2017年02月06日

「寒い日は鍋! お気に入りの鍋料理を教えてください。」

【1/25〜2/8】「寒い日は鍋!お気に入りの鍋料理を教えてください。」

やったね!
今週のブログテーマは鍋だよ!

寒い日の鍋といえば、中華鍋専門店「小肥羊」の、火鍋がオススメです。
すでに何度も紹介していますが、例によって昨日も食べてきました。

170206-01.JPG

ピリ辛の麻辣(マーラー)と、コクのある白湯(パイタン)。
1つの鍋で2種類の味が楽しめちゃいます。

麻辣の辛さは3段階から選べますが、辛い物が割と好きな自分でも、「小辛(★)」がちょうどいいです。

ってか小辛でもこれだけ唐辛子が入ってるんですよ!
「大辛(★★★)」なんて頼んだらどうなっちゃうんでしょう(汗)

170206-02.JPG

おいしそうなラム肉!

実は今まで羊肉って苦手だったんですが、小肥羊の火鍋にハマって以降、自分から進んで食べるようになりました。

というわけで、羊肉が苦手な方にこそ、是非ともオススメしたい一品です。

170206-03.JPG

火鍋だけに限った話ではないですが、野菜をたくさん食べられるのは、鍋料理の大きな魅力だと思います。

サラダだとあまり量が摂れないですもんね。
特に今は寒さが厳しいせいか、どの野菜も、甘みがあっておいしいです。

170206-04.JPG

というわけで完食!
香辛料のナツメやクコの実も残さず食べました。

デザートはマンゴープリン。
一応ここは鍋専門店ですが、マンゴープリンも絶品です。

170206-05.JPG

というわけで。
今週のブログテーマにならい、オススメの鍋を紹介しました。

店舗は東京に集中してますが、一応全国チェーン(?)なので、お近くの方は是非行ってみてください。

【小肥羊(シャオフェイヤン)】
https://www.hinabe.net/
posted by 常木らくだ at 23:00| 今週のブログテーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

ビーズログ文庫×カクヨム「恋愛小説コンテスト」最終選考

<常木らくだの1月>
・おみくじ凶
・集英社で1次落ち
・38℃近い熱が一週間続く
・評価シートで酷評されて轟沈

振り返ってみるとこんな感じでした。
2月はいいことあるといいなぁ……(涙)

さて本題。

先日カクヨムで開催されていた、ビーズログ文庫×カクヨム「恋愛小説コンテスト」ですが、最終選考の作品が発表されました。

【発表ページ】
https://kakuyomu.jp/info/entry/2017/02/03/183326

・応募総数 568本
・中間選考通過 51本(約9%)
・最終選考作品 16本(約3%) 

今回のテーマは女性向けの恋愛小説ですが、通過リストを見ていると「悪役令嬢モノ」「異世界お仕事モノ」などの、トレンド傾向が割と見られる感じがします。

やはりその辺が最近の人気ジャンルなのでしょうか。
現代舞台の純愛小説などもあるので、もちろん一概には言えませんけどね。

ちなみに最終選考の結果発表は2月27日だとか。
あと残り3週間ほどありますが、どの作品が受賞するか楽しみです。
posted by 常木らくだ at 23:00| カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

「キョロ充」

こんにちは、らくだです。

第186回コバルト短編小説賞の発表がありました。
今回は応募総数314本のうち、入選1本、最終3本が掲載されています。

お名前のあった皆様はおめでとうございます!

【発表ページ】
http://cobalt.shueisha.co.jp/write/newface-award/no186/

選評を読んで初めて知りましたが、最近は、キョロ充なんて言葉があるようで。

ちなみにキョロ充とは、「ひとりぼっちになることを非常に恐れていて、いつも知り合いを探してキョロキョロしている人のこと」らしいです。

うーん……。
その気持ち全然わからん……。

むしろ自分が学生だった頃は、知人に遭遇するのが面倒だから、誰にも会わないようにキョロキョロしていた記憶が。

っていうか今でもそうだよ!
そういう意味では自分もキョロ充だね!
(充実してないけど)

とにかく人の価値観は色々だということを改めて認識しました。

以上、投稿と関係ない話になってしまいましたが、コバルト短編賞の講評は毎回勉強になるので次回の更新も楽しみです。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

一人称のメリット・デメリット

こんにちは、らくだです。
ウェブコバルトの「小説を書くためのプチアドバイス」が更新されました。

以下リンク。
連載第5回の今回は「一人称のメリット・デメリット」に関する話題です。

【小説を書くためのプチアドバイス】
http://cobalt.shueisha.co.jp/write/column-miura-shiwon/001074/

途中に詳しく載っていますが、語り手である主人公の外見をどのように描写するか、一人称だと難しいですよね。

ちなみに良くない例としては、主人公が鏡を見るシーンでついでに説明する、というのが載っています。

鏡を見て自分自身の外見説明……。
まあ確かにぶっちゃけ不自然ですよね……。

一方このコラムで推奨されているのは、他キャラとの会話の中で説明する方法。

具体例はリンク内に詳しく載っているので、ご興味のある皆様は、サイトを是非チェックしてみてください。

余談ですが自分が一人称で書く場合、まず他のキャラの外見描写をして、そこに説明を追加することが多いです。
(「あの子はサラサラのストレート、それに比べて私はクセッ毛で……」みたいな)

以上、コバルトのプチアドバイス企画の紹介でした。
次は三人称がテーマなので、次回の更新も楽しみです。
posted by 常木らくだ at 23:00| 少女系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

らくだ図書館(61)

こんにちは、らくだです。

体調を心配する多数のコメント、どうもありがとうございます。
おかげ様で今はすっかり健康です。

それと評価シートに関する件で、昨夜はだいぶ感情的になってしまいましたが、一晩たって少し落ち着きました。

「執筆が好き」という気持ちは、本来とても素敵なものなのに、それがギスギスした気持ちに変わってしまったら悲しいですよね。

もちろん人間である以上、常に笑顔でいることは現実的に難しいですが、楽しい気持ちでいられる瞬間を少しでも増やしていきたいです。

ところで今月もパブー版を配信しました。
61冊目となる今回は1月分のブログが載っています。

【らくだ図書館(61)】
http://p.booklog.jp/book/112907

1月は更新が乱れがちだったので、その点でも皆様に心配をお掛けしましたが、2月はたぶん大丈夫だと思います。

体調さえ万全の状態なら、毎日更新は難しくない!
そう、体調さえ万全ならば!(2回言う)

というわけで。

正直ツライことも多いのが投稿生活ですが、気持ちがギスギスしないよう、心に余裕を持って取り組んでいきたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする