2018年05月05日

第10回GA文庫大賞の結果

こんにちは、らくだです。

4月30日に第10回GA文庫大賞の最終発表がありました。
前期と後期を合わせた通期の受賞作が選評付きで紹介されています。

以下リンク。
受賞された皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://ga.sbcr.jp/novel/taisyo/10/index.html

今回1,204本の中から選出されたのは優秀賞2本と奨励賞3本。
5本ともブラッシュアップした上で刊行されるようなので楽しみです。

それから話は少し変わりますが、久し振りにGAの応募要項を見ていたら、選評の配信時期が載っていました。

昔はなかった情報ですよね?
せっかくなので掲載しておきます。

<前期>
1次落選⇒9月15日、2次落選⇒9月末、3次〜最終⇒10月15日

<後期>
1次落選⇒3月15日、2次落選⇒3月末、3次〜最終⇒4月15日

結果発表が気になるのは投稿者として当然ですが、選評が来る時期もそれと同じくらい緊張するので、目安がわかるのは非常にありがたいと思います。

以上、GAの最終発表&選評の配信時期の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

ゲーム小説コンテストの選評公開

こんにちは、らくだです。

えんため大賞の新設部門「Gzブレインゲーム小説コンテスト部門」の選評が公開されました。

結果自体は1か月ほど前に出てますが、おさらい(?)の意味もこめて、応募数などを改めて掲載しておきます。

【発表ページ】
http://www.enterbrain.co.jp/entertainment/awards/20gn.html

・応募総数 251本
・1次通過 27本(約11%)
・最終候補 8本(約3%)
・受賞作品 6本(約2%)

さっそく選評を見てきましたが、さすがにゲーム小説のコンテストだけあって、評価のポイントは「ゲーム愛を感じるかどうか」だった模様です。

ゲームっていいですよね。
何度も言いますが自分はゲーム大好きです。

小説は基本的に読むことしかできませんが、ゲームは自分の行動で結果が変わるので、その世界にどっぷり浸れて楽しいというか。
(もちろん小説も好きですよ!)

ちなみにこの賞は新設の部門なので、次回の募集があるかどうか現段階では不明ですが、個人的には是非とも続いて欲しいです。

以上、ゲーム小説コンテストの選評公開の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

MFのクロスレビュー

こんにちは、らくだです。
第14回MF文庫J新人賞(12月締切分)の結果発表がありました。

以下リンク。
受賞者の方はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://www.mediafactory.co.jp/bunkoj/award/result/#third

・応募総数 532本
・1次通過 167本(約31%)
・2次通過 27本(約5%)
・3次通過 2本(約0.4%)
・佳作 1本(約0.2%)

受賞作の詳しい内容はわかりませんが、クロスレビューを読んだ感じ、「日常系のラブコメかな?」という印象。

【クロスレビュー】
http://www.mediafactory.co.jp/bunkoj/award/result/images/MFJ_crossreview_14-3.jpg

最近は異世界ファンタジーが多いですが、そればっかりでも飽きますし、日常系の受賞作はもっと増えて欲しいです。

まあ本当は、「増えて欲しい」とかいう他力本願じゃなく、自分で書いて自分で受賞できればいいんですけど……(遠い目)

以上、MFのクロスレビューの紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

HJネット小説大賞2018

こんにちは、らくだです。

HJネット小説大賞が今年も開催されるようです。
詳しい応募方法などは公式サイトをご確認ください。

【HJネット小説大賞2018】
http://hobbyjapan.co.jp/hjbunko/novelawards/netaward02.html

・応募締切 2018年6月30日(土)
・規定字数 10万字以上(完結・未完問わず)
・選考過程 1次選考 ⇒ 2次選考 ⇒ 最終選考
・参加方法 小説家になろうへ作品を投稿しキーワードを設定
・大賞特典 賞金50万円&HJで書籍化確約&3巻まで続刊確約

この賞の珍しい点は3巻まで続刊確約という部分。
自分の作品をシリーズ化したい作者にとっては嬉しいですね。

それからもう1つ、
「他の公募企画・コンテストとの重複応募も可能です」
「ただし応募時点から当社の出版優先権を主張することを認めていただき、大賞にて受賞が決定した際は、応募中の他の公募企画・コンテストからはご辞退いただけるよう、お願いいたします」

と書いてありますが、これも珍しい規定かと。

新人賞では基本的に禁止のケースが大半ですが、重複応募OKという姿勢は、ネット小説の賞ならではだなという気がします。

以上、HJネット小説大賞の紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

富士見ファンタジアの1次発表

こんにちは、らくだです。
第31回ファンタジア大賞(後期)の1次発表がありました。

以下リンク。
通過者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
https://www.fantasiataisho.com/contest/fantasia31th.php

・応募総数 509本
・1次通過 105本
・通過率 約21%

題名が気になったのは『ドラゴン肛門』という作品でしょうか。
どんな内容か想像できませんが痔の経験者としては見過ごせません。

それにしても、以前は複数通過すればそれだけで目立ったのに、最近はそういう状況が当たり前になってきた感じもしますよね。

2作以上投稿するだけでも大変なのに、さらにその作品が通過するというのは、最近活動できていない自分には羨ましい限り。

とにかく複数通過が珍しくない現在の投稿界は、昔と比べて、投稿者のレベルが上がっているのかなと思います。

話が少しそれましたが、2次発表は5月下旬だとか。

富士見はメンテの告知があるので、発表日が事前にわかる親切な賞ですが、情報が更新されたらまた紹介したいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする