2018年06月04日

「忘れられない言葉」

こんにちは、らくだです。

第10回日本語大賞の募集が始まりました。
今年のテーマは「忘れられない言葉」だそうです。

小説ではなく作文の賞ですが、個人的にエッセイ系統の企画は好きなので、応募要項を紹介しておきます。

【第10回日本語大賞】
https://www.nihongokentei.jp/grandprize/

・募集テーマ 「忘れられない言葉」
・規定字数 2,000〜3,200字(一般の部)
・受付期間 2018年6月1日(金)〜9月30日(日)

忘れられない言葉って色々ありますよね。

たとえば「ありがとう」とか普通の言葉でも、シチュエーションによっては忘れられない言葉になる場合もありますし、皆様もそんな経験をしたことはないでしょうか。

なお自分にとっての忘れられない言葉は、
「おままごとレベル(電撃の選評)」

リアルにトラウマ……。
いや何年も言い続けて悪いけど……。

という冗談はさておき(冗談じゃないけど)、投稿者の皆様は言葉に触れる機会が多いと思いますし、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月02日

メゾン文庫キャラ文芸大賞

こんにちは、らくだです。
小説家になろうで「メゾン文庫キャラ文芸大賞」が開催決定しました。

メゾン文庫とは、20〜40代の女性層をターゲットとした、一迅社によるキャラ文芸の新しいレーベルだそうです。

詳細は公式サイトをご確認ください。

【メゾン文庫キャラ文芸大賞】
http://www.ichijinsha.co.jp/special/maison/contest/

・募集内容 女性を対象としたキャラ文芸小説
・作品条件 現代または現代に近い舞台であること
・開催期間 2018年6月1日(金)〜10月1日(月)
・規定字数 自由(10万字以上推奨、未完結作品も可)
・応募方法 なろうに作品をUPし「メゾン文庫大賞」のキーワードを設定

<例として載っているテーマ>
食、あやかし、恋愛、結婚、バディもの、旅行、グルメ、ミステリー、SF

レーベルの雰囲気としては、大人の女性がメインターゲットという点で、電撃のMW文庫やコバルトのオレンジ文庫に近い印象を受けました。

というわけで、MW狙いで電撃に応募している方々や、コバルトの投稿者さんにとっては、方向性の上で参加しやすい賞なのではないでしょうか。

それにしても最近こういうレーベルが増えましたよね。
自分も一応大人の女性ですし(一応ね!)読者としても応援したいです。

以上、メゾン文庫キャラ文芸大賞の紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

MBSラジオドラマ短編小説賞

小説家になろうで「MBSラジオドラマ短編小説賞2018」が開催決定しました。

賞名の通りラジオドラマの募集になりますが、脚本はMBSで編集するので、応募の際は通常の小説形式でいいそうです。

詳細は下記ホームページをご覧ください。
ピンクを基調としたポップなサイトになっています。

【MBSラジオドラマ短編小説賞】
https://syosetu.com/event/m-radio2018/

・募集内容 オリジナルの短編小説
・規定字数 30,000字以下(完結必須)
・応募条件 受付期間内に新規投稿された作品であること
・投稿方法 なろうに作品をUPし「MBSラジオ短編賞1」のキーワードを設定
・受賞作品 MBSのラジオ番組「マンデースペシャル」にてラジオドラマ放送

第1回から第4回の受付期間は下記の通り。
各回ごとに募集するジャンルが違うので要注意です。

・第1回 5月31日〜7月31日(純文学、ヒューマンドラマ、歴史)
・第2回 9月1日〜10月31日(推理、ホラー、アクション、コメディ)
・第3回 12月1日〜1月31日(VRゲーム、宇宙、空想科学、パニック)
・第4回 3月1日〜4月30日(童話、詩、エッセイ、その他)

なお第1回のパーソナリティは、ベテラン声優の松本梨香さん、矢尾一樹さんのお2人だそうです。

第2回以降を担当する声優さんも、これから順次発表されていくようなので、追加情報が出たらまた紹介します。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

夏のホラー2018開催決定

こんにちは、らくだです。

最近5月とは思えないほど暑いですね。
まだ梅雨前ですが早くも夏の気配すら感じられます。

さてさて。
夏といえばやっぱりホラー。

小説家になろうで開催の恒例企画「夏のホラー2018」のティザーサイトが公開されました。

今年のテーマはズバリ、和ホラーvs.洋ホラー。
リンクアドレスと共に説明文の引用を載せておきます。

【夏のホラー2018】
https://horror2018.hinaproject.com/

<和ホラーの例>
・雪女、牛鬼、お岩さん等の日本の妖怪、幽霊を題材にした作品
・日本屋敷、日本の村等を舞台にした作品
・口裂け女、紫鏡、七人ミサキ等の日本発祥の都市伝説、伝承を題材にした作品

<洋ホラーの例>
・吸血鬼、ゾンビ、狼男等の外国の怪物を題材にした作品
・洋館、外国の村等を舞台にした作品
・ブラッディ・マリー、スレンダーマン、チェンジリング等の海外発祥のフォークロアを題材にした作品

なお本サイトの公開は6月21日予定だそう。
詳しい応募要項などはその時になったらまた改めて紹介します。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

文学フリマ短編小説賞の続報

こんにちは、らくだです。

前になろうブログで告知があった「文学フリマ短編小説賞2018」の特設サイトがオープンしました。

以下リンク。
参加予定の皆様は要チェックです。

【文学フリマ短編小説賞2018】
https://buntan2018.hinaproject.com/

・募集内容 オリジナルの短編小説
・規定字数 40,000字以下(話数は自由)
・最終締切 2018年6月11日(月) 6月20日(水)へ変更
・選考対象 受付期間内に新規投稿された作品(既存作品は不可)
・応募方法 なろうに作品をUPし「文フリ短編小説賞3」のキーワードを設定
・選考方法 開催期間内の「ポイント評価」と「アクセス数」を元に総合評価

基本的な応募要項はブログの告知と同一です。

ただし締切は変更になった模様。
10日ほど延びたので書き手にとっては嬉しいですね。

なお選考期間は「6月12日から」となっていますが、これは締切延長前の名残りだと思うので、おそらくそのうち修正されるのではないでしょうか。

それからこのコンテストは新規投稿作品のみが対象です。
受付期間前に掲載した作品はキーワードを付けても選考対象になりません。

以上、文学フリマ短編小説賞、特設サイト公開に関する話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする