2020年05月21日

執筆ソフトの話

突然ですが皆さま執筆ソフトは何を使っていますか?

ちなみに自分はWordです。
別にWordが好きなわけじゃなく初代PCにそれしか入ってなかったという理由。

ただ散々言われてますが、Wordって日本語の縦書き文章と相性が悪く、細かい部分が色々と使いづらいんですよね……。

たとえばルビ入れたら行間が空いちゃう点とか。
行間設定で直せるけどデフォルトで空く仕様は本当どうにかして欲しい。

あと文頭が自動で1字下げになる仕様もお節介だなと。
テキストにコピーすると空白が認識されずに詰まっちゃいますし。

それから、自分のPCスペックの問題もあるかもですが、長い文章を打っていると変換のレスポンスが遅いのも気になります。

というわけで。
それならいっそメモ帳にテキスト形式で書こうかと思ったのですが。

しかしメモ帳だと、速さは文句なしなんですが、全体の文字数や「今どのくらい書けているか」が把握しづらいという。

そんなわけで何かオススメがあったら教えてください。
使いやすくて優秀なソフトだったら有料でも構いません。

短い文章ならともかく、1作品で10万字以上書くとなると、執筆環境の快適さはめっちゃ重要ですからね。

とりあえず、使用ソフトが定まるまでは、「メモ帳に書いて仕上がった部分をWordにコピーする」という方法でやっていこうかなと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月19日

作者の性別

こんにちは、らくだです。

ツイッターでトレンド入りした鬼滅の刃の作者が女性だという話。
自分のタイムラインにも「意外」「納得」など感想が流れてきました。

作者本人の発言ではないので真偽のほどは定かではないですが、もし本当なら自分は嬉しいというか、少年誌の第一線で女性が活躍しているという意味で励まされます。

性別と言えば、私も男だと思われることが多く、これまでに「女性と知って驚きました」というコメントを何度もらったかわかりません。

え、これ……なんで???(汗)

自分ではよくわからないんですが、このブログを始めた最初の数年は、投稿先が男性向けラノベだったのが理由かもしれませんね。

まあ実際は女性向けにも投稿していたわけですが……。
ただ1次通過できないからどこにも名前が載らないだけで……。

ついでに言うと1980年生まれです。
小説を書き始めたのが27歳の時で、完成させて初投稿したのが29歳。

それから結婚したり離婚したり、私生活の混乱で投稿の最前線から離れつつ、それでも文章を書くのが好きなので緩く活動を続けているという感じ。

27歳からここまで色々ありましたけど、こうなったら何かもう逆に焦る必要もないですし、今後も末永く執筆を続けたい所存です。

以上、今さらの自己紹介(?)でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月11日

服を借りるシチュエーション

こんにちは、らくだです。

公募ガイドのリレー小説企画が更新されました。
今回は第3話が掲載されており、続きとなる第4話を募集中です。

【リレー小説課題1「補修組」第3話】
https://www.koubo.co.jp/reading/rensai/oubo/relay/theme01_3.html

ちなみに今回、主人公の鈴木さん(真面目女子)が、スポーツジムで佐々木くん(ちょっと気になる彼)のTシャツを借りるという展開がありますが……。

このシチュエーション!
ラブコメ的にごちそう様です!

まあ萌え小説じゃないので、このやり取りは数行で終わりますが、自分だったらこう掘り下げるかな〜と想像が膨らみました。

1.彼の大きい服を着ることで体格の違いを実感してドキッとする。身長そこまで違わなくてもやっぱり男子なんだなっていう。

2.着る瞬間に柔軟剤の香りがふわりと漂って「しっかり洗濯してるんだ」という不良男子に対するギャップ萌え。この年齢だと洗濯は母がやってるだろうがそこは強引にスルー。

3.逆に汗臭かった場合がっかりしちゃうけど、それはそれで別の興奮の扉が開くかもしれない。え、閉めろって?

小説本文は600字という字数の都合か、無駄なくあっさりまとまっていますが、シンプルゆえに想像の余地も大きいですし、このリレー小説が今後どうなるのか期待したいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月10日

同人誌の良さ

エアコミケに乗じて通販で買った同人誌が届き始める今日この頃みな様いかがお過ごしでしょうか。

っていうか薄い本買ったの正直10代以来なんですが。
そしてまず最近の製本技術の素晴らしさに感動した昭和オタク。

私が中高生の頃はコピー本withホッチキスが主流でしたからね。
オフセット本だとそれだけで一目置かれるような懐かしい時代。

という昔話はさておき、久し振りに同人誌を読んで、同人誌には同人誌の良さがあるなぁと再確認しました。

確かに技術や完成度という点ではプロの方が上かもしれません。
じゃあ同人誌が勝ってる要素は何かと言うとそれは情熱じゃないのかなと。

「自分はこの作品が大好きだ」「この漫画を描かずにはいられない」「この気持ちを周囲の皆に知ってもらいたい」……。

そういう部分が読者の共感を呼ぶのだと思います。
多少ぎこちない部分があっても溢れる情熱がそれをカバーするというか。

なお同人誌ではないですが、これはひょっとすると、小説投稿にも言えることじゃないでしょうか。

小説投稿の場合はすべて文字ですが、作者が楽しんで書いていればそれは読者に伝わるはずですし、逆に好きじゃない作品をしぶしぶ書いたらそりゃ投稿成績も伸びないよなーと(自分への戒め)

もちろん好きな気持ちだけで突破できるほど新人賞は甘くないですが、自分が楽しくないものを書いて落選したら本当に何も残らないので、書きたいものを書くのは投稿者にとってとても大事なことだと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月07日

証明写真を撮った話

こんにちは、らくだです。

8月に税理士試験を受ける予定なのですが、今年はこういう状況なので予定通り実施されるかどうかわからず、宙ぶらりんで心が落ち着かない毎日です。

まあ実施される前提で申し込むしかないですが。
ちょうど今日から19日まで願書の受付期間ですし。

そんなわけで急きょ証明写真が必要に。
いつも行く写真館が休業中なので仕方なく初めての店へ行きました。

そしたら店員さんが、
「せっかくですからハイグレード撮影にしませんか? 料金は少ししか変わりませんが、仕上がりが劇的に違いますよ!」

こういう状況で押しに弱い私。
言われるままハイグレードを選んだら確かに写真は鮮明でした。

しかし、鮮明すぎて小ジワがめっちゃ目立つじゃないですか!(泣)

あかん……。
顔に自信のない人間にハイグレードは残酷だった……。

むしろ逆にローグレード撮影で画像ぼかして欲しいし、なんならモザイク入れて欲しいくらいだけど、それだと何も証明できない写真になってしまうという話。

まあ免許証と違って後に残るものじゃないのが不幸中の幸いでした。

という出来事があったので、今後証明写真を撮影する際は、小ジワが劇的に目立つハイグレード撮影を避けようと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする