2017年02月17日

HJの2次結果

こんにちは、らくだです。
近ごろ創作活動以外のことで忙しく、春の賞には応募できなさそうです。

こんな自分をワナビと言っていいか疑問ですが、投稿ブログだけでも、このまま可能な限り続けていきたいと思います。

さて本題。
昨日HJ文庫大賞の2次発表がありました。

通過された皆様はおめでとうございます!

【発表ページ】
https://hobbyjapan.co.jp/hjbunko/novelawards/

・応募総数 547作品
・1次通過 121作品(約22%)
・2次通過 42作品(約7.7%)

しばらく前にここで紹介しましたが、今回は3次選考が実施される模様。
発表は3月中旬予定ですが、今から更新が楽しみです。

そして気になる評価シートですが、発送が少々遅れているようです。
続報はブログで告知とのことなので、情報の更新を気長に待ちましょう。

それにしても、先日のGAといい今回のHJといい、近ごろ秋に締切のあった賞の発表ラッシュですね。

おそらく春には受賞作品が出揃うと思うので、各賞の様子を、引き続き小まめにチェックしていきたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

目立つペンネーム

こんにちは、らくだです。
GA文庫大賞(後期)の1次発表がありました。

過去にはバレンタイン発表だった年もあり、モテないワナビを阿鼻叫喚に陥れたGA文庫ですが、今年は2月15日発表でセーフ(?)でした。

【発表ページ】
http://ga.sbcr.jp/novel/taisyo/09/index.html

・応募総数 666本
・1次通過 191本
・通過率 約29%

GAさんのように通過リストが五十音順だと、落選して名前がなかった時、すぐにわかってしまうのが悲しいですよね。

いやまあ……。
上から下まで丁寧に探した結果、名前がないのも悲しいですが……。
(結論:発表方法に関わらず落選は悲しい)

あと今回の発表で目を引いたのは、2ちゃんのスレタイのようなペンネームの方がいて、しかも3作も通過していること。

複数通過自体は珍しくないですが、これは否が応でも物凄く目立ちます。
是非デビューされて刊行する際にも、このペンネームで通して欲しいです。

以上、今回はGAの1次発表の話題でした。

今回も知り合いの投稿者さんが通過しているので、2次結果の更新を楽しみに待ちたいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

ラノチャレの2次発表

こんにちは、らくだです。

講談社ラノベチャレンジカップの2次発表がありました。
1次の記事を書き忘れていたので、通過数をまとめて載せておきます。

【発表ページ】
http://lanove.kodansha.co.jp/award/challengecup/6/

・応募総数 403本
・1次通過 76本(約19%)
・2次通過 16本(約4%)

応募数が400本以上ということは、同じレーベル運営のラノベ文庫新人賞よりも、ちょっと多かったわけですね。

ひょっとすると上限がないせいでしょうか。
枚数無制限はラノベの賞ではかなり珍しい存在ですし。

ちなみにラノチャレは2次通過以上で担当編集者がつくので、今回通過された皆様にも連絡が行っていることと思います。

キーッ!
担当編集とか羨ましいっ!
(ハンカチを嚙みしめつつ)

というわけで、(応募していないのに)ジェラシーを感じますが、自分もその立場になれるように精進したいところです。

以上、講談社ラノベチャレンジカップの話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

オーバーラップ第3ターン

こんにちは、らくだです。

11月30日が締切だった、オーバーラップ文庫大賞の第3ターンですが、1次発表がありました。

通過者の皆様はおめでとうございます!

【発表ページ】
https://over-lap.co.jp/bunko/award/2016/announcement.aspx

・応募総数 102本
・1次通過 14本
・通過率 約13.7%

ちなみに今年度の応募数は、
・第1ターン(5月締切) 137本
・第2ターン(8月締切) 238本
・第3ターン(11月締切) 102本

というわけで。
今回は前回と比較すると、半分以下だった模様です。

うーん……。
11月はHJやGAもありますからね……。

もちろん「応募者が少ない=受賞が簡単」というわけではないですし、一概にいいとか悪いとか言えませんが、レーベル全体の活性化の為にもある程度の応募数は欲しいですよね。

せっかく今回から4期制に戻ったわけですし、2月の第4ターンに期待したいところです。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

ファンタジアの入選作

こんにちは、らくだです。
前の記事に書いた通り、2017年最初の発表は、残念ながら落選でした。

いやー!
おみくじ凶はダテじゃないね!
(たぶん関係ない)
(落ちたのは実力のせい)

まあ今さら焦っても仕方ないですからね。
しっかり腰を据えてマイペースでやっていきます。

さてさて。
富士見ファンタジア大賞(前期分)の入選作が発表されました。

以下リンク。
選ばれた作者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
https://www.fantasiataisho.com/contest/30th_first.php

・応募総数 602本
・1次通過 122本(約20%)
・2次通過 38本(約6%)
・3次通過 11本(約1.8%)
・入選 5本(約0.8%)

編集コメントにも書いてありますが、今回は近未来・異世界モノ・学園ラブコメ等々、タイプの違う作品が揃ったようです。

この5つの作品に後期分の入選作が加わって、そこから受賞作が選ばれるわけですが、どの話が受賞するのか楽しみに待ちたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする