2019年07月03日

夏のホラー2019

こんにちは、らくだです。
連日の蒸し暑さに耐えきれず今年初めてエアコンをつけました。

涼しい部屋で飲む夏のビールは最高ですね!

ところで夏といえばホラー。
ホラーといえば小説家になろうのホラー企画が今年も開催決定しました。

【夏のホラー2019】
https://syosetu.com/event/horror2019/

・募集内容 病院をテーマにしたホラー小説
・規定字数 投稿可能な文字数であれば不問
・受付期間 2019年7月11日(木)〜8月29日(木)
・指定キーワード 夏のホラー2019(数字は半角)

そうそう。
病院&ホラーで思い出したんですが。

以前夜中に呼吸困難になったことがあり、救急車で近所の総合病院へ運ばれたんですが、対応してくれた看護師さんが返り血に染まった白衣を着ていて恐怖を感じた経験が。

いったい何があったんだ!
いや怖いから聞きたくないけど!

まあとにかく、病院と怖い話は密接な関係にありますし、ホラー小説好きの皆様は参加してみてはいかがでしょうか。

以上、夏のホラー2019の紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月02日

小説家になろう15周年イベント

こんにちは、らくだです。

今年で15周年を迎えた小説家になろう。
それを記念してリアルイベントが開催決定。

下記のページにて現在エントリーを受付中です。

【15周年イベント】
https://n15-event.com/

・開催日時 2019年9月29日(日)
・開催場所 松下IMPホール(大阪市中央区)
・応募締切 2019年7月25日(木)
・当選発表 2019年8月1日(木)
・実施内容 ゲストを呼んでのトークショー(詳細は後日発表)

大阪開催キタコレェェェ!
さっすが枚方市の企業やでぇぇぇ!

ってかIMPホールってめっちゃ広いですよ?
公式サイトに載ってる総座席数857席ですよ?

というわけで。
わたくしもエントリー致します。

なろうでは活動実績ないけど、あの座席をそのまま使うなら収容人数ハンパないし、当選するに決まってるよね!(フラグ)

無事に参加できた暁には内容をレポートしたいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(2) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月01日

スタイリッシュ重課金

こんにちは、らくだです。

なろうで新コンテスト「下野紘・巽悠衣子の小説家になろうラジオ大賞」が開催決定しました。

【募集要項】
https://www.agqr.jp/topics/archives/post_1288.php

・募集内容 オリジナルの超短編小説
・規定字数 1,000字以下
・受付期間 2019年7月1日(月)〜7月31日(水)
・応募条件 以下のテーマをタイトルに入れること

テーマ
悪役令嬢、スローライフ、もふもふ、ダンジョン経営、婚約破棄、タイムスリップ、重課金、おっさん、妖怪、異世界、賢者、スタイリッシュ、怪盗、グルメ

テーマを見ていてふと思ったんですが。
先週ここに書いたクレジットカードが止まった件。
あれってある意味スタイリッシュ重課金じゃないでしょうか。

いやだって、ロックかかるくらいスムーズに課金したんだから、これはどう考えても完全にスタイリッシュ(確信)

というわけで加筆修正して応募しません。
そりゃそうだそこまで本格的なドMじゃねえよ。

冗談はさておき、1,000字以下というコンパクトな賞ですし、選出されると声優さんが朗読してくれるので、気になった皆様は応募してはいかがでしょうか。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月30日

シチュエーション斬りコンテスト

こんにちは、らくだです。

カクヨムで新コンテスト「スニーカー文庫《シチュエーション斬り!!》コンテスト」が開催決定した模様です。

【応募要項】
https://kakuyomu.jp/contests/sneaker_situation/detail

・募集内容 下記のシチュエーションを扱った小説
・受付期間 2019年7月1日(月)〜8月31日(土)
・規定字数 完結・未完問わず50,000字以上
・大賞特典 担当編集がつく&スニーカー文庫ベスト3冊贈呈

提示されたシチュエーションは以下の2つ。
今回は部門を選んでどちらかへ応募する形となります。

@「お隣さんの美少女がなぜか俺に惚れている」
甘くて悶えるようなシーンがたくさんあること

A「双子のヒロインが迫ってくる……どっちもどっちで選べねえ……」
違う魅力を持った二人のヒロインとのラブコメ

どちらも王道ラノベシチュですが、コンテスト名に「斬り」とある通り、単純な予想の上を行く作品が求められているようです。

というわけで。
我こそはという皆様は応募してみてはいかがでしょうか。

以上、シチュエーション斬りコンテストの紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

途中経過レポート

こんにちは、らくだです。

たびたび紹介している公募ガイドの賞金獲得レースですが、芸人さんの途中経過レポートが続々とアップされています。

早くも入選する芸人さん。
落選して落ち込む芸人さん。

それぞれの参加者が十人十色の公募ライフを送っている模様です。

【賞金獲得レース】
https://www.koubo.co.jp/race/#panel-3

すべて読みましたが、
・結果待ちの不安な気持ち → わかる
・落選して悔しがる気持ち → わかる
・入選して舞い上がる気持ち → わかる

というわけで。
どのレポートを読んでもわかりみがすごい。

特に共感を感じたのは「入選作品読んだら"あたしのが良いけどなぁ"って思ってしまう」というコメントですね。

入選作との実際の比較はまた別問題として、思わずそう考えてしまうほど落選を悔しく感じるのは、投稿者あるあるなんじゃないでしょうか。

そんなわけでこの企画、もはや他人事とは思えないので、これからも経過を追っていきたいと思います。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 投稿の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする