2017年04月21日

アイリスの最終発表

こんにちは、らくだです。

つい先日2次発表のあった、「第5回New-Generationアイリス少女小説大賞」ですが、早くも最終結果が出ました。

今回選出されたのは銅賞が1本。
受賞された作者様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://www.ichijinsha.co.jp/special/iris/nga05/final/index.html

・1次通過 12本
・2次通過 8本
・受賞 1本

選評を読んだ限り、受賞作が直接出版されることはないようですが、担当編集者さんとこれから新作の刊行を目指していく模様です。

アイリスはNEOもあわせれば、毎月4冊くらいのペースで新刊が出ているので、いつになるのか楽しみですね。

なお全体の傾向としては、
・読み手が好む展開ではない
・作者が好きな題材に終始している印象が強い
・流行を取り入れ過ぎてオリジナリティを感じるのが難しい

こういった作品が多かったみたいです。

自分はアイリスに応募していませんが、上記の指摘は心当たりがありまくりなので、改めて気を付けたいなと思いました。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

コバルト短編の結果修正

こんにちは、らくだです。

近ごろ投稿以外の日常生活で色々あって、ブログの更新が遅れがちですが、少しずつ取り戻していきたいと思います。

さて本題。

少し前に第187回コバルト短編の結果発表がありましたが、もう一歩の作品リストに、間違って「第188回」の結果が掲載されてしまったそうです。

現在は修正が完了し正しいリストが載っている模様。

というわけで。
以前このブログでも紹介しましたが、改めて正しいリンクを載せておきます。

【発表ページ】
http://cobalt.shueisha.co.jp/write/newface-award/no187/

なお今回の件で間違っていたのは、もう一歩の作品リストだけで、入選作や選評は変わりありません。

いや、それにしても……。

こういう事件が発生するということはつまり、第187回の結果が発表される頃には、第188回の選考が済んでいるって意味ですよね。

まあその辺の詳しい事情は知る由もないですが、発表に飢えたハイエナワナビとしては、選考過程や行程は非常に気になってしまいます。

とにかく今回はコバルト短編の結果修正の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

アイリスの2次発表

こんにちは、らくだです。

ノベルの落選報告を書いた後、「励ましのメッセージ来てるかな?」と思って編集画面をチェックしたら、届いたコメントはこの一通。

**********
いつの間にか「常木らくせん」に改名されたのですね。名は体を表すと言いますが、確かにぴったりですね! 次に落ちたら「常にらくせん」に改名ですか?(本日は笑顔で煽りにきました)
**********

やめてー!
らくだのライフはもうゼロよー!

というわけで。
励ましどころか死体蹴りのコメントが届いたという。
(まあ「らくせん」ネタ持ち出したの自分ですけど……)

さてさて。
妙な前置きが長くなりましたが、アイリスの2次発表がありました。

1次通過は12本で、2次通過は8本です。
応募総数や通過率などは不明ですが、通った皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://www.ichijinsha.co.jp/iris/nga5_2/

このペースだと来月か再来月には最終発表がありそうですよね。
8本のうちどの作品が受賞するのか、サイトの更新を待ちたいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

まーた1次落ちかよ!

皆様こんにちは!
ノベル大賞1次落ちの常木らくせんです!

いや、泣いてはない、泣いてはないぞ……。

というわけでノベルの1次発表がありました。
応募総数は不明ですが1次通過の数は273本です。

【発表ページ】
http://orangebunko.shueisha.co.jp/novel-award/result

おい通過した奴ら!
お前らなんかこのまま受賞しちまいな!
(謎のツンデレ)

ちなみに通過リストは都道府県順。
同じ都道府県の中では五十音順になっているようです。

しかしアレですよね。
今回も複数通過の方が大勢いらっしゃるようで。

本当にもう、1人で3本や4本も通過している投稿者さんを見ると、「1本わけてくれませんかね(泣)」と思わずにいられません。

それから公式サイトにある通り、今後の予定は2次発表(5月)⇒3次発表(6月)⇒4次発表(7月)で、毎月順番に更新されていく模様。

自分は早くも戦線離脱しましたが、この中からどの作品が受賞するのか、経過を見守っていきたいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

三人称のメリット・デメリット

こんにちは、らくだです。

ウェブコバルトの人気連載、「小説を書くためのプチアドバイス」が、先週金曜に更新されました。

最近コバルトの話題ばかりですが、ともかくリンクを紹介しておきます。

【小説を書くためのプチアドバイス】
http://cobalt.shueisha.co.jp/write/column-miura-shiwon/001223/

今回のテーマは、三人称について。

三人称の基本事項から始まり、さらには「単一視点」と「多視点(神視点)」の違いについて、詳しい説明が載っています。

人称や視点は大事な問題ですが、執筆中は、そこまで意識しないですからね。
慣れてしまうと特にそうなるので、この機会に再確認するのもいいかと。

ちなみに自分の場合、一人称と三人称どちらが好きということもなく、今までに書いた作品数も確認したらちょうど半々でした。

ただし上位まで行けた作品はどれも三人称という……。
一人称だと作者の変人っぷりが滲み出るのかもしれません……。

とにかくコバルトは、投稿者を応援するような企画がたくさんあるので、何よりもそこが好き。

このプチアドバイスの連載企画も、今のところ2か月に1回程度の頻度で更新されているので、次回もまた紹介したいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする