2019年02月27日

ラジオドラマ短編小説賞の結果

こんにちは、らくだです。

小説家になろうで開催された「第3回MBSラジオドラマ短編小説賞」の受賞作品が決定しました。

ラジオドラマの放送は4月予定で、今回パーソナリティをつとめるのは、諏訪部順一さんと内田彩さんです。

【発表ページ】
https://blog.syosetu.com/?itemid=4021

さらに第4回の受付が3月1日から開始。
詳細についてはリンク先をご確認ください。

【応募要項】
https://syosetu.com/event/m-radio2018/

・ジャンル 童話、詩、エッセイ、その他
・受付期間 2019年3月1日(金)〜4月30日(火)
・結果発表 2019年5月下旬頃
・放送時期 2019年7月頃
・パーソナリティ 中尾隆聖さん、阿澄佳奈さん

中尾隆聖さん……!
フリーザ様じゃないですか……!

それはそれとして、今回は小説以外のジャンルがメインですが、童話やエッセイのコンテストは少ないですし、この機会に挑戦してみてはいかがでしょうか。

以上、MBSラジオドラマ短編小説賞の紹介でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

SNSはやっていますか?

こんにちは、らくだです。

今の仕事が3月末で契約期間終了なので、平日の夜と土日を使って転職活動しており、ブログの更新が途絶えがちになっている最近です。

心配してくださった方には申し訳ありません。
そんな人はいないかもしれませんが、いることを期待して謝っておきます。

それはそれとして、とある会社の面接で「SNSは何かやっていますか?」と聞かれたのですが。

SNSならやっています。
らくだ図書館という小説投稿ブログです。

しかし待て?
それ正直に言ってもマイナスにしかならんよな?

毎日更新と言ってる割に実際の更新は毎日じゃないし、内容もだいぶ微妙だし、10年くらいデビューできていない証拠でもありますし。

第一このブログを披露したら、ドMでオタクでクソバツイチであることがバレるわけで、もし自分が面接官だったらそんな人は採用したくありません。

というわけで「やってません」と答えました。
その会社は落ちましたがどうせ落ちるなら言えば良かったと軽く後悔。

まあそんなこんなの最近ですが、別にこれ以上失う物もないですし、変に焦らずじっくり自分を見つめ直そうかなと思っています。

以上、突然の近況報告でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

第2回冲方塾の結果

こんにちは、らくだです。
カクヨムで開催されていた「第2回冲方塾」の結果発表がありました。

以下リンク。
受賞された皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
https://kakuyomu.jp/contests/ubukata_juku_contest

・応募総数 110本
・中間通過 11本(10%)
・受賞作品 4本(約4%)

この賞は二次創作のコンテストでしたが、冲方先生ご本人が選考委員をつとめ、上のページに全体総評も書かれています。

その中に載っている言葉で、「あらゆるエンタメが受容するものから発信し合うものへと移り変わってゆく昨今……」という表現がありますが、これは本当にそうだなと。

絵ならピクシブ。
小説ならカクヨムやなろう。
作詞作曲ならYouTubeやニコニコ動画。

これらは一例で他にも多数ありますが、今はプロ以外の人間にも、作品を発表できる場がありますからね。

今回のような二次創作の賞も、昔では考えられなかったことですし、これからも創作界隈が多方向に発展していくことを願っています。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

HJの2次発表

こんにちは、らくだです。
第13回HJ文庫大賞の2次発表がありました。

以下リンク。
通過者の皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
https://hobbyjapan.co.jp/hjbunko/novelawards/award13.html

・1次通過 98本
・2次通過 25本

応募総数の情報が見当たらなかったのですが、今回は賞金のキャリーオーバーも発生していることですし、今後の発表も盛り上がって欲しいですね。

ところで自分の話ですが、4月のビーズログ投稿は、時間的にも体調的にも無理っぽいという結論に達しました。

こうやって投稿ブログを書いておきながら、自分自身が投稿していない状況は、やるやる詐欺のようで心苦しい限りです。

しかし……!
この溢れ出る投稿愛はきっと皆様に伝わっているはず……!

自分はそう信じてやっていますし、まずは生活のバランスを充分に整えて、創作と向き合える環境を作ることが必要かなと思っています。

というわけで、前線復帰はいまだ叶いませんが、せめてブログは定期更新できるよう、今後もゆるく応援して頂けると嬉しいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

「尊い」

こんにちは、らくだです。
第10回日本語大賞の結果発表がありました。

以下リンク。
受賞された皆様はおめでとうございます。

【発表ページ】
https://www.nihongokentei.jp/grandprize/10_result.php

<応募数>
・小学生の部 2,843点
・中学生の部 466点
・高校生の部 700点
・一般の部 213点

今回のテーマは「忘れられない言葉」で、各部門の最優秀作品が公開されていますが、小学生の部の「尊い」という作品が印象に残りました。

これ本当に6年生の作文?
文章力高すぎてワナビの自分立場ないよ?
(もともと立場なんて一切ないが)

まあとにかく、最近ネット界隈では萌えと似た意味で尊いという単語が使われますが、読み終わった後「ああ、本来の尊いってこういうことだよなぁ」みたいな気分になったというか。

別にネットのスラングが悪いわけではないですが、言葉本来の意味を再確認し、きちんと気持ちを込めて使うことは大切ですよね。

以上、第10回日本語大賞の結果発表の話題でした。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする