2019年12月20日

やりたいこと

美味しいカレー屋さんを見つけたから、ブログに載せようと思って改めて写真を見たら、ほとんどナンしか写っていなかった件。

191220-01.jpg

ナ、ナンだこれはー!(ベタ)

それはさておき最近かなり疲れ気味です。
仕事後に資格の学校行ってて平日は自由時間ゼロっていう。

おかげで人間関係に亀裂が入ったし、好きだったソシャゲもほとんどやめたし、夏にアラジン観に行った以外は趣味の外出もほぼ出来ていない有り様。

でもそんな時に思うんですよね。
これだけ忙しいのは自分が回復したからだって。

実際2年前に息子を失った後、自分はずっと寝たきりの生活をしていて、朝から晩までただひたすら天井を見上げるだけの毎日でした。

やりたいことは何もない。
何故生きているのかもわからない。

あの頃の空虚な自分に比べれば、時間が足りないくらいやりたいことがたくさんあるのは、ある意味幸せな状態なのかなって。

まあそんなこと言って、また心が折れてしまったら逆戻りなので、そうならないように適度な息抜きを心掛けたい所存。

とりあえず平日は、ランチタイムの1時間が究極の癒しなので、美味しい物を見つけられるように頑張り(?)ます。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月15日

もしタイムスリップできたら

こんにちは、らくだです。

2019年も残すところあと半月。
今年1年を振り返ると成果や反省など色々あります。

なんて思いつつ、いつものように公募ガイドを眺めていたら、こんな面白そうなコンテスト(?)を見つけました。

【もしタイムスリップできたら、どこで何をする?】
https://www.phantaporta.com/2019/12/time1.html

もし私がタイムスリップできるなら!
2010年のマカオ旅行中の自分にこう告げたい!

「そこでプレイヤーに賭けるのはやめろ。バンカーだ」

あそこで判断ミスさえしなければ……。
まあギャンブルやめるキッカケになったから良かったけどさ……。

ちなみにもう1つ思い浮かんだのは結婚です。
ただ結婚自体は後悔してないので過去の自分にやめろという助言はしませんが。

だって結末が最悪だったとはいえ、楽しかった瞬間がたくさんあるのも事実だし、失敗も含めてすべての経験が大切な教訓ですからね。

よく恋人と別れた後「〇年を無駄にした」という人を見かけますが、楽しい思い出まで否定するのは良くないし、そういうネガティブ発想は何より本人にとって損じゃないかと思います。

とにかく人生には反省がつきものですが、過ぎた過去はどれほど後悔しても二度と戻らないものですし、今後も常に前向きに生きたいと思いました。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月14日

忘年会スルー

こんにちは、らくだです。

そろそろ忘年会のシーズンですね。
夜電車に乗っていると飲み会帰りっぽい集団をよく見かけます。

ところで最近、ツイッター等のSNSで「#忘年会スルー」というハッシュタグが注目を集めているとか。

確かに人付き合いが面倒な気持ちはわかります。
それでも自分の場合お酒が好きなので忘年会には出席しますが。

なお参加スタイルは、
・費用会社持ち ⇒ たくさん飲む
・費用自費(定額飲み放題)⇒ 元が取れるようたくさん飲む
・費用自費(実費の割り勘)⇒ 割り損しないようたくさん飲む

という態度で飲み会に参加し続けた結果、「常木さん端っこに座ってくれる?」と言われ、それからはテーブルの一番端が私の定位置になったという。

まあ会話にまったく加わらず、ひたすら飲み続ける人間が中央にいては、他のメンバーに迷惑ですからそれも自然な流れでしょう。

ただ端の席って店員さんにオーダーしやすいんですよね。
それでますます飲んでいたらある年から誘われないようになりました。

<結論>
忘年会スルーしたい人は一度参加して二度と誘われないような態度を取るべし!

以上、忘年会に参加しなくていいコツでした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月13日

1日のノルマ

こんにちは、らくだです。

12月も中旬になってまいりました。
どの業種も年末進行で大変な時期だと思います。

ところで、忙しい時に執筆時間をどう確保するかは、小説投稿者にとって非常に重要な問題ですよね。

自分が昔やっていたのは、締切から1日のノルマを逆算して、スケジュール帳に字数を書き込むという方法。

ただこれ、理論上のノルマを把握しても、なかなかその通りには行かないのが実際のところです。

たとえば用事が入ったり、疲れで体調を崩したり、付き合いで出掛けたり。

あるいはちゃんと机の前に座っても、その日はなんだか筆がのらなくて、字数が進まないなんてこともあります。

そこはやはり人間ですから。
作業効率はその日の調子にある程度左右されるわけで。

逆に絶好調で数日分いっきに書ける日もあったりするので、結果的にはトントンなんですが、ノルマに縛られすぎるのは精神的に良くないなと思いました。

ノルマはあくまで目安の1つ。
守れなかった日も必要以上に自分を責めない。

そんな感じでやっていくのが自分に合っているのかなと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

「#薬指のおもいで」

こんにちは、らくだです。

インスタでこんなキャンペーンを見つけました。
婚約指輪または結婚指輪の思い出を写真付きで投稿する企画です。

【「#薬指のおもいで」キャンペーン】
https://ringraph.weddingpark.net/mrg/knowledge/campaign2

指輪に関するコラムといえば!
前に書いたコレが役に立つ時ですね!

「#薬指のおもいで」常木らくだ(再掲)
これから結婚する女の子たちへ告ぐ。婚約指輪は必ずもらえ。気持ちだけで充分だから、などと考えてはいけない。何故なら結婚後は自由にお金を使えなくなる。年金、保険、税金、ローン。高額なアクセサリーなど買っている余裕はない。そんな中、薬指に光る指輪を見れば、結婚前の新鮮なトキメキが蘇るはずだ。それは辛い時あなたの心の支えとなるだろう。婚約指輪は永遠の愛の証。なお永遠が意外と短かった場合、つまり離婚してしまった場合は、売って現金化することもできる。再度言おう。婚約指輪は必ずもらえ。できれば結婚指輪もな。

というネタコラムはさておき、実際のところ結婚指輪は売却してませんし、それどころか今でも机の上に大切に飾ってあります。

やはり女子たるもの綺麗な指輪を見ると気分が上がりますからね。
その指輪をもう二度と薬指に通せないのは寂しいところではありますが。

とにかくまあそんなわけで。

私の話は企画の趣旨に合いませんが、素敵なおもいでをお持ちの皆様は、写真と共にリングを紹介してみてはいかがでしょうか。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする