2017年09月07日

フェアリーキス大賞の1次発表

こんにちは、らくだです。
なろうで開催されていた「フェアリーキス大賞」の1次発表がありました。

受付期間が2月28日〜6月28日という長さだったので、チェックするのを忘れていましたが、何はともあれ通過された皆様はおめでとうございます。

以下リンク。
1次の通過本数は32作品でした。

【発表ページ】
http://www.j-publishing.co.jp/news/7301/

通過タイトルをじっくり眺めると「悪役令嬢」「聖女」「魔女」「旦那様」「異世界」あたりが人気のキーワードですね。

中でも目立ったのは「悪役令嬢」。
なろうで女性向けと言えば、やはり今は、これが覇権なのでしょうか。

なお選考過程は、
「1次 ⇒ 2次 ⇒ 読者投票 ⇒ 最終発表」
(ソースは応募要項

という流れになっており、2次は10月発表予定です。

その後の読者投票については、小説家になろうのポイントではなく、フェアリーキスのウェブサイトで実施される模様。

というわけで。
どの作品が選ばれるのか、楽しみに待ちたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

ネコ小説賞の追加発表

こんにちは、らくだです。

8月の賞に投稿された皆様はお疲れ様でした。
9月もたくさん締切があるので、参加予定の方々はファイトです。

さてさて。
今回もコバルトに関する話題を。

前に結果発表があったネコ小説賞ですが、予告通り、昨日サイトが更新され情報が増えました。

先週の段階では大賞1本の掲載でしたが、新たに審査員特別賞3本が公開されて、さらに「もう一歩の作品」にもコメントがついています。

【発表ページ】
http://cobalt.shueisha.co.jp/contents/cat_novel_result/

掲載された皆様はおめでとうございます!

そして話は変わりますが。
月頭恒例のパブー版を配信しました。

ブログ本体ともども、よろしくお願いします。

【らくだ図書館(68)】
http://p.booklog.jp/book/116952

近ごろ徐々に涼しくなって、過ごしやすい感じですよね。
秋は創作の季節ということで、今月も頑張っていきましょう。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

ネコ小説賞の結果

こんにちは、らくだです。

ウェブコバルトで開催されていた、「ネコ小説賞」の最終結果が、公式サイトにアップされました。

今回の応募総数は47本。
その中から1本が大賞を射止めた模様です。

受賞者様はおめでとうございます!

【発表ページ】
http://cobalt.shueisha.co.jp/contents/cat_novel_result/

なお自分は、イヌ派かネコ派か聞かれた場合、「カメ派です(真顔)」と答えるようにしています。

カメはいいぞ……。
ずっと世話してると懐いてくれるぞ……。

まあ育ったのがアパートだったせいで、イヌもネコも飼えなかったのが理由なんですが、あのモフモフ感はカメにはない大きな魅力ですよね。

ちなみに今回のネコ小説賞ですが、大賞の他にも審査員特別賞を2本選出して、さらには「もう1歩の作品」にもコメントが貰えるとか。

そちらの更新は来週末らしいので、公式サイトに掲載されたら、また追って紹介したいと思います。

以上、ネコ小説賞の発表の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

編集(て)の夏の三題噺大賞!

こんにちは、らくだです。

様々な投稿企画を実施しているコバルトに、今週また新しいコンテストが登場しました。

以下リンク。
今回も一風変わった企画となっています。

【編集(て)の夏の三題噺大賞!】
http://cobalt.shueisha.co.jp/contents/sandaibanashi/

・募集内容 以下3つのキーワードを使ったショートストーリー
・キーワード 「バカンス」「コップ」「絶体絶命」
・応募方法 上記サイトからウェブ投稿
・最終締切 2017年8月31日(木)
・規定字数 750字〜800字
・賞 図書カード5,000円

三題噺(さんだいばなし)とは、無関係な3つのキーワードを使って小説を書くというもので、新人漫画家さんのネーム練習などにも使われているそうです。

ちなみに集英社の入社試験でもよく出題されるとか。
入社試験で小説を書かされるとは、さすが出版社という感じですよね。

それから応募のヒントとして、『選者は「バカバカしいもの」と「一発ギャグ」が大好きです』と書いてあるので、笑える話が良さそうな印象です。

規定字数も割と短めで、それこそ長編のあらすじ程度の文字数なので、皆様是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

食べ物のキモチ小説賞

こんにちは、らくだです。

様々なコンテストを実施しているコバルトが、このたび新たな投稿企画を開催する模様です。

今回はなんとお料理研究家、平野レミさんとのコラボ企画。
一風変わったコンテストですが、詳細は公式サイトをご覧ください。

【食べ物のキモチ小説賞】
http://cobalt.shueisha.co.jp/contents/food_feeling/

・募集内容 食材や料理を主人公にした小説
・規定字数 1,000字〜3,000字
・応募方法 Web投稿のみ受付
・参加締切 9月18日(月)

応募要項を読んだところ、ただ単に料理が出てくる小説ではなく、「食べ物そのもの」が主人公の小説を募集するみたいです。

<サイトに掲載されている例>
・吾輩は、じゃがいもである。
・わたしとわたし、双子のさくらんぼ。

また受賞者への賞品も、フライパンやエプロンなど、実用的な品物ぞろい。
通常の小説賞とは一線を画する、斬新なコンテストとなっています。

というわけで。

お料理大好き&食べるの大好きな皆様は、いつもの投稿とは一味違った気分で、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする