2017年10月15日

第9回アイリス恋愛ファンタジー大賞

こんにちは、らくだです。
10月上旬までかなり暑かったのに、急に寒くなって戸惑いを隠せません。

小説投稿もまずは健康あってこそ。
風邪が流行り始める時期ですが、皆様充分にお気をつけください。

さてさて。
第9回一迅社文庫アイリス恋愛ファンタジー大賞の開催が決定しました。

この賞もう第9回なんですね……。
いやはや時が経つのは早いもので……。

何はともあれ応募要項はこちら。

【応募要項】
http://www.ichijinsha.co.jp/special/iris/renaif_award9/

・募集内容 女性向け恋愛ファンタジー小説
・応募締切 2018年1月19日(金)23:59
・規定字数 自由(完成・未完問わず)
・参加方法 なろうに作品を掲載し「アイリス恋愛F大賞9」のタグを設定
(※「F」と「9」は全角大文字なので注意!)

なおQ&Aを読むと、第1回〜第8回の落選作品も応募可能なので、諦めきれない場合は再チャレンジできる仕様となっています。

あと第10回は1月20日から受付予定だとか。

これだけ休みなく開催を続けるということは、主催側に手応えがあるという意味でしょうし、どんな作品が集まるのか期待したいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

コバルト短編の選評

こんにちは、らくだです。

10月も中旬だというのに、暑い日が続いています。
極端に寒すぎるのも困りますが、早く涼しくなって欲しいですね。

さてさて。
先週の金曜日に第190回コバルト短編の結果が発表されました。

以下リンク。
作品が掲載された皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://cobalt.shueisha.co.jp/write/newface-award/no190/

さっそく選評を読んできましたが、今回は最終経験のある常連さんが2名もいたようで、「以前の作品と比べて格段によくなっている」というコメントがありました。

これは作者にとって嬉しいんじゃないでしょうか。
書き手としての成長って一人では実感できませんからね。

なお自分は電撃の選評で、「去年も通過しており実力はある」と言われた経験があって、その時は本気で飛び上がるほど嬉しかったのを覚えています。

まあその数年後に「おままごとレベル」と言われましたが。
成長を実感するどころではなく、ステップダウンが半端ないです。

という残念なオチはさておき、コバルト短編の選評は毎回勉強になるので、未読の皆様は是非チェックしてみてください。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

第64回コバルトイラスト大賞

こんにちは、らくだです。

毎週金曜はウェブコバルトの更新日。
というわけで第64回イラスト大賞の発表がありました。

小説ではなくイラストの賞ですが、いつか自分がコバルトで受賞した時、お世話になる可能性もなくはないよね!

そんなわけでリンクを紹介。
作品が掲載された皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://cobalt.shueisha.co.jp/contents/illust_prize_64/

今回の講評は「デジタルとアナログ」に関する内容。

それによると最近はデジタル作品が大半ですが、ここ数回はアナログ作品の応募も増えており、独特の魅力が感じられる……という話題でした。

なお結論は、
「自分はどちらかしか描けない、と決めつけるのではなく、描きたいものに応じて表現方法を柔軟に使い分けてみるのもいいかもしれません」

絵と違って小説の場合はデジタルが主流だと思いますが、自分はこれだけと決めつけずに、色々な手法にチャレンジしてみるのはいいことですよね。

あと冒頭にも書いた通り、「自分の小説にこんな絵がついたらいいな〜」と思うと楽しいので、ワナビクラスタの皆様もご興味があれば発表をチェックしてみてください。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

ビーズログ小説大賞の情報

こんにちは、らくだです。
昨日話題にしたビーズログ小説大賞の応募要項が発表されました。

以下リンク。
えんため大賞から独立した、ビーズログ専用のサイトです。

【ビーズログ小説大賞】
http://bslogbunko.com/bslog_award/index.html

<投稿締切>
⇒2018年4月30日(月)
締切はリニューアル前と同じ。
今から準備すると約7か月ありますね。

<募集部門>
⇒2部門(ファンタジー部門、現代部門)
以前はビーズログ部門とアリス部門の違いが不明瞭でしたが、この変更で、送る側にとっては応募しやすくなったんじゃないでしょうか。
なお要項には「悩んだらどちらの部門でも受けつけます」という記載が。
この対応は親切!

<応募方法>
⇒3通り(郵送応募、ウェブ応募、カクヨムからの応募)
郵送とウェブは従来通りですが、カクヨム応募も始まるようです。
郵送応募の場合は80〜130枚ですが、カクヨム応募の規定字数は10万〜15万字なので、カウント方法の違いに注意しましょう。

というわけで応募要項の気になった部分を紹介しました。
より詳しい情報は上記リンク先の公式ページをご確認ください。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

ベタだって好きなんだもん小説賞

皆様こんにちは。
ウェブコバルトで新たなコンテストが始まりました。

今回はその名も「編集Hが独断と偏見で選ぶ『ベタだって好きなんだもん!』小説賞」という投稿企画。

詳細はリンク先をご確認ください。

【ベタだって好きなんだもん小説賞】
http://cobalt.shueisha.co.jp/contents/like_beta_novel/

・投稿締切 2017年10月29日(日)
・応募方法 リンク先よりウェブ応募
・参加資格 年齢・性別・プロアマ不問
・規定字数 10,000字以内(400字詰め原稿用紙換算で25枚以内)

ちなみに肝心の募集内容ですが、リンク先に、7行の舞台設定が載っています。

簡単に言うと、
・舞台は巨大隕石の衝突が近付いている近未来の地球
・他惑星への亡命計画が進むが宇宙船には定員がある
・片方だけが抽選に選ばれてしまった高校生カップルは……

このような設定を使って短編小説を書くコンテストです。

設定のスケールが壮大なので、短編にまとめるのは難しいと思いますが、おもしろそうな企画ですよね。

というわけで。
ご興味を持たれた皆様がいれば、是非チェックしてみてください。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする