2018年10月10日

キャラクターの魅力

こんにちは、らくだです。

第11回GA文庫大賞(前期)の発表がありました。
10日遅れの話題で申しわけないですが一応リンクを貼っておきます。

【発表ページ】
https://ga.sbcr.jp/novel/taisyo/11/index.html

・応募総数 593本
・1次通過 187本(約32%)
・2次通過 32本(約5%)
・3次通過 8本(約1%)
・奨励賞 4本(約0.6%)

最終選考に残った作品は8本で、その中から4本が奨励賞に選ばれたわけですが、選考の決め手になったのはキャラクターの魅力だったそうです。

総評の言葉を借りると、
「登場人物たちが生き生きと動いており物語を引っ張っていく力を備えている」

これは確かに重要ですよね。
なかなか狙って書けるものではないですが自分も気を付けたいと思っています。

なお上の言葉を真逆にすると、
「登場人物が単なるコマになっており作者の都合で動いているように見える」

うん……。
選評で何度も何度も言われた言葉だ……。

というわけで道は険しいですが、キャラの魅力はラノベはもちろん一般小説でも大事なので、精進していきたいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

電撃最終発表&読者賞の詳細

こんにちは、らくだです。

どうせ10日だろうと油断しており、記事の更新がすっかり遅れましたが、電撃の最終発表がありました。

なるほど、これが本当の電撃発表か……(違)

【発表ページ】
http://dengekitaisho.jp/announce_25_02.html

・応募総数 4,843本
・1次通過 510本(約11%)
・2次通過 213本(約4%)
・3次通過 93本(約2%)
・4次通過 10本(約0.2%)
・受賞 9本(約0.2%)

そして読者賞の詳細発表がありました。
詳しくは以下のリンクをご確認ください。

【読者賞】
https://kakuyomu.jp/special/entry/dengeki_dokushasho

候補となっているのは3次通過の4作品でした。

選考上は4次で落選した作品ということになりますが、ここから読者賞に選ばれたら書籍化確約なので、投稿者としてはどの作者さんも応援したい気分です。

以上、電撃の最終発表&読者賞の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

集英社ラノベ入選作発表

こんにちは、らくだです。
第8回集英社ライトノベル新人賞(前期)の入選作品が発表されました。

以下リンク。
入選者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://dash.shueisha.co.jp/award/dx8thAwardEarly/result.php

・応募総数 270本
・1次通過 60本(約22%)
・2次通過 17本(約6%)
・3次通過 5本(約2%)
・入選 2本(約1%)

クロスレビューも公開されました。
複数の編集さんの視点がわかり面白いし参考になります。

【クロスレビュー】
http://dash.shueisha.co.jp/award/dx8thAwardEarly/crossreview.php

上の入選作はアニメが鍵となる作品のようですが、
「作中作をどんなに熱く語られても読者はその作中作は知らないので、キャラクターの感情と読者の感情が乖離してしまう」
という指摘があってなるほどなぁーと思いました。

最近はオタク主人公やオタクヒロインも多く、私も投稿作品の中で書いたことがありますが、そこは確かに気を付けないといけませんね……(汗)

以上、集英社ラノベ入選作発表の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

第31回ファンタジア大賞受賞作

こんにちは、らくだです。

第31回ファンタジア大賞の受賞作が決定しました。
今回は最終候補7作品がすべて受賞というハイレベルな回だったようです。

以下リンク。
受賞された方々はおめでとうございます。

【発表ページ】
https://www.fantasiataisho.com/contest/fantasia31th.php

さすがに7作品もあると選評も読み応えがあります。
どの作品も個性的なので刊行されるのが楽しみですね。

なお下の方に総評が載っていますが、選考委員の4名は、皆様こんな感想を持ったようです。

・全体的に完成度が高い
・設定にもオリジナリティがある
・ただその設定を展開に活かしきれていない

前にも書いたのですが、設定のオリジナリティと聞くと、拙作『好きです、ザビエル様っ!』を思い出して切なくなります。

あれはオリジナリティあったと思うんだ……。
ただ致命的に読者の需要がなかっただけで……。

という残念な黒歴史はさておき、ハイレベルな回だけあって選評にも力が入っているので、皆様チェックしてみてください。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

電撃の4次発表

こんにちは、らくだです。

今日は9月10日。
というわけで電撃の4次発表がありました。

今月は忘れなかったぞ……!

【発表ページ】
http://dengekitaisho.jp/announce_25_01.html

・応募総数 4,843本
・1次通過 510本(約11%)
・2次通過 213本(約4%)
・3次通過 93本(約2%)
・4次通過 10本(約0.2%)

4次通過=最終候補なのでここから受賞作が決まるわけですね。
今年はどんな作品に出会えるのか最終発表が今から楽しみです。

4次で落ちてしまった皆様は残念ですが、3次通過なら拾い上げという可能性も。

何故そう思うかというと、電撃の新刊をチェックしている時に「あれ、これ去年の通過リストにあった作品じゃ……?」というケースが結構あるから。

ええ……。
そんな照合をしている私は暇人ですよ……。

それはさておき、来月にはいよいよ読者賞の投票も始まるので、引き続き最新情報をチェックしていきたいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする