2020年10月18日

作品評価とコミュニケーションについて

カクヨムブログに作品評価とコミュニケーションに関する注意事項が掲載されました。

【作品評価とコミュニケーションについて】
https://kakuyomu.jp/info/entry/kakuyomu_tips_2020atm

内容を短くまとめると、
・★やレビュー等はポジティブな反応を作者へ届けるための機能
・近況ノートでの作品・作者への誹謗中傷、過度な批判は禁止
・作品を適切に閲覧せずに★を付与する行為も禁止

特に下の2つは赤文字で強調してありますが、このタイミングでこういう記事が上がってくると、ユーザー間でトラブルがあったのか? と疑ってしまいます。

これは本当に難しい問題ですよね……。

言った方は改善点をアドバイスしたつもりでも、言われた方はそれを攻撃だと感じる場合もありますし、そこから泥沼の言い争いに発展……なんて事態は投稿者なら誰しも経験があるのではないでしょうか。

ちなみに、ユーザー間じゃなくて評価シートですが、自分が投稿関係で過去一番傷付いた言葉は「おままごとレベル」です(何度でも言うよ!)

とにかく、作品について感想を書く場合は、言う側も受け取る側もお互いに思いやりを持ちたいですね。

それとは別に、アドバイスでも何でもない単なる誹謗中傷もネット上には存在するので、そういうものは利用規約違反として運営に報告するなど適切に対処したいところです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月17日

GoToEATプレミアム食事券

皆様はGoToキャンペーンを利用されていますか?
私は食欲の秋ということでGoToEATプレミアム食事券を購入しました。

購入方法は自治体によって色々らしいですが、大阪府の場合はだいたいこのような流れです。

(1)インターネットで申込み、引換番号を取得
(2)ファミリーマートのFamiポートで引換券を発券
(3)レジでお金を払って食事券を受け取る

というわけで、さっそく近所のファミマへ行ったのですが、いざFamiポートで引換券を発券したら「チケット枚数32枚」と書かれた紙が出てきました。

え、32枚……? 私が予約したの2冊だし何かの間違いじゃ……?

恐る恐るレジで確認したところ、
「そうなんです。1,000円券と500円券があって、2冊購入した場合チケットが32枚出ますので、発券に5分くらいお時間が必要です。よろしいですか?」

よろしいも何も、ここで「だが断る」なんて言ったら永遠に引換不能では?

なので5分待って引換しましたが、チケットが出終わるまでレジが止まる様子だったので、混んでる時間帯に行ったら後ろに並んでるお客さんに迷惑だろうな〜と思いました。

あと店員さんが「お待たせしてすみません」とすごい謝ってましたけど、自分もコンビニ経験あるので、5分もレジを止めてしまってむしろこちらが申し訳ない気分になりました。

大阪府に限らずGoTo自体が急ごしらえなので、多少は仕方ないにせよ、せめて混んでない時間帯に行きたいですね。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月16日

第70回イラスト大賞の発表

こんにちは、らくだです。
第70回コバルトイラスト大賞の発表がありました。

今回はテーマが「美味しいごはん」だったので、明るく元気が出るようなイラストが多く、発表を眺めているとこちらも楽しくなってきます。

やはり美味しいごはんは正義だった……!

【発表ページ】
https://cobalt.shueisha.co.jp/contents/illust_prize_70/

イラスト大賞そのものはもう70回ですが、去年リニューアルしてからは「指定のタイトル&あらすじのカバーイラストを描く」という形式になったので、描き手の個性がより際立つようになりました。

私はこの部分がすごく面白いし見応えがあると思います。

描き手全員が同じあらすじをインプットしても、アウトプットとして出てくるイラストはこんなに違うわけで、その違いこそが他者とは違う描き手一人一人の個性であり魅力だと思うんですよね。

これは小説にも当てはまることではないでしょうか。
仮に同じテーマで作品を書いてもまったく同じものは絶対に出来ないわけで。

そういう自分自身の個性を、創作する上で大切にしたいなと改めて思いました。

ちなみに次回のイラスト大賞のテーマは未発表ですが、きっと楽しいタイトル&あらすじを提供してくれるに違いないので、第71回の募集要項の公開を楽しみに待ちたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月15日

新ジャンルに関するアンケート

こんにちは、らくだです。

魔法のiらんどが2020年4月に追加された6つの新ジャンルに関するユーザーアンケートを実施中です。

受付期間は10月15日から29日。
回答すると抽選で100名にAmazonギフト券500円分が当たるようです。

【新ジャンルに関するアンケート】
https://maho.jp/info/entry/campaign-ank-20201015

せっかくなので自分も回答してきました。
なお今回のアンケート対象となっている新ジャンルはこちらの6つ。

「オトナLOVE」「学園LOVE」「ラブコメ」「BL」「歪んだ愛」「不良LOVE・アウトロー」

恋愛ジャンルをこれだけ細分化しているのは親切ですよね。
このあたりはさすが女性向けに特化したサイトだなと思います。

ところで上のアンケートですが、「歪んだ愛」だけ他の5個より質問数が多く、他サイトのオススメ作品を入力する欄があったんですけど……。

今後特に力を入れたいということでしょうか?
私は歪んだ愛は好きなのでもしそうだったら歓迎ですが。

ちなみに受付期間は29日までですが、状況によってはそれより前に終了する場合もあるようなので、アンケートに協力したい方は早めに回答するのが良いかと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月14日

最年長応募で特別賞?

こんにちは、らくだです。
公募ガイドの意見投稿企画「これってどうなの?」のお題が発表されました。

私が毎月ひそかに楽しみにしているこの企画。
次回募集分のテーマ(10/25〜11/20)はズバリこちらです。

【これってどうなの?(真ん中あたり)】
https://www.koubo.co.jp/reading/rensai/oubo/fanclub/fanclub.html

<第11回の質問>
「最年長応募ということで特別賞を受賞するケースがあるが、これってアリ? ナシ? 理由も書いてください」

これは、自分だったらちょっとイヤかも……。

賞に参加する以上は、本人のパーソナルデータではなく、作品の内容そのものを評価された上で受賞したいですよね。

というわけで、私はどちらかと言うと反対派ですが、見ている側からすると励まされる側面もあるような気がします。

以前MFJの1次発表で80代の通過者がいたことがありました。
その時はすごく励みになったし自分も頑張ろうという気になりました。

作品の内容を直接読んだわけじゃないのに、その人の年齢だけを見て励まされたのは、ひょっとしたら失礼なことだったのでしょうか……?

うーん、よくわからなくなってきた(汗)

そもそもこの企画自体、毎回賛否がわかれそうなテーマを選んでますし、本誌の発表で賛成派・反対派それぞれの意見を読んでみたいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする