2018年04月04日

IT社長イケガミコフの脚本賞

こんにちは、らくだです。

ウェブコバルトで投稿企画「IT社長イケガミコフの脚本賞」という賞がスタートしました。

詳細は公式サイトをご覧ください。

【IT社長イケガミコフの脚本賞】
http://cobalt.shueisha.co.jp/contents/ikegamikohu_scenario/

・募集内容 「告白」をテーマにしたミニドラマの脚本
・規定枚数 400字詰め原稿用紙換算で3〜5枚
・入賞特典 5,000円分の図書カード
・応募締切 2018年5月6日(日)

タイトルを見てIT関係の賞かと思いましたが、募集するのは「告白」がテーマの脚本で、作品ジャンルや告白の内容については不問です。

ということは恋愛以外でも書けそうですね。
罪や秘密の告白など世の中には色々な告白がありますし。

ただし規定枚数がやや少なめなので、その中でどう展開してどうオチをつけるのか、作者の力量が問われそうな感じです。

それにしても、コバルトの投稿企画は外部とのコラボも多く、前には平野レミさんの食べ物小説コンテストもありました。

それ以外にも斬新な企画が多いですし、今後どんなコンテストが登場するのか、引き続き様子を見守りたいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

第2回フェアリーキス大賞

こんにちは、らくだです。

以前小説家になろうで開催された、Jパブリッシングが主催の「フェアリーキス大賞」ですが、3月15日から第2回が始まりました。

詳細は公式サイトをご覧ください。

【第2回フェアリーキス大賞】
http://www.j-publishing.co.jp/fairykissaward2/

・募集内容 異世界を舞台にした女性向け恋愛小説
・応募条件 R15までの作品(完結・未完は問わない)
・規定字数 応募要項に記載がないのでおそらく自由?
・開催期間 2018年3月15日(金)〜2018年7月15日(日)
・選考段階 1次選考 → 2次選考 → 読者投票 → 最終結果発表
・応募方法 なろうに小説を載せ『フェアリーキス大賞2』のキーワードを設定
・受賞賞金 大賞30万円、金賞10万円、銀賞5万円

なお注意事項の欄には、
「前回応募された作品であっても構いません。再チャレンジも可能です」

と書いてあります。
再投稿を禁止する賞が多い中、この規定は正直珍しいですね。

あとこのレーベルの場合、コンセプトが明確(女性向け・異世界・恋愛小説)なので、変にカテエラを心配する必要がなく応募しやすいかと思います。

そんなわけで、該当する作品を書かれる皆様は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

ビーンズ大賞ジュニア部門の結果

こんにちは、らくだです。

ビーンズ小説大賞ジュニア部門の結果発表がありました。
今回は応募数50本の中から3本の作品が選ばれた模様です。

以下リンク。
受賞者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
https://beans.kadokawa.co.jp/award/17th-award/entry-1286.html

またグランプリ作品『奇跡の歌声』が公開されています。
発表ページからも辿り着けますが念のため直接のリンクを。

【『奇跡の歌声』】
https://beans.kadokawa.co.jp/award/17th-award/entry-1287.html

ちなみに今回の賞は、ジュニア部門という名前の通り、18歳以下のみ応募可能という制約がありました。

その中で50本も応募があったのは正直多いと思います。
参考までに書いておくと年齢制限のない直近のビーンズは363本でした。

理由は色々考えられますが、今は中学生や高校生でもスマホを持っている場合が多いですし、文章をネットに載せるのに抵抗がない子が増えているのかもしれませんね。

なおジュニア部門は今後も開催されるようなので、応募要項が発表されたら紹介したいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

コバルト短編の最優秀賞

こんにちは、らくだです。

コバルト短編小説新人賞の2016年度(2016年6月〜2017年4月)年間最優秀賞が発表されました。

みごと最優秀賞に輝いた1作品と、最終選考に残った6作品が、下記ページで紹介されています。

【発表ページ】
http://cobalt.shueisha.co.jp/write/newface-award-2016/

【選評】
http://cobalt.shueisha.co.jp/write/newface-award-2016-comment/

コバルトの選評は辛口な印象がありますが、今回は全体的に改善点よりも各作品のいい部分がクローズアップされている感じで、なごやかな選評になっていると思います。

別に辛口が悪いわけじゃないですよ!
良薬口に苦しっていう言葉もありますし!

しかし自分は豆腐メンタルで、辛口すぎるコメントには耐えられないので、コバルトの選評と向き合うには相当な勇気が……(目そらし)

それはともかく、受賞作の他に受賞記念作(別作品)も載っているので、少女系の投稿者さんはチェックしてみてはいかがでしょうか。

なおコバルトの投稿企画といえば、先日紹介した「妄想バブル小説賞」が個人的に気になっているので、ネタを考えてみようと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

妄想バブル小説賞

こんにちは、らくだです。

ウェブコバルトで新しい投稿企画が始まりました。
毎回変わったコンテストが多いですが今回も相当な変化球です。

【編集(て)の妄想バブル小説賞】
http://cobalt.shueisha.co.jp/contents/bubble_novel/

バブル小説のコンテスト!
そのころ生きてたワイ圧倒的に有利!

と思いつつ応募要項を見たら「ネットの知識や親世代から聞いた話もOK」とか書いてあって完全に草。

そうよね……。
当時の若者はもう親になってるのよね……。

それはさておき概要はこんな感じ。
おふざけ企画(誉め言葉)のせいか締切はエイプリルフールです。

・募集内容 「あなたの考える最強のバブル時代」をテーマにした小説
・規定枚数 400字詰め原稿用紙換算で3〜30枚
・受賞特典 5,000円分の図書カード
・応募締切 2018年4月1日(日)

バブルといえば今から約30年前ですが、近ごろ再ブームになっている感じもありますし、実際に経験した方もそうでない方も挑戦してみてはいかがでしょうか。

以上、「編集(て)の妄想バブル小説賞」の紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする