2020年09月10日

電撃の2次発表&3次発表

こんにちは、らくだです。

事前の予告通り電撃大賞の2次発表がありました。
小説部門については3次結果も一緒に発表されています。

以下リンク。
通過された皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://dengekitaisho.jp/announce_27_03.html

<応募数>
・全体 4,355本(長編3,183本、短編1,172本)
・1次通過 436本(長編373本、短編63本)
・2次通過 198本(長編177本、短編21本)
・3次通過 73本(長編67本、短編6本)

以下に通過率の情報も載せておきます。
こうして数字にすると短編の厳しさが垣間見えますね。

<通過率>
・1次通過 10%(長編12%、短編5%)
・2次通過 5%(長編6%、短編2%)
・3次通過 2%(長編2%、短編0.5%)

なお4次の結果は10月9日(金)発表という告知が出ました。
今回の2次同様、電撃にしては珍しく日付が明言されています。

というわけで、次回は10月9日に4次発表の記事を書きたいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月28日

ファミ通文庫大賞の中間発表

こんにちは、らくだです。
第2回ファミ通文庫大賞の中間発表がありました。

以下リンク。
通過者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
https://kakuyomu.jp/contests/famitsu_2020

・応募総数 3,134本
・中間通過 312本(約10%)

ファミ通文庫大賞といえば、去年までは1次〜3次まで選考があったはずですが、今年は中間選考を1回に絞ったらしく来月が最終発表と書いてあります。

なお前回の情報は以下の通り。
応募数も通過数も大幅に増えたことがわかります。

・応募総数 2,391本
・1次通過 158本(約7%)
・2次通過 31本(約1%)
・3次通過 12本(約0.5%)
・受賞作品 4本(約0.2%)

カクヨムに移行した影響で着実に応募数が増えてますし、通過リストを見た印象では、応募作のジャンルも多様になったように感じられます。

ファミ通はもともと受け皿が広い印象でしたが、これをキッカケに、さらに幅広い作品が刊行されると嬉しいですね。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月07日

電撃の1次発表がありました

こんにちは、らくだです。

電撃大賞の1次発表がありました。
先週書いた日付予想が外れなくて良かったです。

私自身は色々あって電撃への応募をやめましたが、この賞の発表はやはり規模が大きい分盛り上がるし、知っている方のお名前を見つけると何だか嬉しくなりますよね。

【発表ページ】
http://dengekitaisho.jp/announce_27_02.html

・応募総数 4,355本(長編3,183本、短編1,172本)
・1次通過 436本(長編373本、短編63本)
・通過率 10%(長編12%、短編5%)

通過率は「通過数÷応募数(小数点以下は四捨五入)」で計算しました。

全体が10%なのは例年通りですが長編と短編で明らかに差があります。
ひょっとするとマガジン賞が廃止された影響もあるのかもしれません。

それから2次発表ですが、普段日付を明言しない電撃にしては珍しく、9月10日(木)に発表するという明確な告知が出ています。

今か今かと発表を待つのも醍醐味ですが、その状態が続くと心身に多大な負担がかかるので、日付が判明したのは通過者の皆様にとって有り難いことではないでしょうか。

というわけで、次回は9月10日に2次発表の記事を書きたいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月03日

下剋上システム

こんにちは、らくだです。

最近スニーカーの情報をチェックしていなかったので、カクヨムブログの紹介でやっと気付きましたが、スニーカー大賞が大幅リニューアルしたようです。

【第27回スニーカー大賞】
https://sneakerbunko.jp/award/

色々な変化がありますが一番気になった情報はこれ。

<「下剋上システム」の導入>
三次選考の落選者を対象に、読者投票による敗者復活戦「下剋上システム」を導入します。読者から最も支持を受けた作品は最終選考に進むことができます。※応募時に「下剋上システム」の利用を希望する作品応募者のみに対応。

自分はそもそも3次まで行かないので関係ありませんが、普通に読者投票システムとは書かず、あえて下剋上という単語を使ってくる中二っぽさ好き。

あと利用を希望するかどうか応募者が選べる点もポイントじゃないかと。

チャンスが増えるので普通なら希望した方がいいと思いますが、「俺は敗者復活戦には出ねえ、自力で天下獲ってやらぁ!」というワナビ武将は、あえて利用しない選択もできるのが中二的に熱いと思います。

あと、下剋上といえば、柿原徹也さんの『リターン乱世独眼竜』という下剋上ソングが最高に格好いいので皆さん是非聴いてください(ダイマ)

下剋上という単語は夢があっていいですよね。
戦国で言うと自分は冴えないワナビ百姓ですが下剋上を夢見て頑張ります。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月01日

電撃の1次発表はいつなのか

皆様こんにちは。
早いもので今日から8月です。

8月といえば電撃の1次発表が控えています。
普段なら7月ですが今年はコロナの影響で1か月延期されました。

【告知ページ】
http://dengekitaisho.jp/announce_27_01.html

やはり発表日の本命は8月7日じゃないでしょうか。
というかむしろ8月7日以外に候補が存在しないレベル。

・電撃の発表は基本的に10日
・しかし今年の8月10日は祝日
・後ろ倒しにするとお盆休みにかぶる
・前倒しで8月7日が最有力

ただし延期自体がイレギュラーなので、10日にこだわらない可能性もあり、そうなると結局のところドキドキして待つしかないですね。

それにしても、今年は電撃の発表に限らず、様々なイベントが延期や中止になっています。

そういえば春もお花見してないし、夏も夏で花火大会や夏祭りが中止だし、今のところ2020年の思い出といえば仕事の記憶しかないという……(汗)

逆に言うと、今まで何気なく迎えていた季節のイベントは、私たちの一年に素敵な彩りを添えてくれていたんだな〜と実感します。

今年は秋以降もこういう状況が続きそうな気配ですが、いつか騒動が収束した暁には、これまで以上に季節のイベントを大切にしたいですね。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする