2018年05月25日

ノベル大賞の2次発表

こんにちは、らくだです。

フードプロセッサーのみじん切りが快適すぎて、もはや「みじん切りしたいから料理を作る」という、本末転倒のような状態になっている近ごろです。

先日は拍手コメントで「大根おろしもいいですよ」と教えてもらいました。

確かにそれも大幅な時間短縮になりそうですね。
他にも素敵な使い方があったら皆様是非とも教えてください。

さて本題。
予告通り本日ノベル大賞の2次発表がありました。

以下リンク。
通過者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://orangebunko.shueisha.co.jp/novel-award/result

・1次通過 429本
・2次通過 169本

ちなみに前回は「1次⇒2次」の通過率が45%でした。
今回は計算すると40%なのでちょっと絞ってきた感じがします。

なおノベル大賞の選考は4次までありますが、電話が早いという話(あくまで噂ですが)を聞くので、時期的にはそろそろ連絡待ちという感じでしょうか。

電話待ちはドキドキするけど楽しいですよね。
ここまで通過された皆様に良い結果が出るように祈っています。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

ノベルの2次発表の日程

こんにちは、らくだです。

ノベル大賞の2次発表の日付が告知されました。
5月18日に更新された編集部ブログで言及されています。

【コバルト編集部ブログ】
https://ameblo.jp/cobalt-shueisha/entry-12376863205.html

というわけで。
2次発表は5月25日に確定。

まあ5月発表で金曜更新ってことは、もう25日しか可能性は残ってないわけで、このブログを見なくても予想はできるんですけどね(汗)

ちなみに1次の結果はこちら。
応募数は不明ですが通過数は429本でした。

【ノベル大賞・1次結果】
http://orangebunko.shueisha.co.jp/novel-award/result

この賞の発表は都道府県が載るので、「○○さんって○○県に住んでるのか」という発見があって、通過リストを眺めるのが楽しいです。

なお都道府県の公開には賛成ですが、年齢を公開する賞はいただけません。

M○Jとかなんで公表するんだよ!
甲子園じゃあるまいし何歳だっていいじゃないか!

以上、話が少しそれましたが、ノベルの2次発表は来週という話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

平安小説賞

こんにちは、らくだです。

毎回斬新なテーマが目立つコバルトの投稿企画。
次回のお題はズバリ「平安」に決まったようです。

詳しい応募要項はコチラ。

【平安小説賞】
http://cobalt.shueisha.co.jp/contents/heian_novel/

・応募締切 2018年7月8日(日)
・規定枚数 400字詰め原稿用紙換算で10〜50枚
・投稿方法 ウェブ投稿のみ受付(郵送での投稿不可)

ちなみに今回はテーマが2つ。
締切や規定枚数などはどちらも同じです。

(1)「平安」をテーマとした小説
⇒平安時代の物語はもちろん、現代が舞台でも「平安」があればOK

(2)「ジャパネスク」のキャラを使った二次創作
⇒氷室冴子先生の『なんて素敵にジャパネスク』のトリビュート作品

ちょ、待てよ!
ジャパネスクは確かに名作だけど、今の若い子は絶対に知らないだろ!

と思って調べたら、2012年にみらい文庫から再販されているので、若い世代の新たなファンもいるかもしれませんね。

以上、コバルトの投稿企画「平安小説賞」に関する紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

第6回アイリス少女小説大賞の結果

こんにちは、らくだです。

5月2日に第6回一迅社New-Generationアイリス少女小説大賞の最終結果が発表されました。

GW中はどのレーベルも更新がないだろうと思っていたのに、意外と発表があったりして、情報を追いかける身としては忙しいけれど充実した状況です。

何はともあれ以下リンク。
受賞された皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://www.ichijinsha.co.jp//special/iris/nga06/final/

編集部総評を読むと「決められたページ数の中で物語の魅力をどう伝えるか苦戦している作品が多かった」と書いてありました。

この評価ポイントは従来の公募ならではだなーと。
未完でも応募できるネット小説のコンテストとは違う部分です。

特にアイリス文庫の場合、なろうとコラボしたアイリスNEO大賞も開催しているので、従来の公募のNew-Generationでは「作品の魅力を規定ページ内でどう伝えるか」がより評価されるのかもしれません。

なお今回選出されたのは銅賞が2本ですが、投稿作がそのまま刊行されるのではなく、新作で出版を目指していくと総評に書いてありました。

受賞作品のあらすじも面白そうですが、新作がそれぞれどんな内容になるのか、発売されるのを楽しみに待ちたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

表紙の傾向

こんにちは、らくだです。
第66回コバルト・イラスト大賞の結果発表がありました。

普段コバルトは金曜日更新ですが、今週はゴールデンウィークなので、前倒しで本日発表された模様です。

【第66回コバルト・イラスト大賞】
http://cobalt.shueisha.co.jp/contents/illust_prize_66/

・大賞 なし
・入選 1点
・佳作 13点
・もう一歩の作品 26点

今回は募集期間が春休みだった影響か10代の応募が目立ったとか。
投稿者の具体的な年齢は公表されませんが意外と若い方が多いようです。

あと、イラストを見ている中でふと思ったんですが……。

男性向けラノベだと女性キャラ単体の表紙が多いですが、コバルト含め女性向けの場合、男女そろって表紙に描かれるケースが比較的多いような。

おそらくこの理由は「女性読者が恋愛小説を読む場合、相手男性のルックスだけじゃなく、2人の関係性に注目するから」ではないでしょうか。

もちろん例外もありますけどね。
ただ表紙の傾向は男性向けと女性向けで確かに違うと思います。

話がちょっと横にそれましたが、イラスト大賞の発表は毎回素敵な絵がたくさん見られますし、次の更新も楽しみに待ちたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする