2018年08月11日

電撃2次発表&3次発表

こんにちは、らくだです。

昨日のアクセス妙に多くね?
8月10日ってなんかあったっけ?
コミケ初日と小説投稿は関係ないよな?

と思ったら電撃の発表日じゃないですかーーー!

すみません……。
こんな大事な日を忘れるなんてワナビ失格です……。

【発表ページ】
http://dengekitaisho.jp/announce_25_01.html

・応募総数 4,843本
・1次通過 510本(約11%)
・2次通過 213本(約4%)<NEW!>
・3次通過 93本(約2%)<NEW!>

というわけで2次と3次が同時に発表されました。
ここ数年ずっとそうなので今後はこの方針でいくのでしょう。

しかしアレですよね……。
この発表方法の難点は「2次通過で3次落選の場合」喜べない点ですよね……。

まあでも選考が早くなったのはいいことですし、落選だった皆様もうまく気持ちを切り替えて、めげずに次の作品へ進んでいきたいところです。

以上、電撃2次発表&3次発表の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月28日

ファミ通文庫公式ブログ

こんにちは、らくだです。
第20回えんため大賞ファミ通文庫部門の2次発表がありました。

以下リンク。
通過者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://www.enterbrain.co.jp/entertainment/famitsubunko_20entry.html

・応募総数 520本
・1次通過 94本(約18%)
・2次通過 9本(約1.7%)

ところでファミ通文庫のお知らせ欄と、それからついでに公式ブログ、最終更新が今年の2月なんですよね。

【公式サイト】
http://fbonline.jp/

【公式ブログ】
http://blog.fbonline.jp/

なぜ更新が途絶えたのか……。
さすがにちょっと気になるんですが……。

公式ツイッターは健在のようなので、レーベル廃刊とかはないはずですが、安心して投稿できるよう何か告知が欲しいところです。

以上、えんため2次発表&公式ブログに関する話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

7月10日の怪現象

毎年7月10日だけブログのPVが異常に跳ね上がる怪現象。

いやいやちょっと!
自分は電撃送ってないから!
ここに冷やかしにきても無駄だから!

というわけで電撃の1次発表がありました。
今回は珍しく前日フラゲはなかった模様です。

【発表ページ】
http://dengekitaisho.jp/announce_25_01.html

・応募総数 4,843本
・1次通過 510本(長編424本、短編86本)
・通過率 10.53%

通過率は約1割でした。
お名前のあった皆様はおめでとうございます。

ところで現在、カクヨムで電撃《新文芸》スタートアップコンテストが開催中で、注意事項に「第25回電撃大賞の1次落ち作品も可」という記載があります。

応募するにはカクヨムに作品をUPする必要がありますが、電撃でデビューできるチャンスがもう1度あるわけですし、ネット公開に抵抗のない方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

【電撃《新文芸》スタートアップコンテスト】
https://kakuyomu.jp/contests/dengekibunko_contest

以上、電撃1次発表の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

アニマル天国

こんにちは、らくだです。
第8回集英社ライトノベル新人賞(前期)の1次発表がありました。

以下リンク。
通過者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://dash.shueisha.co.jp/award/dx8thAwardEarly/result.php

・応募総数 270本
・1次通過 60本
・通過率 約22%

感想:くまが4作通過……だと……?

いやほら。
自分自身が「らくだ」だからね。
動物ペンネームをライバル視しちゃうんですよ。

と思ってよく見たら他にもいるじゃないですかー!
「しゃけ」「小鳥」「羊」「ひよこ」「タヌキ」「さんご」

完全に出遅れたよ!
これなら自分も応募してアニマル天国に混ざりたかった!

まあ、さんごがアニマルかは微妙ですが、とりあえず4作通過のくまさんは個人的に応援したいです。

以上、集英社ラノベ1次発表の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

投稿スタイルの多様化

こんにちは、らくだです。
第8回講談社ラノベ文庫新人賞の1次発表がありました。

以下リンク。
通過者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://lanove.kodansha.co.jp/award/rookie/8/

・応募総数 432本
・1次通過 98本
・通過率 約23%

感想としては複数通過が目立ちます。
3作通過はかなりの人数で、4作通過もいて、中には5作通過という猛者も。

ちなみに自分は複数投稿については賛成派。
実際に複数投稿して複数通過していたような時期もありました。

ただ昔は複数投稿が一般的ではなかったので、「駄作を量産せず1作に集中するべき」という意見も多く、自分のような人間は割と少数派だった気が。

別に1作集中だからクオリティが高いとは限らないんじゃ……。
逆にたくさん書いたから駄作に決まっているとも限らないし……。
(という恨みがましいグチ)

とにかくそんな経緯がありましたが、今は昔と違って投稿スタイルが多様化しており、それこそ83歳のおじいちゃんもいるくらいですし、人それぞれ色々な向き合い方があっていいと思います。

以上、話が少々それましたが、講談社ラノベ1次発表の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする