2018年10月30日

スニーカーの最終結果

こんにちは、らくだです。

だいぶ前に面接を受けて採用された(「触手が動く」のやつ)伝票入力のバイトが始まりました。

ふはははは!
とくと見るがいい!
これが10年ワナビのタイピングぞ!

という心境でいたのですが、実際の作業は数字のテンキー入力なので、文字入力の速度はあまり(というか全然)関係ない仕事でした……。

さて本題。
第24回スニーカー大賞の最終発表がありました。

以下リンク。
受賞者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
https://sneakerbunko.jp/award/vol24-kekka.html

受賞作は金賞2本、編集部大賞1本、そして特別賞2本。
大賞こそ出ませんでしたが最終候補の5本すべてが受賞した形です。

今回から締切が4月1日へ変更になり、募集回数も年1回に減ったのですが、総評を見た感じ豊作だったようで何よりですね。

なお第25回の受付もすでに始まっています。
気が早いですがカクヨム応募も可能ですし次回にも期待したいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

第6回オーバーラップ1次発表

こんにちは、らくだです。
第6回オーバーラップ大賞(第1ターン)の1次発表がありました。

以下リンク。
通過者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
https://over-lap.co.jp/bunko/award/2018/announcement.aspx#turn1

・応募総数 304本
・1次通過 38本
・通過率 12.5%

現在はライトノベルでも色々な賞がありますが、自分が感じたオーバーラップのいいところは、落選と同時に評価シートが読める点かなと思います。

従来の公募ですと、
・落選確定
・理由を想像しモヤモヤ
・忘れた頃にようやく評価シート到着
・落選のショックを思い出しセルフダメージ

なんですが、落選と同時に理由がわかると切り替えがしやすいですし、もらったアドバイスもすぐに次作へ繋げやすいですよね。

まあこれは1次落ち前提の発想であって、いつも最終まで行くような投稿者さんには、まったく関係ないメリットではありますが……(遠い目)

以上、オーバーラップ1次発表の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

前期ファンタジア1次発表

こんにちは、らくだです。
第32回前期ファンタジア大賞の1次発表がありました。

以下リンク。
通過者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
https://www.fantasiataisho.com/contest/fantasia32th.php

・応募総数 690本
・1次通過 154本
・通過率 約22%

ファンタジアに限った話ではないですが、同時期にあちこちの賞で通過している投稿者さんを見ると、一体どういうスケジュールで執筆しているのか気になりますよね。

特によく見る方は自然と名前を覚えますし、直接的な交流はなくとも、頑張っている姿に励まされる気持ちです。

ちなみにそういう自分は……。
去年ビズログで1次通過したのが最後……。
しかも新作投稿ではなく既存作品のダメ元投稿……。

というわけで投稿成績は全然ですが、ブログは(これでも一応)頑張っていますし、間接的にでも誰かの力になれていたら嬉しいです。

なお2次発表は11月下旬だとか。
公式サイトが更新されたらまた紹介したいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

システムの不具合

こんにちは、らくだです。

えんため大賞ファミ通文庫部門ですが、システムの不具合で遅くなっていた評価シートが、本日マイページにアップされた模様。

対象者は第20回で1次通過した方です。
詳細は公式サイトのインフォメーションをご覧ください。

【えんため大賞】
http://www.entame-awards.jp/

えんため1次通過の評価シートは、従来ですと9月なので、1か月ほど遅くなった感じですね。

それで思い出したんですが、今回1次発表の時に不具合があって、過去の応募者(今回は投稿してない)に「1次結果が出ました」というメールが誤送信される事件がありました。

その件も何か関係ありそうな気がしますが、応募者が安心して作品を投稿できるよう、次回以降はトラブルをなくして欲しいです。

なお評価シートが遅れた件ですが、問い合わせ先として下記URLが載っているので、該当者で問題のある方は参照すると良いかと思います。

【カスタマーサポート】
https://www.enterbrain.co.jp/information/contact_customer.html
(※「えんため大賞ライトノベルファミ通文庫部門について」と明記)

以上、えんための評価シートに関する話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

MFJの1次発表

こんにちは、らくだです。

チェックが大幅に遅れましたが、第15回MF文庫Jライトノベル新人賞(6月締切分)の1次結果が、公式サイトで発表されました。

以下リンク。
通過者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://bc.mediafactory.jp/bunkoj/award/result/#first

・応募総数 455本
・1次通過 136本
・通過率 約30%

MFJといえば前回は83歳の投稿者さんが1次通過していました。

あの御仁は!?
今回はいらっしゃるのか!?

というわけで必死に探しましたが、それらしい投稿者の姿は発見できず。

まあそうですよね……。
前回のは記念投稿だった可能性もありますからね……。

しかし仮にそうだったとしても、83歳の投稿者さんがパソコンで原稿を作成し、しかもあのMFJで1次通過したという事実は、自分にとって非常に大きな励みになりました。

いつかまた通過リストで出会えますように……!
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする