2019年10月16日

ビーズログの総評

こんにちは、らくだです。

10月1日に最終発表があった第2回ビーズログ小説大賞ですが、編集部の総評と受賞者コメントが追加でアップされました。

というわけでリンクと応募数を改めて掲載。

【第2回ビーズログ小説大賞】
https://bslogbunko.com/special-contents/bslog_award2/

・応募総数 558本
・1次通過 67本(約12%)
・2次通過 22本(約4%)
・3次通過 9本(約2%)
・受賞作品 5本(約1%)

現代部門がなくなった件は……。
特に触れられてないようですね……。

選評を読む限り、現代部門に対する手応えが書いてありますし、決して失敗だったわけではないと思うのですが、いわゆる大人の事情というものでしょうか。

ちなみに第3回の応募要項はこちら。
募集内容は「異世界を舞台としたファンタジー小説」限定です。

【第3回ビーズログ小説大賞】
https://bslogbunko.com/special-contents/bslog_award3/

現代部門の廃止は残念ですが、最近はファンタジーといっても幅が広いですし、ビーズログには今後もバラエティに富んだ作品を期待したいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

あなたの小説に足りないのは謎だ

こんにちは、らくだです。

毎度お馴染みの公募ガイド。
今月号の特集は「あなたの小説に足りないのは謎だ!」というお題です。

謎=ミステリーというイメージですが、ミステリー以外のジャンルであっても、謎は物語を引っ張っていく重要な要素。

詳しくは本誌参照ですがネットにも結構詳しい紹介が載っています。

【あなたの小説に足りないのは謎だ!】
https://www.koubo.co.jp/magazine/tokusyu/201911.html

話はそれますが「ミステリーツアー」ってありますよね。
どこへ行って何をするのか参加者にまったくわからないアレ。

ああいうの申し込む人いるのかなと疑問だったんですが、前に旅行会社で働いたら、想像以上の人気っぷりにビックリしたという思い出が。

自分だったらちょっと遠慮したいところですが、「わからない」というのは、逆に魅力になるんだなーと勉強になりました。

それからもう1つ。
公募ガイドの表紙の犬にセリフをつける連動コンテストが開催されています。

【表紙イラストのセリフ募集!】
https://www.koubo.co.jp/reading/rensai/oubo/serifu/serifu.html

発言者は探偵の格好をした犬。
素敵なセリフを思いついた方は是非応募してはいかがでしょうか。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 執筆の心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

昔話をミステリータッチにリメイクコンテスト

こんにちは、らくだです。
公募ガイドが「昔話をミステリータッチにリメイクコンテスト」を開催中です。

桃太郎や一寸法師など、お馴染みの昔話をミステリー風にアレンジし、ハッシュタグをつけてツイッターで投稿する企画です。

【昔話をミステリータッチにリメイク! コンテスト】
https://www.koubo.co.jp/reading/tanpatsu/oubo/mystery.html

例として載っているのは浦島太郎。
カメのセリフが真面目なのにおかしいです。

話はそれますが、自分は子供の頃に浦島太郎を読んだ時、どうしても納得がいかなかったんですよね。

主人公はカメを助けたのに何故ジジイになるのかと。
カメをいじめたならともかく勧善懲悪的に筋が通ってないじゃないかと。

という疑問を持って生きてきましたが、大人になった今の私は、乙姫様スーパー逆ギレ説を推したい。

<乙姫様スーパー逆ギレ説>
これほど歓待したのに帰るですって? 身も心も全部あなたに捧げたのに? 今更ふざけないで。そうだ、私を捨てた男などジジイになってしまえばいいわ。開けるなと言っておけば愚かなあの男は絶対に開けるでしょう。

女って怖いなあー(棒読み)

この改変はミステリーではなくホラー(?)ですが、ミステリー風のアレンジを思いついた方は、コンテストに挑戦してみてはいかがでしょうか。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

第21回小説を書くためのプチアドバイス

こんにちは、らくだです。
コバルトの連載企画「小説を書くためのプチアドバイス」が更新されました。

三浦しをん先生が読者の質問に答えるこのコーナー。
今回は「構想と構成の練りかた編」&「キャラクターのつくりかた編」です。

【第21回小説を書くためのプチアドバイス】
http://cobalt.shueisha.co.jp/write/column-miura-shiwon/003303/

前回に引き続き今回も長いです。
あまりに長いので文字数を数えたら約12,000文字ありました。

プチとは一体……(哲学)

あと今回は締めのメッセージが胸に響きました。
長いですが是非とも紹介したいので上記リンク先から引用します。

『小説を書くことにお疲れになったら、ちょっと休めばいいと思います。無理をしたり、「こう書かなきゃならない」と自身に制約を課したりは、決してなさらないでください。休んだらきっとまた、「書きたいな」という思いが湧いてくるでしょう。そのときに楽しみつつ、けれど渾身で登場人物や設定や構成などについて考えながら、心の赴くままに書けばいいのだと思います』

こんなん胸にしみるわ!!!(号泣)

でも本当にそうですよね。
世界中の全投稿者にこのメッセージを届けたい。

長い間小説投稿を続けていると、書くことが義務のようで苦痛になってくるものですが、実際は疲れてしまったら少し休んでもいいわけですし、楽しむ気持ちを忘れずに創作と向き合いたいと改めて思いました。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 執筆の心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月12日

カクヨムロイヤルティプログラムの事前登録

10月29日開始予定のカクヨムロイヤルティプログラム。
スタートに先駆け10月10日から参加登録の事前受付が始まりました。

【事前受付がスタートしました】
https://kakuyomu.jp/info/entry/kakuyomu_loyalty_program_preregistraiton

これに伴い従来の利用規約がアップデートされました。
さらに本プログラムの利用規約が新しく公開されています。

【利用規約を変更しました】
https://kakuyomu.jp/info/entry/tos_update

それからもう1つ。
受付開始から24時間限定でリワード山分けキャンペーンが実施されました。

残念ながら現在は受付終了ですが一応リンクを。
ちなみに自分はギリギリで滑り込み登録しました。

【リワード総額100万円分プレゼント】
https://kakuyomu.jp/info/entry/klp_24hours_campaign

たぶん前にも書いた通り、1年で3,000円も貯まらないと思いますが、これを機にエッセイを連載してみるのも面白いな〜なんて考えてみたり。

金銭目的ってわけじゃないですけど、やっぱり目に見える数値目標があると、モチベーションが上がりますもんね。

というわけで収益プログラム事前登録の話題でした。
続報が発表されたらまた追って紹介したいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする