2017年08月06日

集英社ラノベの2次結果

こんにちは、らくだです。
集英社ライトノベル新人賞(前期)の2次発表がありました。

以下リンク。
17本まで絞られましたが通過者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://dash.shueisha.co.jp/award/dx7thAwardEarly/result.html

・応募総数 461本
・1次通過 66本(約14%)
・2次通過 17本(約4%)

なお以前も話題にしましたが、集英社ラノベの評価シート送付は、1次通過以上となりました。

これ……。
地味に痛いですよね……。

今までは1次落ちでも選評があったので、落選した理由がわかって改稿の余地があったのですが、選評がなくなったらお手上げ状態というか。

いやまあ。
通過すれば貰えるんですが、それが何より難しいわけで。

そうはいっても、評価シート自体がなかった昔に比べれば、今の状況は投稿者にとって恵まれているので、色々と試行錯誤しつつ頑張りたいと思います。

以上、集英社ラノベ2次発表の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

講談社ラノベの2次発表

こんにちは、らくだです。

紹介するのが遅れましたが、講談社ラノベ文庫新人賞の2次結果が、7月31日に更新されました。

以下リンク。
通過された皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://lanove.kodansha.co.jp/award/rookie/7/

・応募総数 348本
・1次通過 66本(約19%)
・2次通過 12本(約3%)

講談社ラノベは2次の後が最終ですよね。
どの作品が通過するのか最後まで見守りたいです。

そして、そして。
話題はまったく変わりますが、7月分のブログを配信しました。

【らくだ図書館(67)】
http://p.booklog.jp/book/116404

いつも毎回思うんですが、ブログで紹介する前に閲覧してくださる方々は、一体どこから辿り着いているのでしょうか……(謎)

いやでも本当にありがたいです。
これからも「らくだ図書館」本体共々、パブー版もよろしくお願い致します。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

カクヨム名レビュー発掘会

こんにちは、らくだです。

カクヨム甲子園だと?
高校生じゃないから参加できんわ!

という大人ユーザーのため(?)に、「これは読みたくなる! カクヨム名レビュー発掘会【カクヨム甲子園篇】」という、レビュー企画が実施されています。

詳細はコチラ。
公式ブログの紹介記事をご覧ください。

【カクヨム名レビュー発掘会】
https://kakuyomu.jp/info/entry/2017/08/04/181235

・企画概要 カクヨム甲子園の応募作品に寄せられたレビューで特に力が入ったもの数点をカクヨム内の特集ページで紹介する
(第1回と書いてあるので第2回もある模様)
・応募締切 8月8日(火)
・結果発表 8月9日(水)
・賞や賞品 特になし

賞品などは特にないミニ企画のようですが、「自分のコメントが紹介されるかもしれない!」と思うと、レビューを書く際に気合が入りますよね。

しかしアレですね……。
参加リストを見ていると高校生のユーザーも相当多いんですね……。

なんだか自分は肩身が狭い気分ですが、未来ある若者を応援しつつ、自分自身の創作も頑張ろうと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

食べ物のキモチ小説賞

こんにちは、らくだです。

様々なコンテストを実施しているコバルトが、このたび新たな投稿企画を開催する模様です。

今回はなんとお料理研究家、平野レミさんとのコラボ企画。
一風変わったコンテストですが、詳細は公式サイトをご覧ください。

【食べ物のキモチ小説賞】
http://cobalt.shueisha.co.jp/contents/food_feeling/

・募集内容 食材や料理を主人公にした小説
・規定字数 1,000字〜3,000字
・応募方法 Web投稿のみ受付
・参加締切 9月18日(月)

応募要項を読んだところ、ただ単に料理が出てくる小説ではなく、「食べ物そのもの」が主人公の小説を募集するみたいです。

<サイトに掲載されている例>
・吾輩は、じゃがいもである。
・わたしとわたし、双子のさくらんぼ。

また受賞者への賞品も、フライパンやエプロンなど、実用的な品物ぞろい。
通常の小説賞とは一線を画する、斬新なコンテストとなっています。

というわけで。

お料理大好き&食べるの大好きな皆様は、いつもの投稿とは一味違った気分で、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

第189回コバルト短編の結果

こんにちは、らくだです。

とうとう8月になりましたが、相変わらず暑い日が続きますね。
疲れが出やすい時期でもあるので、皆様どうぞお気を付けください。

さて本題。
第189回コバルト短編小説新人賞の結果が発表されました。

以下リンクです。
作品が掲載された皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://cobalt.shueisha.co.jp/write/newface-award/no189/

今回は珍しく入選が2本という結果に。

特に『海底に降る』の選評は、ラストの数行が賛否両論だったらしく、編集者の意見が真っ二つに分かれる内容でした。

ちなみに自分ですが、本文よりも先に選評を読んで、ネタバレを知る結果に。
こんなことなら何の先入観もない状態で先に本文を読めばよかったです(汗)

それはともかく、これだけ編集者が熱くなるのは、作品自体に魅力があるという証拠ですよね。

そうでなければ議論も起きないだろうし、そんな魅力的な小説を、自分もいつか書けるようになりたいです。

以上、第189回コバルト短編の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする