2019年11月09日

昔話リメイクコンテストの結果

こんにちは、らくだです。

公募ガイドの特集企画「昔話をミステリータッチにリメイク! コンテスト」の結果発表がありました。

下記ページで入選作8本を確認できます。
選出された皆様はおめでとうございます。

【昔話をミステリータッチにリメイク! コンテスト】
https://www.koubo.co.jp/reading/tanpatsu/oubo/mystery.html

本企画はツイッター応募だったので、書ける文字数に制限がありましたが、どの作品も想像力をビシバシ掻き立てられる内容です。

それでふと思ったのですが。
昔話って現代風にアレンジできそうな作品が多いなと。

<パッと浮かんだ例>
・俺TUEEE桃太郎の無双旅
・浦島太郎の竜宮城ハーレム
・ライバル蹴落とし勝ち上がり系シンデレラ
・マッチ売りの魔法☆少女(マッチを擦ると魔法を使えるが代償に自分の命を消耗する)

普遍的な昔話のストーリーを踏襲しつつ、そこに現代的な要素を付け加えることで、まったく新しい作品が生まれそうですよね。

上の例なら自分が書きたいのはシンデレラでしょうか。
ドロッドロな醜い争いを書きつつ継母と姉2人を陥れたいです。

以上、「昔話をミステリータッチにリメイク! コンテスト」の結果発表でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月07日

本のある風景

こんにちは、らくだです。

以前このブログでチラッと紹介した「第3回・趣味活コンテスト『“本”のある風景〜わたしの読書ライフ〜』」のノミネート作品が発表されました。

選出された20本は下記ページでチェック可能。
11月8日〜17日まで投票を受け付けているようです。

【第3回・趣味活コンテスト】
https://segask.jp/article/detail/3377

このコンテストは「あなたのとっておきの読書風景を写真に撮って紹介しよう」という企画でした。

読書好きにとって「本のある風景」は胸が躍るものです。
どの作品も応募者のこだわりが伝わってきてそれぞれに素敵でした。

中でも自分がいいなと思ったのは「No.17 日記とブックカバー」。

この写真の応募者さんは、手帳の月間表に読んだ本を書き込んでいるそうで、これは自分もぜひ参考にしたいアイディアだなーと。

これを続ければ読書記録になるし、自分の読書ペースも把握できるし、なにより後で見返した時に楽しそうですよね。

今は何でもネットで済んでしまう時代ですが、ページをめくるワクワク感は紙の本ならではですし、あの感覚は個人的に読書の醍醐味だと思います。

そんな贅沢な読書の時間を大切にしたい。
ノミネート作品の素敵な写真を見て改めてそう感じました。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

JINKE小説大賞

こんにちは、らくだです。
小説家になろうで「JINKE小説大賞」が始まりました。

主催は中国の金科文化という会社です。
大賞を受賞した作品は中国で映像化されるとか。

応募要項をチェックしましたが、さすがに国外企業の主催だけあって、今までのなろう系コンテストとは趣を異にするようです。

【JINKE小説大賞】
http://www.jinkeculture-syosetu.com/

・募集テーマ
「働く女性」「サスペンス・推理もの」「ファンタジー」「復讐もの」「ヒューマンドラマ」「学園純愛もの」「ゲーミフィケーション」

上記サイトの説明によると、ゲーミフィケーションとは、「読者の選択によって物語の展開と結末が変わるようなストーリー」だそうです。

そんなこと小説で出来るの?
やるとしたらこういう感じ?

曲がり角で転校生とぶつかって転んじゃった!
⇒ひとまず謝る(3ページへ)
⇒スカートの中を覗く(8ページへ)

ネット小説ならリンクを貼って、「好きな方に進んでね!」が可能だから、一応まあ成立はしそうですよね。

今の例はとりあえず微妙ですが、従来のコンテストとは明らかに雰囲気が違うので、新天地を求めている皆様はチェックしてはいかがでしょうか。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

第15回オタク川柳

こんにちは、らくだです。

第15回オタク川柳の募集が始まりました。
読んで字の通りオタクの川柳に関するコンテストです。

小説投稿者=オタクというわけではないですが、兼任している方は多いと思うので、皆様是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

【第15回オタク川柳】
https://www.575.moe/

・募集内容 オタクの日常や心情を綴った川柳
・受付期間 2019年10月1日(火)〜2020年1月6日(月)
・結果発表 2020年2月28日(金)
・受賞賞品 ネ申(大賞)には本人の胸像と賞金10万円を贈呈

賞品が自分の胸像とか完全に罰ゲームですが、あえて力作を応募してスリルを味わうのも、オタク的にまた一興ではないかと思います。

というわけで。
私もいくつか考えてみました。

「推しキャラに 貢ぐよろこび 廃課金」
「三次元? もちろん好きさ フィギュアなら」
「知らぬ曲 買った理由は 中の人」

どれもよくある話ですよね! ……あるよね?(確認)

とりあえずパッと浮かんだのは3句ですが、考えたら無限に出てきそうなので、他にも色々こしらえてみることにします。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

あなたの言葉を辞書に載せよう

こんにちは、らくだです。
小学館が 「あなたの言葉を辞書に載せよう。2019キャンペーン」を開催中。

テーマに選ばれた言葉について独自の解釈を投稿するこの企画。
採用された説明は「デジタル大辞泉」や「goo辞書」などに掲載されます。

【応募要項】
http://kotoba.daijisen.jp/about/

今年のテーマに選ばれた言葉はこちら。
いずれも世相を反映した単語となっています。

@令和、A誠意、B東京大学、C官僚、D本、E妻、F夫、Gアルバイト、H盛る、Iアダルト

Hは「もる」なのか「さかる」なのか……。
まあ今年の流行的に「もる」だとは思いますが……。

ちなみに以下は昨年採用された優秀作品。
納得しつつ思わずクスッとできる説明ですね。

【平成】ゆとりが生まれ、生活からゆとりが姿を消した時代。
【父】子供にとっての「世間代表」。
【不倫】ホテル・旅館の、重要な収入源の一つ。

小説のコンテストではないですが、言葉のセンスは文章を書く上で重要ですし、皆様も10の言葉について考えてみてはいかがでしょうか。

以上、「あなたの言葉を辞書に載せよう。2019キャンペーン」の紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする