2019年06月17日

集中できる執筆環境

こんにちは、らくだです。

先日紹介したコバルトの質問企画で、集中できる執筆環境づくりという話題があったので、今日はその件について考えてみます。

【第19回小説を書くためのプチアドバイス】
http://cobalt.shueisha.co.jp/write/column-miura-shiwon/003062/

集中できる執筆環境。
何の芸もないですが私の場合は自分の部屋です。

いやだって喫茶店って落ち着かなくないですか?

周囲の物音も気にかかるし、お店の人に邪魔だと思われてないか心配だし、そもそも引きこもり体質だから家にいる時が一番安心できるという。

と思ったけど今日ふと気付きました。
そういえば自分は電車の中で寝るのが大好きだと。

電車なんて揺れるし、もちろん周囲も騒がしいし、爆睡したら荷物も心配だし、乗り過ごしてしまう可能性だってあります。

冷静に考えたら不安要素だらけなのに、電車に乗っているとリラックスしてよく眠れるし、なんなら立ったまま寝て膝カックンするような有り様で。

つまり落ち着けるかどうかに周囲の物音はあまり関係なく、結局はその人とその場所の相性次第なのかなと思いました。

同じ作業をするにしても、落ち着く場所と落ち着かない場所では能率にも差が出ますし、執筆する際は自分にとって一番集中できる環境で取り組みたいですね。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(2) | 投稿の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月24日

市民マラソンのように

こんにちは、らくだです。

今から執筆中の作品書き直すぜ!
それやっちゃうとたぶん締切落とすけどな!

なんて思っていたのですが、過去記事の内容に触れつつ、励ましのメッセージを頂戴しました。

「前に市民マラソンの話ありましたよね? 締切も大切ですが楽しむことも大事です!」

そういえば書きました。
たしかこの記事だったかと。

【市民マラソンのたとえ(2016.7.11)】

<内容の要約>
市民マラソンって全員が優勝狙って参加してるわけじゃないよね?
自己ベストの更新とか、完走とか、目標は人それぞれだよね?
小説コンテストもそういう楽しみ方があっていいんじゃないかな?

これ本当にそう思う。
当時も思ったけど今はもっと強く感じる。

もちろんワナビやってる以上目標はデビューなんですが、そのせいで楽しい気持ちを忘れちゃって、落選するたびに自分自身を責めていたら、何のために小説を書いているのかわからないですよね。

なので真剣にデビューを目指しつつ、でも創作を楽しむ気持ちは忘れずに、市民マラソンのように前向きにコンテストに取り組みたいと思いました。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 投稿の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

進捗メモ

こんにちは、らくだです。

秋頃に執筆を再開したのですが、だいぶ長い間その件に触れていなかったので、今さらながら進捗メモなどを。

<投稿先>
ビーズログ(4/30締切)

<内容>
学園ラブストーリー

<進捗状況>
40枚(約30,000字)

<応募方法>
120枚に収まったらウェブ応募の予定
オーバーしてたら字数制限が多少ゆるいカクヨム経由で応募

<問題点>
・最初は純愛ラブストーリーを書いていたはずだった
・途中からドタバタドMコメディに変化した
・まあ作者ワイだから自然な流れか
・けどこれ少女小説じゃねえな
・投稿先変えた方がよくね?
・いいや完成後に決めよう

というアバウトな感じで取り組んでおります。

今はちょっと新生活で中断してますが、4月には仕上がるように、今後も地道に書き続けたいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 投稿の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

再開にあたってA

<4.作品の内容>
今回は高校生女子が主人公の学園ラブコメだ。
正直ありがちな感じはする。
投稿しても並居るライバルに勝てる気はしない。
とはいえ2014年以来の新作だし、今は自分に書けるものを確実に書き切って、リハビリすることが必要だろう。
ってか2014年以来ってヤバイな自分。
それでも見守ってくれたブログの読者さんに圧倒的感謝。

<5.投稿先で悩む>
一旦ビーズログに決めたけど、他の投稿先はどうだろうか。
まずノベルは1月だから厳しい。
ビーンズは通過経験がないからパス。
MW枠があるとはいっても、電撃は少年系だし、おままごとの一件もある。
そうなると、時期的にちょうどよく、過去2回1次通過の経験があるビーズログがよさそうな気がする。
うん、やっぱりビーズログで。

<6.本文の執筆>
いざ本文を書き始めると、やはりというか、ブランクは大きかった。
まず文章が安定しない。
シーンによってブレてしまう。
地の文が安定しないから、台詞もどこか浮いた印象になって、全体的に馴染んでいない。
結果的に何度も書き直しているけれど、この作業もリハビリの1つだと考えて、楽しく前向きに取り組みたいところだ。

とまあこんな感じでやっています。

他にも色々と思ったことがあるのですが、一気に喋ると長くなりそうですし、それはまたその都度書いていきたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 投稿の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

再開にあたって@

こんにちは、らくだです。

執筆を再開するにあたって、地味なドタバタ(?)が起こったので、箇条書きで記してみます。

<1.Wordの設定>
新作執筆があまりにも久し振りだったので、恥ずかしながら、Wordの操作方法を忘れてしまっていた。
ルビってどうやるの?
改ページはどのボタンだっけ?
この辺はグーグル先生のお世話になりながら1つ1つ思い出している。
先生どうもありがとう!

<2.資料本を借りる>
学園物なので資料らしい資料は必要ないけど、あった方が書きやすいので、図書館で似た系統の既存作品を借りてきた。
もちろんパクるわけじゃないよ?
あくまでイメージを参考にするだけだよ?
しかしこれ、資料のはずが真剣に読んでしまって、原稿がちっとも進まないのが大きな悩み。

<3.応募要項の確認>
そもそもビーズログの規定字数ってどれくらいだっけ。
改めて確認したところ、ウェブ応募とカクヨム応募で違うことが発覚し、意味もなく動揺する。
カクヨム応募!
ランキングを気にして胃痛になったトラウマが蘇る!
あ、でもこれ選考はビーズログで、カクヨムコンとは違うから、読者ランキングは関係ないのか。
それならカクヨム応募も普通にアリだ。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 投稿の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする