2018年08月20日

日本一短い手紙

こんにちは、らくだです。
第26回一筆啓上賞「日本一短い手紙」が作品を募集中です。

以下、応募要項のリンク。
郵便局に応募用紙が置いてありますが普通の便箋でも応募できるようです。

【応募要項】
http://maruoka-fumi.jp/ippitsu.html

・募集テーマ 「先生」
・規定字数 1〜40字(手紙形式)
・作品締切 2018年10月26日(金)
・応募方法 封書で郵送(1通につき1作品)
・受賞賞品 大賞(5本・賞状と10万円)など

自分は今回初めて知りましたが、この賞は全国初の手紙コンクールとして、平成5年から毎年開催されているんだとか。

コンテストの目的は、
「活字やメールでは伝わらない本物の手紙文化の復権を目指す」

というわけで応募方法は郵送オンリー。
一応探してみましたがネット応募のリンクはありません。

まあでも、こんな便利な時代だからこそ、手書きの手紙に切手を貼って投函するという経験は貴重ですよね。

テーマは「先生」ですが学校の先生だけでなく、監督やコーチや病院の先生でもいいようなので、皆様チェックしてみてはいかがでしょうか。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

高校野球はがきエッセーコンテスト

こんにちは、らくだです。

8月18日は「高校野球記念日」なんだとか。
甲子園の熱戦もいよいよクライマックスですね。

というわけで。
本日は高校野球に関するコンテストをご紹介。

【高校野球はがきエッセーコンテスト】
http://www.asahi.com/ad/kouya-essay2018/

・募集内容 高校野球にまつわるエッセー
・作品締切 2018年8月31日(金)
・応募方法 郵便はがきで応募
・規定字数 200字以内

うん?
ちょっと待って?

なんかこれ、賞の名前が「はがきエッセー」で、説明にも「はがきで応募」って書いてあるのに、上のページ見たら普通にネット応募のリンクあるんですけど?

いやまあ便利でいいんですが「ラーメン専門店のメニューにさり気なくカレーが混ざってた」みたいな違和感を覚えました。

それはさておき規定字数も200字ですし、上に書いた通りインターネット応募もできるので、甲子園に思い出のある皆様は挑戦してみてはいかがでしょうか。

以上、「高校野球はがきエッセーコンテスト」の紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月08日

文学フリマ短編小説賞の結果発表

こんにちは、らくだです。

今年は変わった動きをする台風が多いですね。
逆走したり迷走したりまるで自分の投稿生活を見ているようです。

さてさて。
文学フリマ短編小説賞2018の結果発表がありました。

今回は大賞2本と優秀賞2本が出た模様。
受賞された皆様はおめでとうございます。

【公式サイト】
https://buntan2018.hinaproject.com/

【なろうブログ】
https://blog.syosetu.com/?itemid=3627

大賞作品には書き下ろしのイメージイラストが用意されます。
自分の小説に絵がつくのは作者にとって何より嬉しいことですよね。

なお受賞作品をまとめた冊子は第6回文学フリマ大阪にて販売されます。

【第6回文学フリマ大阪】
https://bunfree.net/event/osaka06/

お近くの皆様は立ち寄ってはいかがでしょうか。
自分も近所なので時間が合えば覗いてみようかと思います。

以上、「文学フリマ短編小説賞2018」結果発表の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月26日

文学フリマ短編小説賞の1次発表

こんにちは、らくだです。

震度6の地震があったかと思いきや、前代未聞の大雨が西日本を襲い、ここ最近は観測史上初の猛暑で、今週末は台風が直撃するんだとか。

ちょっとわけがわからないですよね。
1999年よりも今の方がよほど世紀末っぽいと思います。

さて本題。
文学フリマ短編小説賞2018の1次発表がありました。

公式サイトに情報がなかったので、気付くのが1週間ほど遅れましたが、なろうブログで発表されていたようです。

【発表ページ】
https://blog.syosetu.com/?itemid=3603

通過数は25本でした。
お名前のあった皆様はおめでとうございます。

なお今回は、複数通過(同じ作者のシリーズ作品が通過)しているケースが見られました。

従来の公募の場合だと1作完結が前提で、シリーズ作品の応募はなかなかできないので、この傾向はネット小説のコンテストならではだなーと思います。

以上、文学フリマ短編小説賞1次発表の話題でした。
なお最終発表は8月上旬らしいので、更新されたらまた紹介したいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

第2回漫画脚本大賞

こんにちは、らくだです。
週刊少年マガジンによる「第2回漫画脚本大賞」が現在開催されています。

以下、公式サイトの応募要項。

【応募要項】
http://morning.moae.jp/page/mangakyakuhon2

大賞を受賞すると雑誌の連載確定で、優秀賞や奨励賞にも担当がつくとか。

応募に必要なのは以下の3点。
自分でイラストを描く必要はなく、完全に文字だけで応募できます。

@ 企画書(A4・1枚)
・タイトル
・あらすじ
・応募作が単行本になった時、帯に入れたいキャッチコピー

A 連載1話分の脚本
・30分アニメの1話分相当の文章量で、小説・脚本など形式は不問

B 今後の展開案(A4・1枚)

特筆すべきは1話のみで応募可能な点でしょうか。

「面白いプロットがあるんだけど」
「でも最後まで書くのは面倒だなー」
「俺の傑作、誰か漫画にしてくれない?」

という場合には、まさにうってつけの賞だと思いますし、脚本に興味のある皆様はチェックしてみてください。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする