2017年05月29日

第5回ネット小説大賞の結果

こんにちは、らくだです。

第5回ネット小説大賞の最終結果が発表されました。
応募数は7,165作品で、その中から28作品が受賞し、書籍化される模様です。

【第5回ネット小説大賞】
http://www.cg-con.com/novel/

ページ中ほどに総評が載っていますが、長くて詳しいので、今回応募していない方にもオススメです。

・最近の傾向
・選考で重視するポイント
・2次⇒最終選考で明暗を分けるのは何か

などなど重要な情報がたくさん載っています。

もちろんこれはネット小説大賞の場合ですが、従来の公募にも当てはまる部分が多いので、チェックして損はないのではないでしょうか。

あと受賞者への祝福メッセージだけでなく、落選者への励ましメッセージも書いてあるので、いつも落選している身としては好印象でした。

「書き続ける限りにおいて機会はめぐってくるもの」

これって本当にそうですよね。
当然ですが諦めてしまったら可能性はゼロなわけですし。

頑張ってもすぐに結果が出る世界ではないですが、そこで腐ったりせずに、努力を続けることが重要なのかなと思いました。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | その他の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

ラノチャレの講評

こんにちは、らくだです。
第6回講談社ラノベチャレンジカップの講評が公開されました。

最終結果そのものは3月に発表されましたが、まだ紹介していなかったので、この機会に両方のリンクを載せておきます。

【最終結果】
http://lanove.kodansha.co.jp/award/challengecup/6/

【講評】
http://lanove.kodansha.co.jp/award/challengecup/6/review/

・応募総数 403本
・1次通過 76本(約19%)
・2次通過 16本(約4%)
・受賞 3本(約0.7%)

今回の講評で一番気になったのは、選考委員である鏡貴也先生の発言。

「この十数年で思ったことといえば、売れなければすぐ消えるということです。しかし安易に売れようとしたら心が保たずにやはり消えるということです。」

長年作家を続けているからこその実感だと思いますが、これから小説家を目指す投稿者にとっても、この教訓は心にとめるべき内容じゃないでしょうか。

商業作家を続けていく以上、売れるのはもちろん大事ですが、心の中がそれだけになっても駄目なんだなぁーと。

まあ今の自分にとっては商業など遠い世界ですが、この姿勢は投稿においても重要だと思うので、作品を執筆する際は気を付けたいと思いました。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

オタクのための収納ルール

こんにちは、らくだです。

今回はカクヨム公式ツイッターが宣伝していた、オタクのための収納ルールという記事をご紹介。

本、CD、DVD、フィギュア等々。
オタクは何かと荷物が増えがちなもの。

そんな問題を解決する収納術を提案した記事です。

【並べ方に法則を持たせよ! オタクのための収納ルール1】
http://www.lettuceclub.net/news/article/110092/

メインの話題は本の収納術。
それからフィギュアについても少し載っています。

ただ「優先順位が低い物は処分/見えない場所へしまう」というのは、書籍以外にも当てはまるので、それこそオタクでなくとも収納術として参考になるのではないでしょうか。

自分も買い過ぎた本が本棚から溢れてしまい、格好悪く横積みにしているような状態ですが、それだと探しづらい上に取りづらいですからね。

あと油断すると増えていくフィギュアも、人の形をしているだけに捨てにくいですが、「捨てられないからこそ置き方を工夫する」というのは発想として参考になりました。

創作をしていると資料本などが増えがちですが、収納方法に困っている方がもしいれば、リンク先の情報をチェックしてみてください。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 普通の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

カクヨム甲子園

こんにちは、らくだです。

カクヨムで新たな企画、その名も「文学はキミの友達。カクヨム甲子園」というコンテストが、開催決定したようです。

以下リンク。
甲子園というコンテストの名称通り、高校生が対象の企画となっています。

【カクヨム甲子園】
https://kakuyomu.jp/special/entry/kakuyomukoshien

<受付期間> 2017年7月18日(火)〜2017年9月10日(日)
<参加条件> 募集開始時点で高校生であること
<ジャンル> 自由
<規定字数>
・ロングストーリー部門 8,000〜20,000字の作品
・ショートストーリー部門 4,000字以下の作品

詳しい応募要項は6月16日発表ですが、投稿に必要な情報は、上記サイトにもうほとんど載っています。

というわけで。
条件に合う方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

なおカクヨム公式ツイッターによると、「高校生じゃないから参加できない」という人のために、何かもう1本企画を用意している模様。

自分も高校生じゃないので送れませんが、そちらの企画は誰でも参加できるようなので、コンテスト情報の発表が待ち遠しいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | カクヨム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

スニーカーの最終発表

こんにちは、らくだです。

第22回スニーカー大賞(秋締切)の最終発表がありました。
今回は最終選考8作品の中から1作品が特別賞を受賞した模様です。

以下リンク。
受賞者の方はおめでとうございます。

【発表ページ】
http://sneakerbunko.jp/award/index.php

今回の発表ページはシンプルですね。
しかし総評を読むと最終作品はどれも魅力があったみたいです。

その中で受賞のカギとなったのは「全体的な完成度の高さ」&「いまのライトノベル読者に刺さり易いかどうか」という2点のポイントだった様子。

まあ受賞するくらいだから作品の完成度が高くて面白いのは当然として、さすがに最終選考ともなると、その上で時代に合っていることも重要なんだなーと改めて認識しました。

うーん……。
そう考えると創作って本当に難しい……。

まあ自分はスニーカーに送っても1次落ちなので、時代がどうこう以前の問題かもしれませんが、次の投稿時には充分に気を付けたいと思います。

なおスニーカーといえば、今月頭に、5月の締切が終了しました。
そちらの1次発表も、たぶん夏頃? にあると思うので、楽しみに待ちたいです。
posted by 常木らくだ at 23:00| Comment(0) | 少年系の賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする