2017年04月25日

ワナビという言葉

こんにちは、らくだです。
第4回オーバーラップ大賞(2月締切)の1次発表がありました。

【発表ページはこちら】
(応募総数 189本、1次通過 28本、通過率 約15%)

通過者の皆様おめでとう!
1次落ちだった自分ドンマイ!

そうです。
実はこっそり激烈ワナビ戦を送っていました。

なお選評のコメントは、
「ワナビという言葉は印象が悪い」
「マイナスイメージなので使わない方がいい」

うーん……。
やっぱりそうかあ……。

自分自身はワナビという単語を、「夢に向かって頑張っている人達」という風に捉えているので、悪いイメージはないんですけど。

ただ一般的にはマイナスイメージが強い言葉ですし、それは自分もわかっているので、やはり使わない方が無難だったかなと思いました。

とはいえ後悔はありませんけどね!

無難なことばかりしていても仕方ないですし、どれだけ否定されて落ち込もうが、これからも自分の個性を全力でぶつけたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

スニーカーの3次発表

こんにちは、らくだです。

ここ最近ブログの更新が途絶えてましたが、ようやく余裕ができたので、遅れ分をまとめてアップしている次第です。

正直やめたくなる時も結構ありますが、「文章を書いて人に読んでもらうこと」が自分の一番の喜びなので、そう考えるとやめられないっていう。

まあ自分も幸せで、読者の皆様にも楽しんでもらえるなら、Win-Winですよね。

さて本題。
第22回スニーカー大賞(秋締切)の3次発表がありました。

3次を突破したのは8作品。
通過者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://sneakerbunko.jp/award/index.php

2次通過していた『涼宮ハルヒになりたかった女の子の話』がないのは残念。

話の内容自体も非常に気になりますが、どのくらい既存作を取り入れて平気なのか、そういう意味でも読みたかった作品です。

なお最終発表は来月の模様。
おそらく25日だと思いますが、第22回の受賞作が決まります。

その前に春の締切(5月1日)もあるので、今はちょうど追い込みの時期だと思いますが、投稿される予定の皆様は頑張ってください。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

女性主人公

こんにちは、らくだです。
第6回集英社ライトノベル新人賞の結果が発表されました。

いやはや。
近ごろ最終発表ラッシュですね。

【発表ページ】
http://dash.shueisha.co.jp/award/dx6thAward/award.html

・応募総数 508本
・1次通過 124本(約24%)
・2次通過 24本(約5%)
・3次通過 8本(約2%)
・4次通過 2本(約0.4%)
・受賞 1本(約0.2%)

あれ?
受賞者さんの年齢、なんか変じゃない?

1988年生まれで34歳って計算合わないような気が。
ひょっとすると1983年の誤植でしょうか。

あとあらすじを読んだところ、今回の受賞作は女性が主人公。

かつての受賞作には『銀盤カレイドスコープ』がありますが、あれも女の子が主役だったし、集英社ラノベは女性主人公をあまり敬遠しない感じですよね。

まあそれは受賞レベルに面白いことが前提であって、1次落ちの自分はもっと根本的な部分が問題だと思うので、次こそは通過できるようにレベルアップしたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

ケレン味溢れる設定

こんにちは、らくだです。
第13回MF文庫Jライトノベル新人賞、第3期の最終結果が発表されました。

今回選出されたのは佳作が2本。
入選された皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://bc.mediafactory.jp/bunkoj/award/result/#sedond

・応募総数 452本
・1次通過 182本(約40%)
・2次通過 30本(約7%)
・3次通過 3本(約0.7%)
・受賞 2本(約0.4%)

というわけで。
1次選考の通過率はやや高めでしたが、2次以降は非常に激戦だった様子です。

ところで選評を読んだのですが、その中に「ケレン味溢れる設定」という言葉があって、何のこっちゃ? となりました。

で、調べてわかったんですが、ケレン味って「外連味」のことなんですね。
実際は漢字の方がむしろ当て字で、カタカナで書くのが一般的だとか。

そうとは知らなかったよ……。
ていうか何故か「ヘレン・ケラー味」を想像したし……。

とにかくまあそんなわけで(?)、選評の内容自体はもちろんですが、言葉の上でも一つ賢くなりました。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

富士見ファンタジア1次発表

こんにちは、らくだです。
富士見ファンタジア大賞(後期)の1次結果が更新されました。

発表ページはこちら。
通過者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
https://www.fantasiataisho.com/contest/30th_first.php

・応募総数 509本
・1次通過 119本
・通過率 約23%

今回気になった面白いタイトルは『アクロバット相撲少女うららちゃん』。

相撲少女って何やねん!
どんな話か気になり過ぎるわ!

しかも作者の筆名が『ラノベ新人賞落選界の白鵬』という強烈なインパクト。

いやでもこうやって、周囲を楽しませようとする姿勢は、創作者として尊敬するべきものがあるんじゃないかと。

自分の失敗を面白く人に伝えるって、心に余裕がないとできませんからね。
そういう前向きな姿勢や心の余裕は、自分も常に持ちたいと思っています。

というわけで。
勝手に話題にして申しわけないですが、この方には絶対に通過して欲しい次第。

ちなみに2次発表は5月末らしいので、結果の更新を楽しみに待ちたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする