2019年02月25日

第2回冲方塾の結果

こんにちは、らくだです。
カクヨムで開催されていた「第2回冲方塾」の結果発表がありました。

以下リンク。
受賞された皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
https://kakuyomu.jp/contests/ubukata_juku_contest

・応募総数 110本
・中間通過 11本(10%)
・受賞作品 4本(約4%)

この賞は二次創作のコンテストでしたが、冲方先生ご本人が選考委員をつとめ、上のページに全体総評も書かれています。

その中に載っている言葉で、「あらゆるエンタメが受容するものから発信し合うものへと移り変わってゆく昨今……」という表現がありますが、これは本当にそうだなと。

絵ならピクシブ。
小説ならカクヨムやなろう。
作詞作曲ならYouTubeやニコニコ動画。

これらは一例で他にも多数ありますが、今はプロ以外の人間にも、作品を発表できる場がありますからね。

今回のような二次創作の賞も、昔では考えられなかったことですし、これからも創作界隈が多方向に発展していくことを願っています。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

レビューいいね

こんにちは、らくだです。

今月上旬に実施された「#カクヨムコン4 レビューいいねプッシュアップ! キャンペーン」の結果発表がありました。

その時期にブログが更新できず、企画をここで紹介できなかったので、今さらですが要項と結果を一緒に掲載しておきます。

【応募要項】
https://kakuyomu.jp/info/entry/webcon4_review_pushup

【結果発表】
https://kakuyomu.jp/info/entry/webcon4_review_pushup_result

このキャンペーンは、カクヨムコンの応募受付が終わった後に、レビューを促進する目的で開催された企画でした。

ちなみに今は、作品そのものだけでなく、レビューに対して「いいね」をつけられる仕様になっています。

言ってみればAmazonみたいな感じでしょうか。

Amazonも役立ったレビューは「いいね」できますし、自分の書いたレビューが高評価を得ると、有名レビュアーとして注目されたりしますからね。

まあとにかく。
企画に当選された皆様はおめでとうございます。

これをキッカケに、作品自体はもちろんですが、レビューいいねのシステムも更に活発化することを願っています。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

カクヨムプライベートコンテスト Vol.3

こんにちは、らくだです。

すでにお馴染みとなった企画「カクヨムプライベートコンテスト Vol.3 〜カクヨム編集O篇〜」の開催が決定した模様です。

今回のテーマは「魔法×ミステリ」。
詳細はカクヨム公式ブログをご覧ください。

【応募要項】
https://kakuyomu.jp/info/entry/private_con003

・募集内容 魔法をテーマとしたミステリ作品
・受付期間 2019年2月19日(火)〜3月7日(木)
・結果発表 2019年4月予定
・規定字数 なし(選考は1〜2万字を目途に行う)
・応募条件 2018年1月1日以降に投稿された作品
・大賞賞品 オリジナル図書カード5,000円分

字数制限は特にありませんが、選考は1〜2万字を目途に行うと書いてあるので、つかみが重要になりそうですね。

それにしても、「魔法×ミステリ」というのは、一見ありそうでなかったテーマかなと。

ミステリには緻密な設定や構成が必要ですが、だからこそ「ぜんぶ魔法で解決」じゃ説得力がないですし、その辺りをどう料理するかが作者の腕の見せどころと言えそうです。

以上、カクヨムプライベートコンテスト Vol.3の紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

泣ける小説

こんにちは、らくだです。
「カクヨム×魔法のiらんどコンテスト」の中間発表がありました。

以下リンク。
通過者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
https://contest.kadokawa.co.jp/kakuyomu_maho2018/intresult.html

・応募総数 547本
・中間通過 24本
・通過率 約4%

今回のコンテストは部門が3つありましたが……。

・オタク主人公部門
・「泣ける」小説部門
・謎解きミステリ小説部門

通過リスト泣ける小説に偏りすぎ!
謎解きミステリほとんどないじゃん!

まあでもそうなりますよね。
泣ける小説って書きやすいですもんね。

しかし書きやすいからこそ、安易に取り組むと安っぽくなってしまうし、作者の力量が試されるジャンルではないでしょうか。

何はともあれ、最終発表は3月15日らしいので、結果が更新されたらまた紹介したいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

ドラゴンノベルス新世代ファンタジー小説コンテスト

こんにちは、らくだです。

去年カクヨムで実施された「ドラゴンノベルス新世代ファンタジー小説コンテスト」が今年も開催決定しました。

応募要項は以下。
受付は5月からですが参加者は今から準備すると良さそうです。

【応募要項】
https://kakuyomu.jp/contests/dragon_novels_2019/detail

・募集内容 長編ファンタジー小説
・規定字数 本文10万字以上(未完でも可)
・受付期間 2019年5月7日(火)〜6月30日(日)
・受賞特典 賞金30万円+ドラゴンノベルスより書籍化

賞の説明に、
「ファンタジー小説は、その時代ごとの流行を取り入れる先進性と、長く語り継がれる普遍性の両方が求められるジャンルだと思います」

と書いてありますがこれは本当に事実じゃないかと。

今は異世界転生や俺TUEEが主流ですが、富士見はそれよりずっと前からファンタジー作品を刊行してきたわけですし、時代によって様々な変遷があったと思います。

自分の世代だとオーフェンやスレイヤーズですね。
年齢がバレそうですが別にバレても問題はありません。

そんな老舗レーベルで活躍できるチャンスなので、ファンタジー小説を書かれる皆様は、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする