2018年09月21日

集英社ラノベ入選作発表

こんにちは、らくだです。
第8回集英社ライトノベル新人賞(前期)の入選作品が発表されました。

以下リンク。
入選者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://dash.shueisha.co.jp/award/dx8thAwardEarly/result.php

・応募総数 270本
・1次通過 60本(約22%)
・2次通過 17本(約6%)
・3次通過 5本(約2%)
・入選 2本(約1%)

クロスレビューも公開されました。
複数の編集さんの視点がわかり面白いし参考になります。

【クロスレビュー】
http://dash.shueisha.co.jp/award/dx8thAwardEarly/crossreview.php

上の入選作はアニメが鍵となる作品のようですが、
「作中作をどんなに熱く語られても読者はその作中作は知らないので、キャラクターの感情と読者の感情が乖離してしまう」
という指摘があってなるほどなぁーと思いました。

最近はオタク主人公やオタクヒロインも多く、私も投稿作品の中で書いたことがありますが、そこは確かに気を付けないといけませんね……(汗)

以上、集英社ラノベ入選作発表の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

第31回ファンタジア大賞受賞作

こんにちは、らくだです。

第31回ファンタジア大賞の受賞作が決定しました。
今回は最終候補7作品がすべて受賞というハイレベルな回だったようです。

以下リンク。
受賞された方々はおめでとうございます。

【発表ページ】
https://www.fantasiataisho.com/contest/fantasia31th.php

さすがに7作品もあると選評も読み応えがあります。
どの作品も個性的なので刊行されるのが楽しみですね。

なお下の方に総評が載っていますが、選考委員の4名は、皆様こんな感想を持ったようです。

・全体的に完成度が高い
・設定にもオリジナリティがある
・ただその設定を展開に活かしきれていない

前にも書いたのですが、設定のオリジナリティと聞くと、拙作『好きです、ザビエル様っ!』を思い出して切なくなります。

あれはオリジナリティあったと思うんだ……。
ただ致命的に読者の需要がなかっただけで……。

という残念な黒歴史はさておき、ハイレベルな回だけあって選評にも力が入っているので、皆様チェックしてみてください。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

電撃の4次発表

こんにちは、らくだです。

今日は9月10日。
というわけで電撃の4次発表がありました。

今月は忘れなかったぞ……!

【発表ページ】
http://dengekitaisho.jp/announce_25_01.html

・応募総数 4,843本
・1次通過 510本(約11%)
・2次通過 213本(約4%)
・3次通過 93本(約2%)
・4次通過 10本(約0.2%)

4次通過=最終候補なのでここから受賞作が決まるわけですね。
今年はどんな作品に出会えるのか最終発表が今から楽しみです。

4次で落ちてしまった皆様は残念ですが、3次通過なら拾い上げという可能性も。

何故そう思うかというと、電撃の新刊をチェックしている時に「あれ、これ去年の通過リストにあった作品じゃ……?」というケースが結構あるから。

ええ……。
そんな照合をしている私は暇人ですよ……。

それはさておき、来月にはいよいよ読者賞の投票も始まるので、引き続き最新情報をチェックしていきたいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

えんためのリニューアル?

こんにちは、らくだです。

先日えんため大賞の最終発表がありましたが、選評と受賞者コメントが追加でUPされました。

以下リンク。
受賞された皆様は改めておめでとうございます。

【発表ページ】
https://www.enterbrain.co.jp/entertainment/awards/20n.html

・応募総数 520本
・1次通過 94本(約18%)
・2次通過 9本(約2%)
・最終候補 3本(約0.6%)
・受賞 2本(約0.4%)

なお総評にこんな言及がありました。

「次回からはよりレーベルカラーを強く押し出した形に新人賞を生まれ変わらせようと計画しております」

えんためのレーベルカラーと言うと、
・ゲームとの親和性
・メディアミックスに期待できる
・流行や定番以外の作品も割と受け入れてもらえる
(※個人の印象です)

という感じなので、その部分がさらに強調されるのかなと思いますが、何にせよ今後発表されるであろう続報が気になるところです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

電撃の読者賞の続報

こんにちは、らくだです。

あっという間に9月になってしまいました。
まだまだ暑い日が続きますが今月も頑張っていきましょう。

さてさて。
今回は電撃の読者賞について。
何気なく公式サイトを見たら追記があったので紹介します。

【電撃大賞】
http://dengekitaisho.jp/

<読者賞について>
・2018年10月上旬スタート
・第25回の記念企画(つまり今年だけ?)
・小説、イラスト、コミック各部門で実施予定
・最も投票数が多い作品は文庫化や雑誌掲載など確約
・投票者には「ソードアート・オンライン」の待受画像を配布
・さらに抽選でプレゼント(内容は今のところ不明)が当たるチャンスも

発表日程が例年通りであれば、9月に4次発表で、10月に最終発表があるはず。

ということは……?
読者投票は最終発表の後で実施される……?

まあ日程が例年通りとは限らないし、その辺りの詳しい流れは不明ですが、受賞作品(最終作品?)が公開されるのは嬉しいですね。

小説部門はもちろんのこと、イラストやコミックも見られるようですし、投票企画は読者として純粋に楽しみたいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする