2017年10月23日

作品に滲み出る個性

こんにちは、らくだです。

まもなく第3回が始まるカクヨムWeb小説コンテスト。
それを記念して歴代受賞者へのインタビュー企画が始まりました。

初回となる今回は渡葉たびびとさん(第2回現代ファンタジー部門大賞)のインタビューが掲載されています。

【歴代受賞者インタビュー(1)】
https://kakuyomu.jp/info/entry/interview_2ndwebcon_action

<質問項目>
・カクヨムを使って小説を発表しようと思った理由
・作品を執筆する際に心がけていること
・作品を読んでもらうために行った工夫や努力
・執筆するにあたり影響を受けた作品や参考になった本
・大賞を受賞したことで何か変わったことはあったか?
・これから挑戦しようと思っている人へ向けてのアドバイス

特に印象的だったのは最後のアドバイス。

作者さんは王道を意識することを勧めているんですが、それに抵抗がある人に対して「ちょっと設定や雰囲気を変えたくらいで、作品から自分らしさが無くなったりはしません」という、実体験に基づいたメッセージを発信しておられます。

これって素敵な言葉ですよね。

確かに作品に滲み出る個性って、そう簡単に消したり変えたりできるものではないですし、それを信じて新しい方向に挑戦してみるのもアリだと思いました。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

第2回大人が読みたいエンタメ小説コンテスト

こんにちは、らくだです。

9月上旬に最終発表があった、ノベルゼロ「大人が読みたいエンタメ小説コンテスト」ですが、早くも第2回の開催が決定。

カクヨムに応募要項が掲載されました。

【応募要項】
https://kakuyomu.jp/contests/novel0_contest_002

<募集部門>
『集え、最強のおっさん!』 戦う成人男性部門
『ヒロインに制限なし!』 大人のラブコメ部門
(前回と同じく「異世界転生作品」は応募不可能)

<受付期間>
2017年10月27日(金)00:00 〜 2017年12月25日(月)23:59

<規定字数>
締切時点で本文80,000字以上

なお今回は募集部門が2つですが、どちらの条件も満たしている作品は、両方に同時エントリーできる模様。

ただし2部門の同時受賞はないようです。
詳しくは応募要項の「作品形式等」の項目をご覧ください。

すでにカクヨムに掲載済みの作品も、規定を満たしていればエントリーできるので、カクヨム作者の皆様はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

美味しい話&恋の話コンテストの中間発表

こんにちは、らくだです。

4月から6月に開催されていた、富士見L文庫×カクヨム「美味しい話&恋の話 短編小説コンテスト」の中間結果が、公式サイトに掲載されました。

以下リンク。
通過された皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
https://kakuyomu.jp/contests/lbunko_contest/nominated

・応募総数 984本
・中間通過 136本
・通過率 約14%

今回のコンテストは、「グルメ」or「恋愛」がテーマでしたが、通過タイトルを見ると半々くらいという印象でしょうか。

個人的にはグルメの方に惹かれますが……。
恋愛がテーマの賞は他にもたくさんありますからね……。

あと通過リストを詳しく見ていくと、複数通過者さんが結構いたり、他賞の受賞者さんのお名前があったり。

短編のコンテストとはいえ、他でも活動しながらカクヨムにも参加する熱意は、見習いたい限りですよね。

気になる最終結果は10月発表らしいので、どの作品が選ばれるのか、情報の更新を楽しみに待ちたいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

空想読書感想文コンテストの結果

こんにちは、らくだです。

今年8月に開催されていた「カクヨム放送局プレゼンツ・空想読書感想文コンテスト」の結果が発表されました。

存在しない作品の感想文を想像で書く、という斬新な企画でしたが、いざフタを開けてみれば、200本近い応募が集まった模様です。

詳細は公式ブログをご覧ください。
受賞された方はおめでとうございます。

【空想読書感想文コンテスト結果】
https://kakuyomu.jp/info/entry/2017/09/26/190000

レビューを見てきましたが、こういうネタ系のコンテストの場合、参加者側も「なりきる」ことが大事なのかなーという印象です。

なお今回のカクヨム放送局、自分はリアタイできなかったのですが、延長設定のミスでエンディングが途切れてしまったとか。

そのため完全版がニコニコ動画で配信中。
生放送でなく動画なので、今からでも視聴できます。

【カクヨム放送局 Vol.15(ニコ動)】
http://www.nicovideo.jp/watch/1506135383

ちなみに次回の放送は12月だそう。

2か月あいてしまいますが、60分拡大版でお届けということなので、楽しみに待ちたいですね。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

カクヨムコン受賞者アンケート

こんにちは、らくだです。

前回カクヨムコンの授賞式を紹介しましたが、そこに面白いアンケートが載っていたので、今回はそちらについて触れたいと思います。

Q. 小説を書き始めたのはいつ頃からですか?
kakuyomu1.png

一番多かったのは「社会人から」という意外な結果。

なお幼年期という回答がありますが、小学生という項目が別にあるってことは、幼稚園時代から小説を書いていたんでしょうか?

すげえ……。
神童やん……。

Q.一週間の執筆ペース(総文字数)を教えてください。
kakuyomu2.png

こちらは回答がバラける結果に。

まあ執筆ペースは専業か兼業かで状況が違うし、不規則な場合も多いだろうし、あくまで参考程度に……という感じでしょうか。

掲載画像の引用元:
【カクヨムWeb小説コンテスト授賞式・懇親パーティーを開催しました】

創作との関わり方は人それぞれなので、この結果を見てあせる必要はないと思いますが、他の人達の情報を見ると十人十色で面白いですよね。

以上、カクヨムコン受賞者アンケートの話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする