2019年07月14日

超拡大文芸部の締切延長

こんにちは、らくだです。

梅雨明け宣言はまだですが、窓を開けるとセミの大合唱が聞こえてきて、我が家周辺はすでに夏まっさかりという感じです。

さてさて。
夏といえば甲子園。

甲子園といえばカクヨムのイベント「超拡大文芸部」が締切を10日ほど延長した模様です。

【応募締切延長】
https://kakuyomu.jp/info/entry/koshien2019_campaign02re

この企画は高校の文芸部対象ですが、
・文芸部じゃないけど参加できますか?
・プログラムについていけるか不安
・引率の先生が見つからない

等の問い合わせを受けて応募条件を緩和したようです。

具体的には文芸好きが2人以上いればオッケー。
プログラムは作文が苦手な人でも楽しめる内容。

さらには個別の問い合わせにも対応しているので、条件が合わずに参加を諦めていた人は、一度運営に相談してみてくださいということです。

というわけで。
該当する方がいらっしゃれば是非チェックしてみてください。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

キミラノ二次創作コンテスト

こんにちは、らくだです。

カクヨムでキミラノの二次創作コンテストが開催されます。
キミラノとはライトノベルを紹介するレコメンドサイトです。

ラノベの紹介サイトは世間に多数ありますが、キミラノには6人の美少女パートナーが存在し、そのキャラが「好きなラノベをオススメしてくれる」という形式になっています。

【キミラノ二次創作コンテスト】
https://kakuyomu.jp/info/entry/kimirano_fanfiction_contest

・募集部門 ストーリー部門&コメント部門(詳細は下記参照)
・受付期間 2019年7月10日(水)〜7月31日(水)
・結果発表 2019年9月頃予定
・大賞特典 サイト実装&図書カードNEXT(2,000円分)贈呈

@ストーリー部門
・パートナーキャラを用いた二次創作小説
・本文は8,000字以内
・他作品とのクロスオーバーは不可

Aコメント部門
・パートナーキャラになりきって好きなラノベの推薦文を書く
・本文は800字以内
・オススメする作品のタイトルを明記すること

普通の推薦文ではなく、キャラになりきって書くという部分が、難しそうだけど同時に面白そうな企画ですよね。

以上、キミラノ二次創作コンテストの紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月30日

シチュエーション斬りコンテスト

こんにちは、らくだです。

カクヨムで新コンテスト「スニーカー文庫《シチュエーション斬り!!》コンテスト」が開催決定した模様です。

【応募要項】
https://kakuyomu.jp/contests/sneaker_situation/detail

・募集内容 下記のシチュエーションを扱った小説
・受付期間 2019年7月1日(月)〜8月31日(土)
・規定字数 完結・未完問わず50,000字以上
・大賞特典 担当編集がつく&スニーカー文庫ベスト3冊贈呈

提示されたシチュエーションは以下の2つ。
今回は部門を選んでどちらかへ応募する形となります。

@「お隣さんの美少女がなぜか俺に惚れている」
甘くて悶えるようなシーンがたくさんあること

A「双子のヒロインが迫ってくる……どっちもどっちで選べねえ……」
違う魅力を持った二人のヒロインとのラブコメ

どちらも王道ラノベシチュですが、コンテスト名に「斬り」とある通り、単純な予想の上を行く作品が求められているようです。

というわけで。
我こそはという皆様は応募してみてはいかがでしょうか。

以上、シチュエーション斬りコンテストの紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

超拡大文芸部

こんにちは、らくだです。

2019年8月3日に「カクヨム甲子園2019」の連動イベント「超拡大文芸部」が開催されます。

それに伴い参加グループ(高校の文芸部)の募集が始まりました。

ウェブカメラを使って参加高校をつなぎ、リアルタイムでアイデアをシェアしながら、物語を作り上げていく企画のようです。

【超拡大文芸部】
https://kakuyomu.jp/info/entry/koshien2019_campaign02

こういうイベントって素敵ですよね。
自分の高校は文芸部がなかったから憧れます。

なお私の出身校は、制服が可愛いと言われている女子校で、世間では「着て歩くだけでナンパされる」という評判でした。

しかし言おう!
着て歩いたけど自分はナンパなんかされなかったぞ!

まあ当然っちゃ当然ですが、どれほど制服が可愛くても、顔が悪ければ問題外ということですね(絶望)

という残酷な結論はさておき、参加グループの募集締切は7月15日なので、条件に該当する方がもしいればチェックしてみてください。

以上、超拡大文芸部の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

オーバー30歳主人公コンテスト

ラノベの主人公ってなんで10代ばっかなの?
もっと大人が活躍する作品を読みたいんだけど?

なんて思っていたらカクヨムでオーバー30歳コンテストが開催されるとか。

ちなみに30歳以上というのは、書き手の年齢ではなく主人公の年齢で、書き手は何歳でも応募できます。

【オーバー30歳主人公コンテスト】
https://kakuyomu.jp/contests/over30_main_character/detail

・募集内容 主人公が30歳以上の小説(主人公の性別は不問)
・受付期間 2019年7月5日(金)〜9月2日(月)
・中間発表 2019年11月上旬頃
・結果発表 2019年11月末頃
・規定字数 10万字〜16万字(要完結)
・受賞特典 富士見L文庫もしくはKADOKAWAより書籍化

これ私もまさにそうなんですけど、ラノベ黄金期に読者だった人々が今は30代や40代になっているわけで、そういう層を狙った企画なのかなと。

10代と30代ってやっぱり色々と違いますよね。
特に仕事観や恋愛観は大きく変化するんじゃないでしょうか。

もちろん大人ならではの苦労もありますが、逆に10代の時にはなかった手応えや充実感もあるわけで、そういうところがリアルに表現されていると、今の自分はすごく自然に共感できそうな気がします。

以上、オーバー30歳主人公コンテストの紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする