ呼び出され、相手の家族が勢揃い(旦那本人のみ不在)というスーパーアウェイな状況の中、負けずに慰謝料の交渉をした私って結構偉いような気がするんですよね。

しかしさすがに心身はズタボロだったので、癒しを求めてその晩FGOのガチャを回したら、最推しだけどずっと入手できなかったアルジュナをあっさり引けてしまったという。

これ、あまり凄さが伝わらないかもしれませんが、ストーリーガチャの星5排出率は約0.03%なので、ワナビ的に言うと電撃大賞の受賞率と同じくらい低いんですよ伝われこの感動!!!

とにかく、普段は神とか運命とか信じない自分ですが、その日ばかりは「きっと現実で苦労したから来てくれたんだ」と思いました……まあ思うのは自由だし。

何はともあれ全部今だから言える話ですね。
と思ったら別にそんなことはなく当時もちゃんとブログに書いていたようです。

【2018年11月27日「離婚協議」】

こんなどうでもいい雑談も、読んでくれる方がいることが自分にとっては救いですし、これからも(たまに日記を織り交ぜつつ)役に立つ投稿情報をお届けしたいと思いました。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月26日

再検査の結果

9月に健康診断を受けた結果、腫瘍マーカーの数値が高く卵巣がんの疑いがあったため、10月に再検査を受けました。

そして今日、帰宅時に郵便受けをチェックしたら、病院から私宛に封筒が届いているじゃないですか!

ど、どうしよう、これ再検査の結果だよね?
ってか封筒やけに大きいし親展だし重大な内容なのでは?

というわけで部屋へ駆け込んで開封しました。
郵便物でこんなに動揺したのは電撃の評価シート以来です。

で、肝心の結果ですが、
「特に異常は見られませんでした」

横に具体的な数値も書いてありましたが、最初の健診でやけに高く正常範囲を超えていた腫瘍マーカーが、今回は下がっていて正常範囲内でした。

最初の結果は何だったんだ……。
いやまあ下がって良かったけれども……。

とにかく今回は異常なしでしたが、今後も気を緩めることなく、定期的な健診を心掛けたいです。

あと乳がんも再検査ですが、こちらは健診を受けた病院に専門医がいないため、来月他の病院へ行く予定です(10月に申し込んだのに人気すぎて12月しか予約が取れなかった)。

これから本格的に寒くなりますし、それでなくとも今年はコロナで大変な状況なので、健康には充分に気を付けて冬本番を乗り切りたいですね。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月23日

シルバー川柳10

こんにちは、らくだです。

公募ガイドの連載「気ままに公募ママ」が更新されました。
今回は筆者の塩田さんの川柳が『シルバー川柳』の句集に掲載されたお話です。

【シルバー川柳10】
https://www.koubo.co.jp/reading/rensai/article/koubomama/201120_01.html

シルバー川柳は賞名の通り、高齢者や高齢社会に関する川柳を募集するコンテストなので、投稿を開始された当初は「30代の自分が送ってもいいのか?」という迷いがあったそうです。

ただ、実際の投稿者の年齢層は想像以上に幅広く、今回はなんと11歳から106歳の方の応募があったとか。

内容についても、老いを前向きに捉えた川柳が多く、句集を読むうちに「シルバー」というテーマを楽観的に考えられるようになったということでした。

これって、なんだか素敵ですよね。

まあぶっちゃけ、後ろ向きな作品はそもそも受賞しないので、句集に載るのはそりゃ前向きな作品だろうという気はしますが、それでも参加者にとっては老いをプラスに考えるキッカケになりますし、それこそがコンテスト開催の意義でもあるんじゃないでしょうか。

親の介護や自分自身の老後など、老いは誰にとっても避けられない問題ですが、避けられないからこそ悲観せず前向きに捉えたいところです。

以上、「気ままに公募ママ」の紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月12日

常連さんについて

こんにちは、らくだです。

公募ガイドのご意見募集企画「これってどうなの?」の新しいお題が発表されました。

【公募ファンクラブ(真ん中あたり)】
https://www.koubo.co.jp/reading/rensai/oubo/fanclub/fanclub.html

<第12回お題>
「同一ジャンルの似たような公募で何度も受賞、または同じ投稿コーナーに何度も採用。これってアリ?」

これはいわゆる常連さんのことでしょうか。
だったら普通にアリじゃないかと思います。

受賞までは行かなくても、色々な賞で名前を見かける方は、通過リストに載っていると何となく心の中で応援しちゃいますよね。

アイツめ、やってくれるぜ……(ニヤリ)みたいな。
ただし相手と面識はなく一方的にそう思ってるだけですが。

もちろん、選ばれる理由がコネだったら話は別ですが、頑張って活動している方はこちらも励まされるし積極的に応援したいです。

ちなみにこの企画、翌々月の公募ガイド本誌で結果が発表されますが、反対派の意見を読むと「そういう発想もあるのか」と勉強になるのでそういう部分も面白いなと。

そんなわけで結果が出たら本誌をチェックしたいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月11日

ふるさと納税のカニ

鳥取県境港市からふるさと納税の返礼品が届きました。

見てください!
この素晴らしいカニを!

201111-01.jpg

自分は漁業関係には詳しくないですが、今年は新型コロナで大変な状況なので、去年のように美味しいカニが本当に届くのか正直心配しておりました。

漁船に乗るにしても、獲った後セリをするにしても、今年はおそらく人数制限があるんだろうなぁ……大丈夫かなぁ……的な。

しかしそんな心配は杞憂でした。
いざ食べたら去年と同じ……いや、それ以上に美味しかったです。

申込ページの説明を読んだところ、足が取れてしまったカニをふるさと納税で扱っているということでしたが、足が取れていても味にはまったく変わりないのでお得ですよね。

201111-02.jpg

あと個人的には、亡き息子の誕生日が11月6日なので、毎年この時期は思い出して辛くなってしまうんですが、カニ漁の解禁日が同じく11月6日なので、翌週にふるさと納税のカニが届いて「来年もこのカニを食べるために生きよう」と決意するパターン(2年連続)

まあでも、大きな悲しみを埋めるのは、たとえば食事が美味しかったとか、そういう小さな喜びの積み重ねだと感じている今日この頃。

とはいえ今年は遠出しにくい状況なので、行ける範囲&通信販売で、旬のカニを冬の間楽しみたいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする