2017年08月11日

行アキドーピング

こんにちは、らくだです。
コバルトの連載企画「小説を書くためのプチアドバイス」が更新されました。

第8回となる今回は「『行アキドーピング』に要注意。一行アキは必要最小限で!」というテーマです。

詳細は下記リンク先をご覧ください。

【小説を書くためのプチアドバイス】
http://cobalt.shueisha.co.jp/write/column-miura-shiwon/001554/

簡単にまとめると、
・行アキの乱用やめようぜ
・そのせいで読みにくくなってるケースが多いんだわ

という感じの内容です。
テーマそのものは前回と同じですが、具体的な考察などが載っています。

個人的には「別にいいじゃん?」と思いますが、選考する側へ無駄に悪印象を与えないためにも、(特にコバルトへ投稿する際は)行アキは極力控えた方がよさそうですね。

なおアドバイスの中にあった、
「余韻は、行アキではなく文章自体から醸しだされるもの」

この一文には自分も同意。

行アキ使用の是非はともかく、余韻や間を文字で表現できるに越したことはないので、文章力を磨きたいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 執筆の心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

えんため3部門の最終候補

こんにちは、らくだです。
えんための3次通過(最終候補)の発表がありました。

以下、それぞれのリンクです。

【ファミ通文庫部門】
・応募総数 533本
・1次通過 124本(約23%)
・2次通過 12本(約2%)
・3次通過 4本(約0.8%)

【ビーズログ文庫部門】
・応募総数 304本
・1次通過 38本(約13%)
・2次通過 9本(約3%)
・3次通過 5本(約2%)

【ビーズログ文庫アリス部門】
・応募総数 137本
・1次通過 17本(約12%)
・2次通過 7本(約5%)
・3次通過 3本(約2%)

通過された皆様はおめでとうございます!

なおファミ通部門は次回の受付が始まっていますが、ビーズログ部門とアリス部門は、応募要項が発表されていないのが気になりますね。

リニューアルで遅れているならいいですが、廃止になってしまったら寂しいですし、これからも賞として存続して欲しいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

電撃2次&3次発表

こんにちは、らくだです。

某所はフラゲ祭りで盛り上がっていたようですが、本日昼ごろ、電撃小説大賞の2次発表&3次発表がありました。

これまで公式発表は10日が相場でしたが、最近は10日が土日じゃなくっても、少し早めに発表するケースが多いですね。

何はともあれ以下リンク。
通過された皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://dengekitaisho.jp/announce_24_01.html

・応募総数 5,088本
・1次通過 575本(約11.3%)
・2次通過 216本(約4.2%)
・3次通過 79本(約1.5%)

落ちてしまった方々は無念でしょうが、悔しいのは本気で取り組んでいる証拠でもありますし、そんな自分に誇りを持ってください。

なんて偉そうに言えるのは、自分が今回不参加だったからで、実際に落ちた時は荒れ狂いましたけどね……(遠い目)

それはさておき4次発表は来月。
選考に残っている皆様の通過を陰ながら祈っております。

以上、電撃2次&3次発表の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

日帰りファンタジーコンテスト

こんにちは、らくだです。

カクヨムで新コンテスト「カドカワBOOKS×カクヨム“日帰りファンタジー”短編コンテスト」が開催される模様です。

受付開始は9月1日からですが、参加予定の皆様は夏休みなどを利用して、今から書き始めるとよさそうですね。
(夏休みがあれば、の話ですが……)

【応募要項】
https://kakuyomu.jp/contests/kadokawabooks_contest

・募集内容 異世界と現代を行ったり来たりする日帰りファンタジー小説
・受付期間 2017年9月1日(金)〜2017年10月1日(日)
・規定字数 本文5,000字〜20,000字
・賞 最優秀賞(1名)賞金10万円

非常に面白そうなコンテストではありますが、「日帰りファンタジー」の定義がわかりづらいので、戸惑っているユーザーさんも多いようです。

これ、どうなんでしょうね?(汗)

たとえば『ドラえもん』はOKなのか……。
あの作品は過去や未来を行ったり来たりできるけど……。

というわけで疑問点も多いですが、詳しい説明がこれから補足されることを期待しつつ、しばらく様子見しようと思います。

以上、日帰りファンタジー短編コンテストの紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

編集(て)の夏の三題噺大賞!

こんにちは、らくだです。

様々な投稿企画を実施しているコバルトに、今週また新しいコンテストが登場しました。

以下リンク。
今回も一風変わった企画となっています。

【編集(て)の夏の三題噺大賞!】
http://cobalt.shueisha.co.jp/contents/sandaibanashi/

・募集内容 以下3つのキーワードを使ったショートストーリー
・キーワード 「バカンス」「コップ」「絶体絶命」
・応募方法 上記サイトからウェブ投稿
・最終締切 2017年8月31日(木)
・規定字数 750字〜800字
・賞 図書カード5,000円

三題噺(さんだいばなし)とは、無関係な3つのキーワードを使って小説を書くというもので、新人漫画家さんのネーム練習などにも使われているそうです。

ちなみに集英社の入社試験でもよく出題されるとか。
入社試験で小説を書かされるとは、さすが出版社という感じですよね。

それから応募のヒントとして、『選者は「バカバカしいもの」と「一発ギャグ」が大好きです』と書いてあるので、笑える話が良さそうな印象です。

規定字数も割と短めで、それこそ長編のあらすじ程度の文字数なので、皆様是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする