2020年11月10日

電撃大賞の最終発表

皆様ごきげんよう。

本日電撃大賞の最終発表があったわ。
まだ見てないなら以下のページをチェックしなさい。

べっ、別に受賞者が羨ましいなんて思ってないからねっ!?

【発表ページ】
http://dengekitaisho.jp/announce_27_05.html

<応募数>
・全体 4,355本(長編3,183本、短編1,172本)
・1次通過 436本(長編373本、短編63本)
・2次通過 198本(長編177本、短編21本)
・3次通過 73本(長編67本、短編6本)
・4次通過 10本(長編10本、短編0本)
・受賞 7本(大賞1本、金賞1本、銀賞2本、MW賞2本、奨励賞1本)

というわけで受賞された皆様はおめでとうございます。
短編の受賞こそなかったものの大賞・金賞・銀賞すべて出揃って豊作でした。

あらすじを見るとどの受賞作も面白そうですが、小説の場合は実際に読んでみるまで作者の作風がわからないので、そういう意味でも刊行されて書店に並ぶ日が楽しみです。

なお告知によると、選評の発送時期は11月末頃らしいので、1次通過された皆様はそちらの方も楽しみですね。

以上、電撃大賞の最終発表の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月09日

電撃の4次通過発表

こんにちは、らくだです。

電撃の4次発表がありました。
通過された皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://dengekitaisho.jp/announce_27_04.html

<応募数>
・全体 4,355本(長編3,183本、短編1,172本)
・1次通過 436本(長編373本、短編63本)
・2次通過 198本(長編177本、短編21本)
・3次通過 73本(長編67本、短編6本)
・4次通過 10本(長編10本、短編0本)

ちょっと待って、短編の通過数……。

4月にマガジン休刊の告知が出た時、マガジン賞の審査は例年通り行うと書いてあったので、決して短編を取る意思がないわけではないと思いますが、4次通過に足る作品が集まらなかったということでしょうか?(汗)

なお通過率はこんな感じです。

<通過率>
・1次通過 10%(長編12%、短編5%)
・2次通過 5%(長編6%、短編2%)
・3次通過 2%(長編2%、短編0.5%)
・4次通過 0.2%(長編0.2%、短編0%)

最終発表は11月10日だそうなので楽しみに待ちたいですね。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月10日

電撃の2次発表&3次発表

こんにちは、らくだです。

事前の予告通り電撃大賞の2次発表がありました。
小説部門については3次結果も一緒に発表されています。

以下リンク。
通過された皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://dengekitaisho.jp/announce_27_03.html

<応募数>
・全体 4,355本(長編3,183本、短編1,172本)
・1次通過 436本(長編373本、短編63本)
・2次通過 198本(長編177本、短編21本)
・3次通過 73本(長編67本、短編6本)

以下に通過率の情報も載せておきます。
こうして数字にすると短編の厳しさが垣間見えますね。

<通過率>
・1次通過 10%(長編12%、短編5%)
・2次通過 5%(長編6%、短編2%)
・3次通過 2%(長編2%、短編0.5%)

なお4次の結果は10月9日(金)発表という告知が出ました。
今回の2次同様、電撃にしては珍しく日付が明言されています。

というわけで、次回は10月9日に4次発表の記事を書きたいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月28日

ファミ通文庫大賞の中間発表

こんにちは、らくだです。
第2回ファミ通文庫大賞の中間発表がありました。

以下リンク。
通過者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
https://kakuyomu.jp/contests/famitsu_2020

・応募総数 3,134本
・中間通過 312本(約10%)

ファミ通文庫大賞といえば、去年までは1次〜3次まで選考があったはずですが、今年は中間選考を1回に絞ったらしく来月が最終発表と書いてあります。

なお前回の情報は以下の通り。
応募数も通過数も大幅に増えたことがわかります。

・応募総数 2,391本
・1次通過 158本(約7%)
・2次通過 31本(約1%)
・3次通過 12本(約0.5%)
・受賞作品 4本(約0.2%)

カクヨムに移行した影響で着実に応募数が増えてますし、通過リストを見た印象では、応募作のジャンルも多様になったように感じられます。

ファミ通はもともと受け皿が広い印象でしたが、これをキッカケに、さらに幅広い作品が刊行されると嬉しいですね。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月07日

電撃の1次発表がありました

こんにちは、らくだです。

電撃大賞の1次発表がありました。
先週書いた日付予想が外れなくて良かったです。

私自身は色々あって電撃への応募をやめましたが、この賞の発表はやはり規模が大きい分盛り上がるし、知っている方のお名前を見つけると何だか嬉しくなりますよね。

【発表ページ】
http://dengekitaisho.jp/announce_27_02.html

・応募総数 4,355本(長編3,183本、短編1,172本)
・1次通過 436本(長編373本、短編63本)
・通過率 10%(長編12%、短編5%)

通過率は「通過数÷応募数(小数点以下は四捨五入)」で計算しました。

全体が10%なのは例年通りですが長編と短編で明らかに差があります。
ひょっとするとマガジン賞が廃止された影響もあるのかもしれません。

それから2次発表ですが、普段日付を明言しない電撃にしては珍しく、9月10日(木)に発表するという明確な告知が出ています。

今か今かと発表を待つのも醍醐味ですが、その状態が続くと心身に多大な負担がかかるので、日付が判明したのは通過者の皆様にとって有り難いことではないでしょうか。

というわけで、次回は9月10日に2次発表の記事を書きたいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする