2018年02月01日

こどもちゃ○んじ

昨日書いた通り息子が亡くなってしまったので、色々な方面でキャンセルの手続をしたわけですが、一番苦労したのはベ○ッセの「こども○ゃれんじ」でした。

まず退会の方法は電話オンリー。

でまあ、それはいいんですが、いざ退会を申し出たら猛烈に引き止められるわけですよ。

コールセンターのお姉さん
「えっまだ1号しか届けてませんよね?」
「それだけで判断するのは早すぎないですか?」
「せめて2号と3号の教材も使ってみたらいかがでしょう?」

あれはいったい何なんでしょうね。
退会を受け付けたらその係員の成績が下がったりするのでしょうか。

ちなみに自分もコールセンター経験者なので、「わかるよー大変だよねー」と思いながら聞いていたのですが、会話の途中で痛恨の一撃がぶっ刺さりました。

「2号のオモチャはオススメなので、○○ちゃん(息子の名前)と遊んだら、きっと喜んでくれると思いますよ!」

いや待ってよ。
名前出すのズルイじゃん。

その瞬間、怒りとも悲しみともつかない感情が込み上げてきて、泣いたって仕方ないのは承知ですが電話しながら泣いてしまいました。

別にイヤになってやめるわけじゃない。
2号が届くの楽しみだったし、私だって、もっともっと遊びたかった。

……という事情を説明したら、さすがにあっさり退会処理してもらえたし、無理に引き止めたことを丁寧に謝ってもらえたんですけどね。

なお弁解しておきますが、こどもちゃれ○じに恨みはないですし、もし2人目が来てくれたらまた利用したいなと思っています。

以上、特にオチもないですが、最近あった出来事の紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

1月の出来事

急な不幸に見舞われ生後まもない息子が天国へ旅立ってしまいショックと心身の疲労で40℃近い熱が出て寝込んだ末に呼吸困難を起こして意識不明の状態になり真夜中に救急車で搬送されるという1月を送っていた常木らくだです。

確かにおみくじで凶ひいたけどさ?
もはや凶で済むレベルじゃないよねコレ?

というわけでブログをなかなか更新できませんでした。

年末に再開すると言っていたのに申し訳ありません。
とても文章を書けるような状態ではなかったのでご容赦ください。

そして冒頭の件ですが、これはもう今日や明日どうにかできる悲しさではないので、これから一生かけてゆっくり向き合っていこうかなと思っています。

ただまあ、悲しいと思えるのも、生きている証拠ですからね。

普段忙しい毎日を送っていると忘れがちになりますが、特別な出来事なんか何も起こらなくても、今生きていることがそれだけで大きな軌跡なんだなーと。

急に目の前で消えてしまった、小さいけれど温かい命に想いを馳せて、そんな風に考えた1月でした。

明日が来るのは決して当たり前のことではありません。
突然終わってしまう可能性もあるしそう考えると一日一日すべてが宝物です。

皆様も今ある毎日を大切にして、どうか幸せに過ごしてください。

私も今まで通り……とはいきませんが、喜びも悲しみもすべて大切にして、これから毎日生きていこうと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(5) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

年末のご挨拶

すっかり久し振りの更新となりました。
寒い中ですが皆さま元気でお過ごしでしょうか。

さてさて。
報告が遅くなりましたが、11月6日に出産しました。

あの常木らくださんがママなんて信じられない!
(自分で言う)

しかしあれですね。
赤ちゃんのお世話って大変ですね。

もちろん子どもが産まれたことは非常に嬉しいのですが、執筆の時間はおろか、食事時間や睡眠時間までゴリゴリと削られていく……(汗)

そんなわけでしばらくブログを休みましたが、決して忘れたわけではなく、むしろ書きたいネタは大幅に増えています。

特に書きたいのは尿管の話、陰毛の話、それから放屁の話でしょうか。
(下ネタではなく出産関係の真面目な話です)

なので来年は、毎日は無理かもしれませんが、こちらの活動を徐々に再開したいと思います!

それから今回は読者の皆様に改めて感謝しました。

しばらく更新がないことがわかっているのに、毎日チェックしてくださる方々がいて、ブログの書き手として本当に嬉しかったです。

そんなわけで今年もありがとうございました。
それでは皆さまどうか良いお年をお迎えください。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(3) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

冬の童話祭2018

こんにちは、らくだです。
小説家になろうの公式企画「冬の童話祭」が今年も開催決定しました。

11月30日の本サイト公開に先駆けて、ティザーサイトが登場しているので、参加予定の皆様は要チェックです。

【冬の童話祭2018】
https://marchen2018.hinaproject.com/

今回のテーマは『if(もしも)の話』。

誰もが知っている有名な童話に、if(もしも)の設定を付加することで、新しい物語を作るという趣旨のようです。

例として載っているのは、
・りんごが大っ嫌いな白雪姫
・バッドエンド回避を試みるマッチ売りの少女
・「きびだんご? 何それ?」状態な桃太郎のおばあさん

新たな設定を少し加えただけですが、これだけでも話の内容が大きく変わりそうですし、色々と想像力が掻き立てられますね。

なおif設定の使用は強制ではなく、自分で考えたオリジナル童話でも、冬の童話祭に参加できる模様です。

というわけで。
童話を書かれる皆様は挑戦してみてはいかがでしょうか。

ちなみに冒頭に書いた通り、詳しい応募要項は11月30日(木)に発表されるようなので、また紹介したいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

チョコレート小説賞

こんにちは、らくだです。

コバルトで新しい投稿企画、その名も「チョコレート小説賞」が、昨日より募集開始しています。

【チョコレート小説賞】
http://cobalt.shueisha.co.jp/contents/chocolate_novel/

・募集内容 チョコレートをテーマにした小説
・規定枚数 400字詰原稿用紙換算で80枚以内
・投稿方法 ウェブ投稿のみ、郵送投稿不可
・応募締切 2017年12月24日(日)
・結果発表 2018年2月14日(水)
・入選賞金 5万円

締切がクリスマスイブで、発表がバレンタインデーとは、なんとも粋な(?)はからいです。

なお今回のテーマはチョコレートですが、これなら甘い話も書けるし、逆にほろ苦い話も書けるし、色々と工夫できるのではないでしょうか。

ちなみに自分が書くとしたら、去年のバレンタインに手作りの生チョコを作ったので、その時の体験を書きますかね。
(当時の記事はコチラ)

生チョコって買うと結構高いですが、生クリームを混ぜるだけで簡単に出来るので、甘い物が食べたい時にオススメです!

というわけで。
話がそれましたが今回はチョコレート小説賞の紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする