2018年04月10日

電撃お疲れ様でした

本日は電撃大賞の締切です。
作品を投稿された皆様はお疲れ様でした。

自分は残念ながら不参加ですが、電撃は多くの投稿仲間が参加しているので、1次発表を楽しみに待ちたいです。

それにしても、ウェブ応募が始まった影響なのか、最近は24時ギリギリまで作業する人が増えましたよね。

できれば時間に余裕をもって作業するのが一番理想ですが、締切直前のワイワイ感も、それはそれで楽しいものだとツイッターを見て感じました。

ところでツイッターといえば……。

【電撃文庫@カクヨム】
https://twitter.com/dengeki_kakuyom

こんなアカウントが誕生しました。
文字通り電撃文庫のカクヨム用アカウントです。

今は作品の公開情報が中心ですが、近々コンテストの開催が決定しているので、それ関連の告知もここから流れてきそうな予感。

もちろん公式サイトでも紹介されると思いますが、創作用のツイアカをお持ちの方は、この機会にフォローしてみてはいかがでしょうか。

というわけで。
今回の記事は「電撃お疲れ様!」の話題でした。

上に書いた通り1次も楽しみですが、まずは応募数の発表を待ちたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

ゲーム小説コンテストの結果

こんにちは、らくだです。

えんため大賞の新設部門「Gzブレインゲーム小説コンテスト部門」の最終発表がありました。

【発表ページ】
http://www.enterbrain.co.jp/entertainment/awards/20gn.html

・応募総数 251本
・1次通過 27本(約11%)
・最終候補 8本(約3%)
・受賞作品 6本(約2%)

それにしても、今はスマホが普及しているので、いつでも気軽にゲームができる時代になりましたよね。

たとえば自分が小学生の頃は、
・ゲームといえばファミコンしかない
・リビングのブラウン管テレビを長時間占領
・「もうやめなさい」と母親に怒られてしぶしぶ同意する
・ふっかつのじゅもんを書くのに時間がかかって更に怒られる

っていう感じでしたけど、スマホゲームならいつでもどこでも好きなだけ遊べるから、便利な時代になりました。

話が少しそれましたが、今回のゲーム部門の受賞作品は、大賞と金賞の計3本が書籍化される模様。

それと詳しい総評は後日アップされるようなので、サイトが更新されたらまた紹介したいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

ラノチャレ最終発表

こんにちは、らくだです。

第7回講談社ラノベチャレンジカップの最終発表がありました。
今回は最終選考に残っていた3作品がそのまま受賞したようです。

【発表ページ】
http://lanove.kodansha.co.jp/award/challengecup/7/

・応募総数 502本
・1次通過 79本(約16%)
・2次通過 10本(約2%)
・3次通過 3本(約0.6%)
・受賞 3本(約0.6%)

なお講談社のコンテストは2本柱になっています。
大きな違いは次の通りなので気を付けましょう。

<ラノベ文庫新人賞>
・2018年5月10日(木)締切
・40文字×34行の書式で100〜150枚
・1次選考以上を通過すると評価シートがもらえる

<ラノベチャレンジカップ>
・2018年10月31日(水)締切
・40文字×34行の書式で100枚〜無制限
・選評はないが2次選考以上を通過すると担当編集者がつく

他にも賞金の額や選考委員が違ったりしますが、「締切」「規定枚数」「選評の有無」が大きく異なるので、自分に合ったコンテストを選択したいですね。

以上、ラノチャレ最終発表の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

入選作のクロスレビュー

こんにちは、らくだです。
第7回集英社ライトノベル新人賞(後期)の最終発表がありました。

気付くのが遅れましたが23日に更新されたようです。
何はともあれ入選された方はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://dash.shueisha.co.jp/award/dx7thAwardLate/result.php

・応募総数 368本
・1次通過 78本(約21%)
・2次通過 20本(約5%)
・3次通過 5本(約1%)
・入選 1本(約0.3%)

なお入選作に対するクロスレビューも公開中。

【クロスレビュー】
http://dash.shueisha.co.jp/award/dx7thAwardLate/crossreview.php

しかしコレ、「意外なオチもスタッフの間で好評」というコメントがある一方、下の方の別の編集者さんは「終わり方は不満」という正反対の意見を書いてるんですよね。

人によって価値観が違うのは当たり前とはいえ、同じレーベルの中で、こうまで捉え方が真逆なのは面白いと感じました。

ちなみにGA同様、こちらの賞も通期の受賞作はこれから発表されるので、情報が更新されたらまた紹介したいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

50音順

こんにちは、らくだです。
第10回GA文庫大賞(後期)の最終発表がありました。

以下リンク。
受賞された皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://ga.sbcr.jp/novel/taisyo/10/index.html

・応募総数 658本
・1次通過 177本(約27%)
・2次通過 43本(約7%)
・3次通過 7本(約1%)
・奨励賞 3本(約0.5%)

ところでGAの発表は50音順なので、自分の名前を探しやすくするために、あ行のペンネームで応募する人がいると聞いたことがあります。

その件を思い出してリストを見たら、確かに他の新人賞と比較して、あで始まるペンネームが多いような。

しかしコレ、「探しやすい=名前がなかった場合もすぐわかる」なので、落選のショックが大きくなりそうな気もしますけどね……。
(いやまあ落ちなきゃいいんだけど!)

そんなこんなのGAですが、奨励賞の中から選出される通期の大賞作品は、4月末ごろに発表だとか。

今回の候補作品は5本なので、公式サイトが更新されたら、また紹介したいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする