2017年05月28日

ラノチャレの講評

こんにちは、らくだです。
第6回講談社ラノベチャレンジカップの講評が公開されました。

最終結果そのものは3月に発表されましたが、まだ紹介していなかったので、この機会に両方のリンクを載せておきます。

【最終結果】
http://lanove.kodansha.co.jp/award/challengecup/6/

【講評】
http://lanove.kodansha.co.jp/award/challengecup/6/review/

・応募総数 403本
・1次通過 76本(約19%)
・2次通過 16本(約4%)
・受賞 3本(約0.7%)

今回の講評で一番気になったのは、選考委員である鏡貴也先生の発言。

「この十数年で思ったことといえば、売れなければすぐ消えるということです。しかし安易に売れようとしたら心が保たずにやはり消えるということです。」

長年作家を続けているからこその実感だと思いますが、これから小説家を目指す投稿者にとっても、この教訓は心にとめるべき内容じゃないでしょうか。

商業作家を続けていく以上、売れるのはもちろん大事ですが、心の中がそれだけになっても駄目なんだなぁーと。

まあ今の自分にとっては商業など遠い世界ですが、この姿勢は投稿においても重要だと思うので、作品を執筆する際は気を付けたいと思いました。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

スニーカーの最終発表

こんにちは、らくだです。

第22回スニーカー大賞(秋締切)の最終発表がありました。
今回は最終選考8作品の中から1作品が特別賞を受賞した模様です。

以下リンク。
受賞者の方はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://sneakerbunko.jp/award/index.php

今回の発表ページはシンプルですね。
しかし総評を読むと最終作品はどれも魅力があったみたいです。

その中で受賞のカギとなったのは「全体的な完成度の高さ」&「いまのライトノベル読者に刺さり易いかどうか」という2点のポイントだった様子。

まあ受賞するくらいだから作品の完成度が高くて面白いのは当然として、さすがに最終選考ともなると、その上で時代に合っていることも重要なんだなーと改めて認識しました。

うーん……。
そう考えると創作って本当に難しい……。

まあ自分はスニーカーに送っても1次落ちなので、時代がどうこう以前の問題かもしれませんが、次の投稿時には充分に気を付けたいと思います。

なおスニーカーといえば、今月頭に、5月の締切が終了しました。
そちらの1次発表も、たぶん夏頃? にあると思うので、楽しみに待ちたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

富士見ファンタジア2次発表

皆様こんにちは……。
近ごろ驚くほど暑いですね……。

今はどうにか扇風機だけで我慢してますが、毎日この調子では、エアコンに頼るのも時間の問題だと思います。

さてさて。
今日は富士見ファンタジア大賞の2次発表がありました。

以下リンク。
通過された皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
https://www.fantasiataisho.com/contest/30th_first.php

・応募総数 509本
・1次通過 119本(約23%)
・2次通過 40本(約8%)

メンテ終了は17:00と書いてあったのに、実際は15:15に終わる富士見さん、仕事が早くてとっても素敵だと思います。

しかしラノベ新人賞落選界の白鵬さんの名前がありませんね……。
前回の記事を書いた後コメントを頂いて応援していたのですが……。

それにしても、まだ40本ありますが、今回は気になるタイトルが多い感じ。

3次発表は来月ということなので、この中からどの作品が選ばれるのか、自分も更新を楽しみに待ちたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

ファンタジア関連の話題

風呂掃除中に蛇口をひねる方向を間違え頭から冷水シャワーを浴びた常木らくだの小説投稿ブログへようこそ!

違うこれは水浴びなんだ……。
服も濡れたけど気にしてないよ……。
(強引な言い訳)

というわけで、自分のドジっ子ぶりにガッカリですが、それは気にせず本日の投稿記事にいってみましょう。

今回はファンタジア関連の話題です。

【ファンタジア大賞ニュース】
https://www.fantasiataisho.com/news/

4月末が締切だった富士見ラノベ文芸大賞ですが、お知らせ欄の発表によると、今回の応募総数は「372作品」だった模様です。

なお1次発表は7月上旬予定だとか。
投稿された皆様は今から結果が楽しみですね。

そしてもう1つ。
後期ファンタジア大賞の2次発表は5月22日(月)という告知が出ました。

毎回そうですが、富士見は発表日はもちろんのこと、メンテ終了時刻まで事前に予告してくれるので、投稿者にとって非常にありがたいレーベルです。

自分もこの律義さを見習って、風呂掃除中にうっかり冷水シャワーを浴びたりしないよう、今後注意したいと思いました。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

ウェブ応募のアカウント

こんにちは、らくだです。
電撃の締切から早くも1か月が過ぎましたね。

投稿が終わって休憩していた皆様も、そろそろ再スタートをして、次回作へ取り組んでいる頃でしょうか。

それはさておき、まだ1次結果も出ていませんが、昨日から第25回の募集が開始されました。

締切は2018年4月10日なので、今すぐ投稿する人はさすがに少ないと思いますが、応募要項を紹介しておきます。

【第25回電撃大賞】
http://dengekitaisho.jp/novel_apply.html

それからウェブ投稿のアカウントですが、去年応募して今年は応募しなかった場合、自動的に削除される仕様になっています。
(自分は去年それで削除された)

一応新規に作り直すことはできますが、去年の選評があった場合、そのデータは消えてしまうので要注意。

ずっと見られたらいいんですけどね……。
まあ電撃は応募数が多いから仕方ない気もしますが……。

とにかく条件に該当する皆様は、残したい評価シートはあらかじめ印刷しておくなど、事前の対策をオススメします。

以上、去年アカウントが消えた者からの注意喚起でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする