2020年06月07日

第1回高校生のための小説甲子園

こんにちは、らくだです。

集英社が「第1回高校生のための小説甲子園」を開催中。
詳細については下記公式ホームページをご覧ください。

【第1回高校生のための小説甲子園】
https://www.shueisha.co.jp/koushien/

・募集内容 ジャンル不問の短編小説
・応募資格 全国の高校生
・規定枚数 400字詰め原稿用紙15〜30枚
・受付期間 2020年4月1日(水)〜7月30日(木)
・投稿方法 郵送またはウェブ

高校生向けの小説甲子園ということで、カクヨム甲子園と色々な要素が被っていますが、こちらは選考方法に特色があります。

具体的には、
・全国を7ブロックに分けて予選を行う
・予選で選ばれた各地区の代表7名が本選へ進む
・本選は10月25日に集英社で実施、その場で課題を発表
・課題に即して400字詰め原稿用紙2〜3枚程度の原稿を書き優勝者を決定

本選はリアル開催というのが面白いですよね。
しかもその場でお題を発表してその場で書かされるという。

審査は予選作品と本選作品をあわせて行うそうなので、じっくり考えて書く力と即興で書く力、両方が試されることになりそうです。

以上、「第1回高校生のための小説甲子園」の紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月23日

ワナ活

こんにちは、らくだです。

小学館が「大辞泉が選ぶ新語大賞2020」を開催中。
最近の新語で大辞泉に未収録の言葉を募集するコンテストです。

【新語大賞2020】
https://daijisen.jp/shingo/

応募期間は2020年5月18日〜11月15日。
毎月30名にAmazonギフト券500円分が抽選で当たるようです。

ちなみに去年のベスト10は以下のラインナップだった模様。

【タピる】【令和】【上級国民】【ワンチーム】【闇営業】【タピ活】【草(草生える)】 【ポイ活】【イートイン脱税】 【にわかファン】

草が今頃ランクインしてて草。
ネットスラングが一般社会に浸透したのが去年頃ということでしょうか。

あと「タピ活」と「ポイ活」がわからなかったので調べました。
どうやらタピオカを飲む活動とポイントを貯める活動らしいです。

なんでも活動つけりゃいいと思ってるだろ!!!

というわけで、自分もワナビ活動の「ワナ活」を広めたいですが、おそらくどうやっても広がらないので、せめて今回のブログタイトルにつけてみました。

ワナ活は苦しいことも多いですが、なんだかんだでやっぱり楽しいことも多いので、これからも続けていきたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月16日

プロポーズの言葉コンテスト

こんにちは、らくだです。

今回は「プロポーズの言葉コンテスト2020」をご紹介。
応募締切は6月7日で入選すると恋人の聖地にまつわる宿泊券などが貰えます。

【プロポーズの言葉コンテスト】
http://www.seichi.net/20propose/

なお応募資格は、
「今後結婚を予定している方、すでに結婚している方」

あーはいはい離婚した人間は資格なしですかそうですか(投げやり)

とはいえ、そっ閉じするのも悔しいので、推しに言われたいプロポーズの言葉を考えてみることにしました。

でもこれ難しいですよね。
色々ありそうなのに意外と平凡な言葉しか浮かばないというか。

で、結局思ったのは、
「言葉をあれこれ工夫するより、態度の描写を頑張った方が、空気感が伝わるんじゃないか」

たとえば頬が赤いとか、気まずそうに視線をそらすとか、声がちょっと震えてるけど隠そうとしてるとか、緊張してます感を思いきり描写したら言葉は平凡でも告白の盛り上がりが伝わるんじゃないかなと。

そう、告白はされるもんじゃなくて原稿用紙に書くものだ(真顔)

私はそんな状況ですが、素敵なプロポーズネタをお持ちの皆様は、この賞に応募して宿泊券を貰って相手とさらにラブラブになればいいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月01日

なろうコンの長文タイトル

第8回ネット小説大賞(なろうコン)の2次発表がありました。
1次発表の紹介を忘れていたので両方のリンクを載せておきます。

【1次発表】
https://www.cg-con.com/topics/11422/

【2次発表】
https://www.cg-con.com/topics/11648/

・応募総数 9,316本
・1次通過 974本(約10%)
・2次通過 76本(約0.8%)

個人的に興味深いと感じた点は、先日のノベルの発表と比べると、明らかに説明的な長文タイトルが多いという点。

たとえばネットでニュースをチェックする時、すべての記事を読むのは時間的に不可能なので、ざっと見出しを確認して気になった記事を読みますよね。

ネット小説もある意味それに近いというか。
読者にクリックさせるための入口がタイトルなわけで。

カクヨムだとキャッチコピーで情報を補完できますが、なろうはトップに題名しか載らないので、タイトルが説明的になるのは必然なのかなと思います。

逆に従来の公募だと、受賞作品の刊行を前提としているので、背表紙に入らないような長文タイトルは好まれない傾向がありました。

今はその限りでもないと思いますが、何が最適かは発表媒体によって違うので、その辺も意識すると創作がより面白くなるかもしれません。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月30日

ワンルームSSチャレンジ

<今日の食事>
朝……コーンフレーク
昼……宅配弁当
夜……買い置きの冷凍食品

というわけで家から一歩も出ませんでした。
最初は戸惑った在宅勤務もすっかり慣れた感じです。

さすがに運動不足を感じますが今は状況が状況ですからね。
一日中ずっと部屋で過ごしている方も多いのではないでしょうか。

そんな中pixivが「ワンルームSSチャレンジ」なる企画を開催中。
一部屋の中だけで完結するオリジナル短編小説を募集するコンテストです。

【執筆応援! ワンルームSSチャレンジ】
https://www.pixiv.net/info.php?id=5737

・募集内容 一部屋の中だけで完結するオリジナル短編小説
・応募締切 2020年5月31日(日)
・規定字数 2,000〜30,000字
・投稿方法 pixivに小説を掲載し「ワンルームSS」のタグを設定

なお賞品は選択式で、
・大賞1名 バロンチェア / Swift 電動昇降デスク / ドラム式洗濯乾燥機
・優秀賞3名 セイルチェア / パブロ2 電動昇降デスク / 大画面4Kディスプレイ

チェアとデスクは創作環境に影響するけど……洗濯機?
これで家事の時短を図って執筆に集中してねという心遣いでしょうか。

以上、ワンルームSSチャレンジ企画の紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする